高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

はまだ かずとし

濵田 和俊
自己紹介
生年   地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 講師
Tel 088-864-5128
Fax 088-864-5128
e-mail
ホームページ http://www.geocities.jp/kazyuken/
学位 博士(農学)
専門分野 果樹園芸学
研究課題 果樹の高品質果実生産技術の開発、光質と植物の生長および器官形成に関する研究、カキの果実発育と品質、カキの種子形成、カキの花芽形成、モモの果実発育と品質
卒論テーマとして
与えられる課題
光質の違いが果樹の器官形成・果実発育・繁殖に及ぼす影響
カキの花芽分化、雌雄性および発育の制御
カキあるいはモモにおいて摘らい・摘花・摘果の時期が細胞分裂および細胞肥大に及ぼす影響
果実肥大と細胞数・細胞サイズ・核内倍加レベル・内生植物ホルモン含量との関係
共同研究
できる課題
顕微鏡による組織観察、カキ、モモなど落葉果樹を扱ったテーマ、光質と器官分化、組織培養
講演や相談
できる課題
果樹栽培、顕微鏡観察
主な業績や
研究著書
1.K. HAMADA, K. HASEGAWA, A. KITAJIMA and T. OGATA
The relationship between fruit size and cell division and enlargement in cultivated and wild persimmons. Journal of Horticultural Science & Biotechnology. 83(2). 218-222. 2008.
2.K. HAMADA, K. HASEGAWA and T. OGATA
The growth of tannin cells from before flowering to fruit maturity and astringency in Japanese persimmons. Journal of Horticultural Science & Biotechnology. 84(1). 72-76. 2009.
3.Kazutoshi Hamada, Tsuneo Ogata, Shinji Fujiwara and Kojiro Hasegawa.
Healing process of the wounds of the branches of the Japanese persimmon that were caused by girdling, scoring, and strangulation. Scientia Horticulturae. 120(2): 276-281. 2009.
4.Kazutoshi Hamada, Kojiro Hasegawa and Tsuneo Ogata
Strapping and a synthetic cytokinin promote cell enlargement in 'Hiratanenashi' Japanese persimmon. Plant Growth Regulation. 54(3). 225-230. 2008.
5.浜田和俊・長谷川耕二郎・北島 宣・尾形凡生
単年および2年連続の側枝結縛処理がカキ'平核無'および'大核無'の果実発育に及ぼす影響.
農業生産技術管理学会.14 (1).43-48.2007.
6.K. HAMADA, K. HASEGAWA and T. OGATA
Effects of CPPU and strapping on fruit size and maturity in 'Hiratanenashi' Japanese persimmon.
Journal of Horticultural Science & Biotechnology. 83(4). 477-480. 2008.
7.Kazutoshi Hamada, Kazuhiko Shimasaki, Karin Nakamura, Yasuyo Nishimura, Haruka Egawa and Katsuhira Yoshida. Effect of spectral composition film on proliferation and shoot formation of Cymbidium PLB cultured in vitro. The first Asian Horticultural Congress.
8.Kazutoshi Hamada, Kazuhiko Shimasaki, Yasuyo Nishimura, aruka Egawa and Katsuhira Yoshida. Effect of red fluorescent films on proliferation of Cymbidium finlaysonianum Lindl. PLB cultured in vitro. The first Asian Horticultural Congress.
研究機器等  
特記事項  
キーワード 落葉果樹、カキ、果実発育、果実品質、種子形成、光質、器官分化