高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

もりおか かつじ

森岡 克司
自己紹介
生年 1962 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 教授
Tel 088-864-5160
Fax 088-864-5160
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~morioka/riyouken/
学位 博士(農学)
専門分野 水産食品学
研究課題 養殖魚の肉質の評価及びその改善、水産物の品質評価、未利用水産資源の有効利用
卒論テーマとして
与えられる課題
海洋生物資源の食料資源としての有効利用を目指して以下の研究を行っております。
・養殖ブリ類(ブリ,カンパチ)の肉質の向上に関する研究
・養殖ブリ類血合肉ミオグロビンに関する研究
・魚肉タンパク質のゲル形成機構とそれに係わる組織構造に関する研究
・未利用海洋生物資源の有効利用に関する研究
・水産加工処理残滓中のコラーゲンの有効利用に関する研究
・土佐の水産物の栄養成分のデータベース作成など
共同研究
できる課題
養殖魚の肉質の評価及びその改善、水産物の品質評価、/未利用水産資源の有効利用
講演や相談
できる課題
養殖魚の肉質の評価及びその改善、水産物の品質評価、未利用水産資源の有効利用
主な業績や
研究著書
「かまぼこの足形成」(厚生社恒星閣、2001)、「Influence of muscle biochemical consitituents on the meat texture ofcultured yellowtail Seriola quinqueradiata at different anatomical locations、Journal of the Science of Food and Agriculture、82、1541(2002)、「市販かまぼこの物性と低真空走査型電子顕微鏡(N-SEM)による観察、日本食品科学工学会誌、49、447(2002)」、「Recovery of amino acid from the protein in the head and viscera of frigate mackererl by autolysis、Fisheries Science、65、588(1999)」
研究機器等 自動アミノ酸分析機、高速液体クロマトグラフ、ガスクロマトグラフ、レオメーターなど
特記事項  
キーワード 養殖魚、水産物、品質、肉質、鮮度、残滓