高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

▶大学院

大学院トップページ
・農林海洋科学専攻
スペシャルコンテンツ
[新・農林海洋科学専攻の魅力編]

スペシャルコンテンツ
[Live with The Earth]

研究紹介
・紙おむつから紙おむつを作る
・持続可能な海底資源の活用
・納豆のネバネバが革命を起こす
・マイクロプラスチックを探査
スペシャルコンテンツ
[高知から世界に貢献 環境適応編]

スペシャルコンテンツ
[微生物研究最前線]

スペシャルコンテンツ
[陸と海からの新提案!]

スペシャルコンテンツ
[新世代技術・維新!]

スペシャルコンテンツ[暖地農学編]
スペシャルコンテンツ
[山と川のフィールド編]

スペシャルサイト:旧農学部掲載コンテンツ
[大学院を知る旅に出かけよう!]

▶大学院生インタビュー
平成29年度
・クロヒョウタンカスミカメ検証
・海から最強プロモーター獲得
平成28年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・セメント硬化の阻害要因を探る
平成27年度
・納豆成分の可能性を探る
・お酒の開発で地域産業を活性化
平成26年度
・豪雨・急傾斜地土砂移動を研究
・丸太打設で液状化を防ぐ新工法
平成23年度
・青枯病の起因遺伝子を解明
・海が持つ可能性を追い求めて
・薬用植物の効果を科学的に立証
平成22年度
・野菜や果物の研究
・美容の観点から香りを分析
・サゴヤシ研究を通じ海外と交流
▶就活インタビュー
平成26年度
・機械化促進で農業を楽にしたい
・夢だった日本酒酵母開発に挑戦
・黒潮圏総合科学専攻

Live with The Earth ― 地球との共生

農林海洋科学専攻 × SDGs

地球温暖化、環境許容量を超えた開発や営農活動がもたらした熱帯性雨林の破壊、沿岸海洋環境や水質の悪化、土壌の有害金属「誰一人取り残さない(leave no one behind)」をスローガンに、持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標、SDGs(Sustainable Development Goals)。農学と海洋科学が融合する農林海洋科学専攻では、山から深海までを含む多様性ある高知のフィールド特性を活かし、生物資源から鉱物資源まで、また個体レベルから遺伝子レベルまでの幅広い研究で、サスティナブルな地球社会の実現に挑んでいます。


農林海洋科学専攻が挑むSDGs
―― 農学×海洋科学で、持続可能な社会の実現を目指す!

 農林海洋科学専攻では、現在、SDGs17のゴールのうち14のゴールに関わる横断的で視野の広い研究が行われています。
 また、それらの有機的連携によって本専攻が地域イノベーション創出のプラットフォームとなり、技術・環境・人・組織・社会の新たな変革と価値創造を先導していくことを目指しています。

農林海洋科学専攻がカバーするSDGsゴール
農林海洋科学部では、5、10、16以外の
14種のゴールをカバーする幅広い挑戦が行われている

研究紹介1

紙おむつから紙おむつを作る

―― 使用済み紙おむつから上質パルプを再生

市浦英明 教授


研究紹介2

持続可能な海底資源の活用を探る

―― 今までになかった深海域で動作する観測機器を開発

岡村慶 教授


研究紹介3

納豆のネバネバが
プラスチックに革命を起こす

―― 高機能を持つPGAICが社会に貢献

芦内誠 教授


研究紹介4

沿岸域のマイクロプラスチックを
探査する

―― 汎用性・操作性に優れた観測システムを開発

池島耕 教授


研究事例をもっと知りたい方はこちらから

農林海洋科学部SDGsアーカイブ