高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

すずき やすし

鈴木 保志
自己紹介
生年 1965 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 准教授
Tel 088-864-5137
Fax 088-864-5200
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~ysuzuki/
学位 博士(農学)
専門分野 林業工学
研究課題 1.林業用架線、特にH型架線などの平面型架線
2.林道・作業道の計画・維持管理
3.間伐・集材作業の残存林分への影響(集材被害木の事後経過等)
4.木質バイオマス資源(林地残材)の収集・運搬システム
5.木質バイオマスの自然乾燥
卒論テーマとして
与えられる課題
森林利用学および林業工学に関する諸問題。具体的には、林道や作業道の計画や維持管理、森林作業システムの改善(生産性の向上と残存林分への影響緩和)、森林資源の収穫技術、木質バイオマス利用に関する技術的問題(主に収集・運搬・燃焼利用)など。
共同研究
できる課題
上記研究課題の他、森林の利用と管理に関する課題。(近年では竹林の有効利用、航空レーザーによる森林蓄積量の推定、などに参加しています。)
講演や相談
できる課題
講演: 林業用架線の力学的問題、木材および木質バイオマスの収穫と運搬、林道・作業道の配置理論
相談: 上記研究課題の全て
主な業績や
研究著書
[著書]
・BスタイルPJ研究グループ 田内裕之・鈴木保志・北原文章:林地残材収集運搬-小規模化を可能にする土場設置方法-.(林業改良普及双書No.181 林地残材を集めるしくみ.酒井秀夫・田内裕之・鈴木保志・北原文章・吉田智佳史・岩井俊晴・保木国泰・島根県雲南市産業振興部農林振興課・三宅 学・丹羽健司・岡山県農林水産部林政課・廣瀬可恵・岩澤勝巳・岩崎新二・北海道水産林務部林務局,全国林業改良普及協会,東京,192pp).26~41.2016
・BスタイルPJ研究グループ 田内裕之・鈴木保志・吉田貴紘・垂水亜紀・北原文章・中山琢夫:薪ボイラーの小規模システムの経済効果分析―地域主体のシステム作り.(林業改良普及双書No.182 木質バイオマス熱利用でエネルギーの地産地消.相川高信・伊藤幸男・管真由美・紫波グリーンエネルギー株式会社・中岸良太・小木曽秀美・BスタイルPJ研究グループ・三木 聡・森 大顕,全国林業改良普及協会,東京,224pp).118~135.2016
・鈴木保志:森林・林業の再生と林地残材バイオマスの利活用.(バイオマスリファイナリー触媒技術の新展開.市川勝 監修,シーエムシー出版,東京,298pp).29~34.2011
・ 小林洋司・小野耕平・山崎忠久・峰松浩彦・山本仁志・鈴木保志・酒井秀夫・田坂聡明:森林土木学.朝倉書店、東京、160pp. 2002(「第8章 橋梁」p.87〜121を担当)
・ U.スンドベリ・C.R.シルヴァーサイズ 著、神崎康一・沼田邦彦・鈴木保志 訳:森林生産のオペレーショナル・エフィシェンシー[理論と実践].海青社、大津、477pp.1996
[研究論文]
・鈴木保志・Ahmad Hidayat Setiawan・後藤純一:人工林の高齢級化にともなう伐出システムの観点から見た路網整備の方向性と課題.日本森林学会誌,97:191~202.2015
・鈴木保志:木質バイオマス利用の方向性.森林利用学会誌 30:11~16.2015
・鈴木保志・高村香菜子・渡辺靖崇・森大記・吉田貴紘・北原文章・中山琢夫・後藤純一:小規模分散型木質バイオマス燃料としての薪の生産供給システムと経費の検討.森林利用学会誌 29:157~163.2014
・鈴木保志・宮田弘明・山﨑敏彦:薬剤等塗布による損傷木内部の変色抑制効果-2年目(2夏経過後)の結果から-.森林利用学会誌 28:137~141.2013
・鈴木保志・村上晋平・後藤純一・中嶋健造・北原文章・垂水亜紀・中山琢夫・田内裕之:仁淀川町木質バイオマス利活用事業における材出荷実態と出荷者の実収支の分析.森林利用学会誌 28:41~50.2013
・鈴木保志:森林バイオマス収穫のコストと収支-一般的手法と路側森林バイオマスについての分析事例-.森林利用学会誌 27:219~223.2012
