高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

▶大学院

大学院トップページ
・農林海洋科学専攻
スペシャルコンテンツ
[高知から世界に貢献 環境適応編]

研究紹介
・環境をイネから科学する
・イネタンパク質群の未知に迫る
・温暖化で海はどう変わる?
・カジメ場の消失から再生まで
・日本をリードする先進農業県へ
・IoPが導く次世代型施設園芸農業
スペシャルコンテンツ
[微生物研究最前線]

スペシャルコンテンツ
[陸と海からの新提案!]

スペシャルコンテンツ
[新世代技術・維新!]

スペシャルコンテンツ[暖地農学編]
スペシャルコンテンツ
[山と川のフィールド編]

スペシャルサイト
[大学院を知る旅に出かけよう!]

▶大学院生インタビュー
平成29年度
・クロヒョウタンカスミカメ検証
・海から最強プロモーター獲得
平成28年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・セメント硬化の阻害要因を探る
平成27年度
・納豆成分の可能性を探る
・お酒の開発で地域産業を活性化
平成26年度
・豪雨・急傾斜地土砂移動を研究
・丸太打設で液状化を防ぐ新工法
平成23年度
・青枯病の起因遺伝子を解明
・海が持つ可能性を追い求めて
・薬用植物の効果を科学的に立証
平成22年度
・野菜や果物の研究
・美容の観点から香りを分析
・サゴヤシ研究を通じ海外と交流
▶就活インタビュー
平成26年度
・機械化促進で農業を楽にしたい
・夢だった日本酒酵母開発に挑戦
・黒潮圏総合科学専攻

高知から世界に貢献!Innovation fron KOCHI ~環境適応編~

地球温暖化、環境許容量を超えた開発や営農活動がもたらした熱帯性雨林の破壊、沿岸海洋環境や水質の悪化、土壌の有害金属汚染など、地球環境は急速に変化しています。この地球規模の課題に向き合い、人の営みと自然との共存に向けて解決策を探るのが農学の大きな使命です。
高知大学大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻では、世界に先駆けた研究が進んでいます。包括するさまざまな分野・領域の専門性を最大限に生かし、連携しながら、環境変化に対応するための現状分析と原因の解明、技術開発に取り組んでいます。その最前線の研究をご紹介します。

バイオ化学から環境適応にアプローチする

教員研究紹介

環境をイネから科学する


上野大勢 准教授 | 植物栄養学研究室

学生研究紹介

イネのタンパク質群の
未知に迫る


西 悠介 | 大学院農林海洋科学専攻修士課程1年


海洋フィールド調査から環境適応にアプローチする

教員研究紹介

温暖化で
海はどう変わる?


中村洋平 准教授 | 水族生態学研究室

学生研究紹介

カジメ場の消失から
再生までを実録


寺田 惇 | 大学院農林海洋科学専攻修士課程2年


施設園芸技術から環境適応にアプローチする

教員研究紹介

日本をリードする
先進農業県へ


宮内樹代史 准教授 | 農産施設工学研究室



特別企画

高知県プロジェクトIoPが導くNext次世代型施設園芸農業

園芸農業生産性日本一の高知県で、AIやIoTを駆使した先端プロジェクトが始動!
"Next次世代"を目指すこの一大プロジェクトの概要と、試験研究の一部をご紹介します。