高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

▶大学院

大学院トップページ
スペシャルコンテンツ
[微生物研究最前線]

研究紹介
・地域食材の機能性を探る
・環状ペプチドの生成に挑む
・遺伝資源探索の第一線に立つ
・新たな手法でゲノム情報を解析
スペシャルコンテンツ
[陸と海からの新提案!]

スペシャルコンテンツ
[新世代技術・維新!]

スペシャルコンテンツ[暖地農学編]
スペシャルコンテンツ
[山と川のフィールド編]

スペシャルサイト
[大学院を知る旅に出かけよう!]

▶大学院生インタビュー
平成29年度
・クロヒョウタンカスミカメ検証
・海から最強プロモーター獲得
平成28年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・セメント硬化の阻害要因を探る
平成27年度
・納豆成分の可能性を探る
・お酒の開発で地域産業を活性化
平成26年度
・豪雨・急傾斜地土砂移動を研究
・丸太打設で液状化を防ぐ新工法
平成23年度
・青枯病の起因遺伝子を解明
・海が持つ可能性を追い求めて
・薬用植物の効果を科学的に立証
平成22年度
・野菜や果物の研究
・美容の観点から香りを分析
・サゴヤシ研究を通じ海外と交流
▶就活インタビュー
平成26年度
・機械化促進で農業を楽にしたい
・夢だった日本酒酵母開発に挑戦
・黒潮圏総合科学専攻

高知だからできる!微生物研究最前線

近年の飛躍的な技術革新により、農学領域の研究現場にも大きな革命が起きています。中でも進化が著しいのが、バイオテクノロジー分野。高知大学では、西南暖地の豊かなフィールドと、海洋コア研究の世界拠点「高知コアセンター」を擁する優位性を最大限に活かし、微生物資源・遺伝資源に関する様々な先端研究が行われています。その最前線をご紹介します。


研究1食品の機能性物質を探索

教員研究紹介

現場と大学を往復
地域食材の機能性を探る


島村智子 准教授 | 生物資源利用化学研究室

学生研究紹介

大手企業と共同研究
環状ペプチドの生成に挑む


阪地満帆  | 農林海洋科学部4年生



研究2海底下の機能未知遺伝子を探る

教員研究紹介

JAMSTECとも連携
遺伝資源探索の第一線に立つ


若松泰介 講師 | 応用生物化学研究室

学生研究紹介

新たな手法で海底下微生物のゲノム情報を解析


森澤高至  | 大学院 農学専攻2年生