高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

てばやし しんいち

手林 慎一
自己紹介
生年 1969 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 准教授
Tel 088-864-5203
Fax 088-864-5219
e-mail
ホームページ http://www.geocities.jp/organicchemistrykochi/
学位 博士(農学)
専門分野 化学生態学、有機化学、生物有機化学
研究課題 害虫の寄主選択にかかる化学生態学的研究
農作物による有用成分の生産と利用法の開発
未利用資源を用いた創薬シーズの生物有機化学的研究
卒論テーマとして
与えられる課題
・昆虫のフェロモン・アレロケミカルに関する化学的研究 (例:アブラムシの寄主選択にかかる化学生態学的研究、天敵カメムシ類フェロモンの電気生理学的研究、アオスジアゲハの寄主選択機構の化学的解明、ゴール形成昆虫の化学生態学)
・モデル植物を利用した抵抗性メカニズムの研究(イネのアブラムシに対する防御機構の分子生物学的研究)
・農作物による有用化学物質の生産技術の開発 (例:ピーマンによるルテオリン生産、レタスによるアピゲニン生産)
・農薬・医薬品・健康食品のシーズ発掘 (例:野生植物由来の植物生長阻害活性物質、和漢薬に含まれる殺虫物質の探索、昆虫由来の新規生理活性物質の探索、東南アジア原産の薬用植物の成分解析、フラボノイドの医薬品・健康食品への利用技術開発)
共同研究
できる課題
・天然物を利用した植物保護方法について
・天然由来の新規素材の開発
・農薬・医薬品のシーズ発掘
・農作物を利用した成分生産技術の開発
講演や相談
できる課題
講演できる課題:農薬・化学生態学について一般
相談できる課題:植物成分・動物成分など分析・評価一般
主な業績や
研究著書
 論文
・Induced accumulation of tyramine, serotonin, and related amines in response to Bipolaris sorokiniana infection in barley. A. Ishihara, S. Tebayashi, (他7名,8番目), Biosci Biotechnol Biochem, 81(6), 1090-1098, 2017.
・Studies on the Probing Stimulants for the White-backed Planthopper, Sogatella furcifera (Homoptera: Delphacidae) in Rice Plant (Oryza sativa L.). Z. Zhan, S. Tebayashi, (他3名,4番目), Biosci Biotechnol Biochem, 査読有, 80(12), 2285-2290, 2016.
・Feeding stimulants for larvae of Graphium sarpedon nipponum (Lepidoptera: Papilionidae) from Cinnamomum camphora, Y. Zhang, S. Tebayashi, (他3名,3番目), Z. Naturf. 査読有, 70C(5-6), 145-150, 2015.
・Structural determination of elicitors in Sogatella furcifera (Horváth) that induce Japonica rice plant varieties (Oryza sativa L.) to produce an ovicidal substance against S. furcifera eggs. Jeong-Oh Yanga, S. Tebayashi, (他3名, 4番目), Biosci Biotechnol Biochem, 査読有, 78, 937-942, 2014.
・Elicitor(s) in Sogatella furcifera (Horváth) causing the Japanese rice plant (Oryza sativa L.) to induce the ovicidal substance, benzyl benzoate. Yang, J.-O., S. Tebayashi, (他3名, 4番目), Biosci Biotechnol Biochem, 査読有, 77, 1258-1261. 2013.

著書・総説
・Amino Acids in Higher Plants, Part III Chemical Ecology, Chap.20, Tryptophan-Derived Metabolites in Defence Responses in Plants. Ed. Jpf D'mello, CABI publishing, 362-389. 2015.
・ピーマンからのアピオース生産と有効利用,手林慎一,応用糖質科学,査読なし,4, 244-247, 2014.
・病害虫防除ハンドブック、農産漁村文化協会、p66-69,2010.
・農業廃棄物からの新規資源の開発-フラボノイド配糖体と分枝稀少糖アピオース-,  手林慎一ら,New Food Industry, 55 (1), 14-20, 2008.

特許
特開2014-133760:半翅目害虫、アザミウマ目害虫、またはダニ目害虫の産卵阻害剤
特許5335297号: BT剤の殺虫効果を低減化させる影響を回避する方法及び防除剤 特開2013-082639:食品害虫の防除剤および食品における食品害虫を防除する方法
特許4933030号:アピオースの製造方法
特許4846758号:7-O-β-D-グルコシルルテオリンの製造方法
研究機器等  
特記事項  
キーワード 有機化学、昆虫、農薬、医薬、フェロモン、天然物化学、ゴール