高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

なかむら ようへい

中村 洋平
自己紹介
生年   地域連携情報
学系 総合科学系 高知大学研究者総覧
部門 黒潮圏科学部門
職名 准教授
Tel 088-864-5236
Fax  
e-mail
ホームページ http://aquaticecologylab.com/
学位 博士(農学)
専門分野 魚類生態学、環境保全学
研究課題 魚類の摂食や生息場所利用などの生態、生息場所の消失や再生と魚類群集との関係、地球温暖化が沿岸環境や魚類に及ぼす影響
卒論テーマとして
与えられる課題
魚類を中心とした海洋動物の生態全般
共同研究
できる課題
沿岸環境と魚類との関係、温暖化と魚類との関係
講演や相談
できる課題
海洋生物の観察、魚類生態、沿岸環境問題
主な業績や
研究著書
中村洋平.20章 個体群と群集 「魚類学」矢部衛・桑村哲生・都木靖彰(編)、恒星社厚生閣、pp 266-281. (2017)
Yamasaki M, Aono M, Ogawa N, Tanaka K, Imoto Z, Nakamura Y. Drifting algae and fish: implications of tropical Sargassum invasion due to ocean warming in western Japan. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 147:32-41(2014)
Nakamura Y, Feary DA, Kanda M, Yamaoka K. Tropical fishes dominate temperate reef fish communities within western Japan. PLoS ONE, 8(12):e81107(2013)
Terazono Y, Nakamura Y, Imoto Z, Hiraoka M. Fish response to expanding tropical Sargassum beds on the temperate coasts of Japan. Marine Ecology Progress Series 464:209-220 (2012)
Nakamura Y, Hirota K, Shibuno T, Watanabe Y. Variability in nursery function of tropical seagrass beds during fish ontogeny: Timing of ontogenetic habitat shift. Marine Biology 159:1305-1315 (2012)
中村洋平. サンゴ礁魚類の生産機構と生態系サービス,「浅海域の生態系サービス」 水産学シリーズ169,恒星社厚生閣(2011)
中村洋平. サンゴ礁の魚たち,「サンゴ礁学-未知なる世界への招待」,東海大学出版会 (2011)
Nakamura Y., Horinouchi M., Shibuno T., Tanaka Y., Miyajima T., Koike I., Kurokura H. and Sano M. Evidence of ontogenetic migration from mangroves to coral reefs by black tail snapper Lutjanus fulvus: stable isotope approach. Marine Ecology Progress Series 355:257-266 (2008)
Nakamura Y. and Tsuchiya M. Spatial and temporal patterns of seagrass habitat use by fishes at the Ryukyu Islands, Japan. Estuarine, Coastal and Shelf Science 76:345-356 (2008)
研究機器等  
特記事項  
キーワード 魚類生態学、海洋生態学、温暖化、環境保全