高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

やまね しんぞう

山根 信三

自己紹介
生年 1957 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 講師
Tel 088-864-5206
Fax 088-864-5210
e-mail
ホームページ  
学位 農学修士
専門分野 蔬菜園芸学
研究課題 軟X線照射花粉利用による種なし果実(スイカ、メロン、熱帯果樹等)の作出
・果菜類(スイカ、メロン、イチゴ、パイナップル、トマト、ナス、ピーマン等)の高品質、多収、省力生産
・循環、低負荷型農業生産技術の開発(量販店由来食品残渣生ゴミの野菜生産への利用、鰹節製造で生じるカツオ煮汁の野菜生産への利用等)
・溶存酸素制御による高糖度トマト生産技術の開発等
卒論テーマとして
与えられる課題
軟X線照射花粉利用による種なし果実(スイカ、メロン、熱帯果樹等)の作出
・果菜類(スイカ、メロン、イチゴ、パイナップル、トマト、ナス、ピーマン等)の高品質、多収、省力生産
・循環、低負荷型農業生産技術の開発(量販店由来食品残渣生ゴミの野菜生産への利用、鰹節製造で生じるカツオ煮汁の野菜生産への利用等)
・溶存酸素制御による高糖度トマト生産技術の開発等
共同研究
できる課題
循環、低負荷型農業生産技術の開発・高品質野菜生産
講演や相談
できる課題
野菜作りと土作り
主な業績や
研究著書
Ogata, T., Takeichi,T., Matsunaga, K., Hasegawa,K., Yamane, S., Sugiyama, K. Seed abortion of 'Tosa-Buntan' pummelo pollinated with soft-X-irradiated pollens. Scientia Horticulturae 116(2),180-185,2008.
山根信三・蓑田龍一・尾形凡生・杉山慶太2008:軟X線照射花粉利用種なしスイカにおける高品質果実生産のための植物成長調節剤の利用.園学研.7(別1):178
山根信三・南場昭人・尾形凡生・杉山慶太2007:軟X線照射花粉を利用した種なしスイカ果実における糖度上昇メカニズム.園学研.6(別2):171
山根信三・南場昭人・尾形凡生・杉山慶太2007:軟X線照射花粉を利用した種なしスイカ果実における成熟期の糖度上昇パターンと糖組成.園学研.6(別2):170
山根信三・鍵山清香・尾形凡生・杉山慶太・淀瀬繁樹・中島国男・田中満年2006:軟X線照射花粉利用種なしスイカの特性把握とその作出に適した品種・栽培方法の検討.園学雑.75(別2):280   
山根信三・中村正史・吉田徹志2006:生ゴミコンポストの環境保全型農業への利用(第1報)ニンジンの生育と土壌環境に及ぼす影響.園学雑.75(別2):243                       
Tanaka, S., T. Kobayashi, K. Iwasaki, S. Yamane, K. Maeda and K. Sakurai 2003: Properties and Metabolic Diversity of Microbial Communities in Soils Treated with Steam Sterilization Compared with Methyl Bromide and Chloropicrin Fumigations. Soil Sci. Plant Nutr. 49(4): 603-610 山根信三・前田銀二郎・福元康文2002:水耕栽培における溶存酸素制御による高糖度トマト生産に関する研究(第3報)溶存酸素制限の開始時期と摘心方法との関係.園学雑.71(別2):349
研究機器等  
特記事項  
キーワード 軟X線照射花粉、種なし果実、高品質野菜生産、循環、低負荷型農業生産、溶存酸素制御