高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

みやうち きよし

宮内 樹代史
自己紹介
生年   地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 准教授
Tel 088-864-5212
Fax 088-864-5200
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~kmiya
学位 博士(農学)
専門分野 農業環境工学、施設生産システム学
研究課題 (1)施設園芸の省エネ化に関する研究
(2)ヒートポンプを活用した新たなハウス環境制御
(3)地域資源を活用した新たな生産システム
(4)太陽エネルギーを活用した農業生産施設に関する研究
卒論テーマとして
与えられる課題
次世代施設園芸における効率的な環境制御技術
ソーラーシェアリング下の環境評価と作物生育特性
中山間地域の新たな園芸モデルの構築
共同研究
できる課題
次世代施設園芸システムにおける環境評価
営農型太陽光発電に関する諸課題の解決
棚田石垣を活用した中小規模木質ハウスの開発
ヒートポンプを活用した炭酸ガス施用技術
講演や相談
できる課題
自然エネルギーを活用した施設園芸の省エネ化
ソーラーシェアリング下の光環境と作物選定
農産物流通システムの効率化
主な業績や
研究著書
Multiple Effects of CO2 Concentration and Humidity on Leaf Gas Exchanges of Sweet Pepper in the Morning and Afternoon,Daisuke YASUTAKE, Kiyoshi MIYAUCHI, Makito MORI, Masaharu KITANO, Aya INO and Akihiko TAKAHASHI,Environmental Control in Biology,54(4),177-181,2016.
「中小規模園芸ハウスを対象とした複合エコ環境制御技術の確立」成果集,宮内樹代史他,実用技術24024コンソーシアム,1-25,2015
An open-flow chamber with a multiple CO2-gas analyzing system for continuous measurement of soil respiration in a greenhouse,Yasutake, D., Okada, E., Hosokawa, T., Takahashi, N., Takahashi, A., Kubai, K., Mori, M., Yamane, S., Miyauchi, K. Environment Control in Biology,, 52(1),7-12, 2014
多層保温被覆資材と水蓄熱体の利用がパイプハウスの暖房負荷に及ぼす影響,川嶋浩樹・古市崇雄・宮内樹代史・林真紀夫・直木武之介・長﨑裕司,農業施設,44(2),73-82,2013
高知県における環境制御・省エネ技術開発の取り組み ― 中小規模施設向けの複合エコ環境制御技術を中心として ―,宮内樹代史,施設と園芸,No.162,62-65,2013
高保温性能で暖房燃料使用量を大幅に削減する次世代型パイプハウスの開発成果集,実用技術22046コンソーシアム(川嶋浩樹・長﨑裕司・森山英樹・林真紀夫・宮内樹代史他),2013
High Yields of Strawberry by Applying Vertically-Mooving Beds on the Basis of Leaf Photosynthesis. Kota HIDAKA, Eiji ITO, Daisuke YASUTAKE, Yuta MIYOSHI, Masaharu KITANO, Kiyoshi MIYAUCHI, Makoto OKIMURA, Shunji IMAI, Environ. Control Biol., 50(2), 143-152, 2012
よくわかる農業施設用語解説集(農業施設用語解説編集委員会編),宮内樹代史,1-2 熱工学・空気調整換気他(p.14-15),6-1 エネルギー資源と利用太陽熱利用(p.143),農業施設学会,筑波書房,2012
研究機器等  
特記事項  
キーワード 施設園芸、省エネルギー、自然エネルギー、環境負荷、生産性