高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

大学院インタビュー 平成22年度

研究を通じて、海外の専門家と交流


総合人間自然科学研究科(平成22年度) 川村 智


バイオ燃料の原料候補・サゴヤシの研究

 僕は作物学研究室に所属し、インドネシアやマレーシアのサゴヤシ(熱帯性デンプン蓄積ヤシ)について研究しています。
 サゴヤシは日本にあるヤシと違い、幹そのものにデンプンが蓄積されるという特徴があります。抽出したデンプンは現地では食料として使われており、また最近では、ガソリンに代わるバイオ燃料として活用できないか、注目されています。
 サゴヤシは温度が高い地域でないと育ちません。大学では研究室の温室で管理しています。また年に2回、教授や同じテーマを研究している学生とインドネシアにも行っています。

サゴヤシ

サゴヤシは成長すると幹がとても太くなり、その幹にデンプンが蓄積される。


海外の現場との共同研究が刺激に

バナナの栽培

キャンパスにあるハウスの一画を借りて、趣味でバナナの栽培も開始。

 もともとこの研究室に入ったのは、熱帯農業に関する授業を受けたのがきっかけです。熱帯植物に興味を持ち、また、海外でいろいろな体験もしてみたかったんです。
 実際、インドネシアやマレーシアでは現地の研究者の方と共同で実験ができ、とても良い経験になりました。



高校生のみなさんへ