・鈴木保志・山中 夏樹・後藤純一:木質バイオマス燃焼施設運営経費の規模別・燃焼形態別感度分析.森林利用学会誌 27:165~174.2012
・鈴木保志:森林資源の素材利用とエネルギー利用.森林利用学会誌 27:69~80.2012
・鈴木保志・山中 夏樹・後藤純一:木質バイオマス燃焼施設運営経費の規模別・燃焼形態別感度分析.森林利用学会誌 27:165~174.2012
・鈴木保志:森林バイオマス収穫のコストと収支-一般的手法と路側森林バイオマスについての分析事例-.森林利用学会誌 27:219~223.2012
・杉本純佑・鈴木保志・後藤純一:列状間伐実施後のスギ人工林における土砂移動量と下層植生現存量.森林利用学会誌 26:105~110.2011
・鈴木保志・後藤純一・杉本純佑・山﨑敏彦・山口達也・中屋貴・戸田篤:コレクター集材による間伐作業の生産性・経済性と残存木損傷.森林利用学会誌 26:163~172.2011
・鈴木保志・後藤純一・山内潤子・小原忠:高密度路網を備えたヒノキ人工林における下方伐到方式による直接および単引き集材の作業功程と上方伐倒導入効果に関する一考察.森林利用学会誌 25:91~96.2010
・鈴木保志・都築勇人・後藤純一・末田達彦:直下型航空機レーザー測距による林冠体積推定における系統誤差に関する一考察.FORMATH 9:39~58.2010
・鈴木保志・嵯峨山正治・後藤純一:利用間伐時に土場および道端に発生する林地残材バイオマスの量と形状分布.森林バイオマス利用学会誌 4:43~48.2009
・ 宮田大輔・鈴木保志・小畑篤史・後藤純一・板井拓司・政岡尚志・吉井二郎:木質チップの自然乾燥における攪拌の効果.日本森林学会誌 90(2):75~83.2008
・ 鈴木保志・宮田大輔・秦野瑶子・山口達也・吉井二郎・後藤純一:林地残材丸太から切削式チッパにより作られたチップの寸法分布と樹種および丸太形状との関係.日本森林学会誌 89(2):92~101.2007
・ 宮田大輔・鈴木保志・後藤純一:林道端と舗装土場における林地残材の自然乾燥.日本森林学会誌 88(4):245~253.2006
・ 鈴木保志・近藤稔・吉村哲彦:H型架線の支点設置可否と崩壊危険度および関連地形因子との関係.日本森林学会誌 87(3):208~216.2005
・ 森口敬太・鈴木保志・後藤純一・稲月秀昭・白石祐治・山口達也・小原忠:林道端に集積されたスギ残材の含水率の経年変化.日林誌86(2):93~97.2004
・ 森口敬太・鈴木保志・後藤純一・稲月秀昭・山口達也・白石祐治・小原忠:林地残材を木質バイオマス燃料として利用する場合のチップ化と運搬コスト. 日本林学会誌 86(2): 121~128. 2004
・ Suzuki, Y.: Damage to residual stands from thinning with short-span tower yarders: Re-examination of wounds after five years. Journal of Forest Research 5(3):201~204. 2000
・ 鈴木保志・山内和雄:作業道における災害防止構造物の設置状況とその分析.森林利用学会誌 15(2):113~124. 2000
・ Suzuki, Y. and Kanzaki, K.: Carriage position adjustment of Triangular Running Skyline system. Journal of Structural Engineering 124(4):391-398. 1998
・ Suzuki, Y., Miyata, E.S., and Iverson, S.C.: Static Analyses of the Triangular Running Skyline System: a Three-Dimensionally Movable Logging Cable System. Computers and Structures 60(4):579-592. 1996
・ 鈴木保志・神崎康一・川上好治:間伐伐出作業による残存林分の損傷と林分の事後成長.日本林学会誌 75(6):528~537.1993
研究機器等  
特記事項  
キーワード 架線の力学、集材被害木、伐出経費、林業用架線、林道の排水施設、森林バイオマス