高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

かわの としお

河野 俊夫
自己紹介
生年   地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 教授
Tel 088-864-5132
Fax 088-864-5132
e-mail
ホームページ  
学位 博士(農学)(九州大学)
専門分野 食料生産プロセス学
研究課題 食品のすり替え偽装防止技術、食品の非破壊・非接触での品質評価技術、糖尿病患者向け非常食の製造技術とその品質評価法、新食感の食品製造技術など。
卒論テーマとして
与えられる課題
1)パルプ素材の食品分野への多目的利用に関する研究、2)光センシングによる食品の実効消費期限推定とその食品ロス低減への応用に関する研究、3)糖尿病患者向け低カロリー低GI非常食に関する研究、4)食品加熱加工におけるジュール加熱の応用に関する研究、5)製造時の食品発酵への音響作用に関する研究、6)ハラル対応食品の豚肉成分検出に関する研究、7)新食感アイスクリームの製造とその品質評価に関する研究、8)食品に混在する異物の非接触検出法に関する研究、9)夏まき小麦の製パン品質特性に関する研究、10)食用カンナの高品質製パンへの応用に関する研究、11)水産用廃EPSの臭気低減に関する研究、12)雑穀パンの品質のそのフライ適性に関する研究、13)食品機能成分ハンドローションの保湿効果に関する研究、14)土佐酢合わせモズクの美容・健康に与える効果に関する研究、15)貯蔵用段ボールによるワケギの長期貯蔵に関する研究、16)冷凍食材の偽装防止技術に関する研究、17)近赤外分光法による建材劣化探査とその外来シロアリ防除への応用に関する研究、18)海草由来フコダインの汚濁物質吸着能とその水質浄化への応用に関する研究、19)ステルスコードによる食材の高度品質管理法に関する研究、20)チーズの旨味品質の非接触推定法に関する研究、21)植物性多糖類を用いた米粉パンの製法に関する研究、22)圧力変動混捏(こんねつ)による国産全粒粉パンの製パン品質向上に関する研究、23)発酵寿司の旨味醸成過程の研究、24)フリーズドライ食品の省エネルギー製造法に関する研究、25)漢方キノコ粉末の迅速品質評価法に関する研究、26)近赤外品質評価スキャナーを用いたインテリジェントスーパードライヤーの開発に関する研究、27)マイクロバブルを用いた超高品質カステラの製法とその品質評価に関する研究、28)コーヒー豆の繊維質を有効利用したメタボリック対応パンの食感品質に関する研究、29)低GI食品とその血糖値に与える影響に関する研究、30)小豆粉を用いた新食感アロマパンの製法に関する研究、31)フレーバーコーヒーの香り官能評価およびその飲用効果に関する研究など
共同研究
できる課題
食品原料生産技術および食品製造技術に関するプロセス工学をメインテーマとしている。例えば、新食感アロマパンの製法、雑穀を用いた新食感食品の製造技術、冷凍食材の偽装防止技術、フリーズドライ食品の高品質化、菓子用トッピング果実の長期貯蔵法、食品流通梱包材のリサイクル技術など
講演や相談
できる課題
食品・農産物の品質評価技術について
主な業績や
研究著書
日本食品保蔵科学会論文賞受賞(2007年6月23日)
研究機器等  
特記事項  
キーワード 食品、製造プロセス、品質評価、省エネルギー、廃棄物処理