高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

おおにし こうへい

大西 浩平
自己紹介
生年 1960 地域連携情報
学系 総合科学系 高知大学研究者総覧
部門 生命環境医学部門
職名 教授
Tel 088-864-5213
Fax 088-864-5109
e-mail
ホームページ http://www.rimg.kochi-u.ac.jp/jge.html
学位 理学博士
専門分野 微生物分子遺伝学
研究課題 細菌と植物との相互作用における遺伝子発現調節機構の解明
環境細菌のメタゲノムDNAを利用した有用遺伝子の探索
DNAシャフリングによる有用タンパク質の創製
卒論テーマとして
与えられる課題
植物病原細菌の宿主植物感染時における遺伝子発現様式の解明
病原細菌が持つIII型タンパク質分泌機構の分子レベルにおける解明
バイオ燃料生産に有効な細菌の環境中からの探索
環境中の細菌メタゲノムDNAを用いた産業上有用な酵素の探索
共同研究
できる課題
環境からの有用細菌の効率的なスクリーニング
メタゲノムDNAを利用した有用遺伝子の探索
タンパク質工学による酵素改変
講演や相談
できる課題
遺伝子組換えについて
環境微生物について
主な業績や
研究著書
The pleiotropic regulator PhcA negatively controls expression of the first component of a regulatory cascade necessary for Ralstonia solanacearum hrp regulon induction. Yoshimochi T., Hikichi Y., Kiba A., Ohnishi K. J. Bacteriol 191(10), 3424-3428 (2009)
Induction of the response regulator hrpG gene expression and activation of HrpG are controlled by distinct signal cascades in Ralstonia solanacearum. Yoshimochi T., Zhang Y., Kiba A., Hikichi Y., Ohnishi K. J. Gen. Plant Pathol. in press (2009)
Directed evolution of extradiol dioxygenase by a novel in vivo DNA shuffling. Xu S., Ju J., Misono H., Ohnishi K. Gene 368, 126-137 (2006)
39. Molecular breeding of 2,3-dihydroxybiphneyl 1,2-dioxyganse for enhanced resistance to 3-chlorocatechol. Ohnishi K., Okuta A., Ju J., Hamada T., Misono H., Harayama S. J. Biochem. 135(3), 305-317 (2004)
研究機器等 リアルタイムPCR装置、PCR装置、パルスフィールドゲル電気流動装置、二次元電気泳動装置、エレクトロポレーション装置、ジャーファーメンター
特記事項  
キーワード 植物病原細菌、III型タンパク質輸送系、メタゲノム、DNAシャフリング