高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

▶大学院

大学院トップページ
・農林海洋科学専攻
スペシャルコンテンツ
[新・農林海洋科学専攻の魅力編]

・農林資源環境科学コース
・農芸化学コース
・海洋資源科学コース
スペシャルコンテンツ
[高知から世界に貢献 環境適応編]

スペシャルコンテンツ
[微生物研究最前線]

スペシャルコンテンツ
[陸と海からの新提案!]

スペシャルコンテンツ
[新世代技術・維新!]

スペシャルコンテンツ[暖地農学編]
スペシャルコンテンツ
[山と川のフィールド編]

スペシャルサイト:旧農学部掲載コンテンツ
[大学院を知る旅に出かけよう!]

▶大学院生インタビュー
平成29年度
・クロヒョウタンカスミカメ検証
・海から最強プロモーター獲得
平成28年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・セメント硬化の阻害要因を探る
平成27年度
・納豆成分の可能性を探る
・お酒の開発で地域産業を活性化
平成26年度
・豪雨・急傾斜地土砂移動を研究
・丸太打設で液状化を防ぐ新工法
平成23年度
・青枯病の起因遺伝子を解明
・海が持つ可能性を追い求めて
・薬用植物の効果を科学的に立証
平成22年度
・野菜や果物の研究
・美容の観点から香りを分析
・サゴヤシ研究を通じ海外と交流
▶就活インタビュー
平成26年度
・機械化促進で農業を楽にしたい
・夢だった日本酒酵母開発に挑戦
・黒潮圏総合科学専攻

進化した大学院! 新・農林海洋科学専攻の魅力とは

農学と海洋科学の融合で地球社会に貢献!
~専攻科長からのメッセージ

研究科長

 昨春、修士課程として農林海洋科学専攻がスタートしました。本専攻は、山、川、海という豊かな自然に囲まれた物部キャンパスにあります。物部キャンパスには、農学の教育・研究に不可欠なフィールド(暖地フィールドサイエンス教育研究センター)や海洋資源の研究・開発の全国的な拠点である海洋コア総合研究センターも併設されており、農学と海洋科学を学ぶ上で格好の場所です。しかも、高知空港や自動車専用道路のインターチェンジのすぐそばにあり、交通の便も良好です。
 今回の改組では、従来の農学専攻をベースに海底資源や海洋生命科学の分野を新たに加えて、海洋科学の分野が大幅に強化しました。新専攻では、陸・海域からの資源の安定的確保、資源の開発・獲得及び高度有効利用に関わる技術の開発、生産環境及び地域・地球環境の保全・修復などの農学・海洋科学の諸課題に対して新たな発想で取り組み、産業の創出を含む様々な地域のニーズに応えていくことのできる高度の人材を育成することを目的としています。
 この恵まれた自然あふれるキャンパスで、皆さんと共に地域へ世界へ成果を発信していきましょう。

農林海洋科学専攻科長 枝重 圭祐


農林海洋科学専攻が目指す姿

農学と海洋科学の連携した学び

柔軟かつ密度の高いカリキュラムを実現した3コース

農林資源環境科学コース

農林資源環境科学コース

Agriculture, Forestry, Bioresource and
Environmental Sciences Course

暖地農学、森林科学、自然環境学、生産環境管理学に関する最先端の専門的知識と実践的技術を身に付け、海洋環境・資源に関する知見の応用も含めた広い視点で第1次産業を基盤とした地域の産業振興に貢献できる人材を育成します。

農芸化学コース

農芸化学コース

Agricultural Chemistry Course

生物環境化学、動植物健康化学、微生物化学の基礎から先端的領域にわたる専門的知識・技術をベースに、化学的視点から生物生産を幅広く探究し、その成果を地域社会への貢献に結びつけられる能力を持った人材を育成します。

海洋資源科学コース

海洋資源科学コース

Marine Resource Science Course

海洋生物生産学、海底資源環境学、海洋生命科学に関する最先端の知識と技術、解析手法を修得し、海洋資源の有効活用や、陸域環境・資源に関する知見の海洋科学への応用などを通じた諸課題の解決など、持続的社会の創造に資する人材を育成します。


3コース共通の学び

●専門性の深化・高度化

多彩で専門性・先端性の高い講義や、最新の研究論文などを教材に用いて少人数でディスカッションを行う演習を配置。高度な専門性、論理的考察力、高い倫理意識や探求心を養います。

●横断的視点の獲得

修士論文では専門とするコースの教員が主指導、他コースの教員が副指導として学生の指導にあたります。異分野の視点が加わることで、革新的な知見や研究成果につなげることを目指します。