高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

くぼた さとし

久保田 賢
自己紹介
生年 1970年 地域連携情報
学系 総合科学系 高知大学研究者総覧
部門 黒潮圏科学部門
職名 教授
Tel 088-880-2283(岡豊キャンパス)
Fax 088-880-2283(岡豊キャンパス)
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~kubota/
学位 博士(農学)
専門分野 海洋生物生化学,社会栄養学
研究課題 有藻性サンゴの環境適応に関する研究
メタボ健診情報の解析による生活習慣病予防に関する研究
次世代の文理融合型思考とプロジェクト推進に関する研究
卒論テーマとして
与えられる課題
有藻性サンゴの遺伝子・タンパク質解析
ヒトの健康や食環境に関する情報解析
大学の教育研究活動と社会とのつながりに関する研究
共同研究
できる課題
一般的な遺伝子・タンパク質解析(タンパク質精製,クローニング,組換えタンパク質作製,活性測定,抗体作製等)
特定健診・特定保健指導電子化情報解析
文理融合型プロジェクト構築・推進
講演や相談
できる課題
温帯に生息する有藻性サンゴについて
栄養学,食品学や食育について
文理融合型教育研究の推進について
主な業績や
研究著書
Identification of homogeneously staining regions by G-banding and chromosome microdissection, and FISH marker selection using human Alu sequence primers in a scleractinian coral Coelastrea aspera Verrill, 1866 (Cnidaria). Takahiro Taguchi, Satoshi Kubota, Takuma Mezaki, Erika Tagami, Satoko Sekida, Shu Nakachi, Kazuo Okuda, Akira Tominaga, Comparative Cytogenetics, 10(1), 61-75 (2016).
Phylogeographic Assessment of Panmictic Monostroma Species from Kuroshio Coast, Japan Reveals Sympatric Speciation. Felix Bast, Satoshi Kubota and Kazuo Okuda. J. Appl. Phycol., published online, 11, DOI 10.1007/s10811-014-0452 (2015).
食中毒事故発生施設の事後調査による発生防止策の総合的検討. 久保田賢, 河合洋見. 日本衛生学雑誌, 70, 69-80 (2015).
Molecular Cytogenetic Analysis of the Scleractinian Coral Acropora solitaryensis Veron & Wallace 1984. Takahiro Taguchi, Takuma Mezaki, Fumihito Iwase, Satoko Sekida, Satoshi Kubota, Hironobu Fukami, Kazuo Okuda, Teruyuki Shinbo, Syun-ichirou Oshima, Yoshiaki Iiguni, Joseph R Testa, and Akira Tominaga. Zool. Sci., 31, 89-94 (2014).
栄養ケア・マネジメントにおけるデータベース作成のためのパソコンスキル習得と活用について. 森岡美帆, 久保田賢, 中山建夫. 日本栄養士会雑誌, 57, 272-277 (2014).
Detection of characteristic heterochromatin distribution, highly amplified rRNA genes and presence of the human satellite III DNA motif in the scleractinian coral Echinophyllia aspera Ellis and Solander 1788. Takahiro Taguchi, Satoshi Kubota, Takuma Mezaki, Satoko Sekida, Kazuo Okuda, Shu Nakachi, Teruyuki Shinbo, Yoshiaki Iiguni and Akira Tominaga. Chromosome Science, 16, 37-42 (2013).
サパタ湿地地区における移入ヒレナマズの利用に関する検討. 久保田賢, 吉富文司, Hurtado, A. M., 大谷和弘, 中村洋平, 堀美菜, 山本悠, 山岡耕作. 黒潮圏科学, 5-2, 197-209 (2012).
キューバにおけるヒレナマズClarias gariepinusの食利用に関する検討. 山本悠, 久保田賢, 山岡耕作. 黒潮圏科学, 5-2, 187-196 (2012).
キューバ・サパタ湿地における移入ヒレナマズClarias gariepinusの生態. 山本悠, Hurtado, A. M., 中村洋平, 久保田賢, 山岡耕作. 黒潮圏科学, 5-2, 175-185 (2012).
「香南市栄養士活動ガイド」の作成-多職域栄養士による地域食育実践体制の構築に向けて-. 北村加菜, 榎愛子, 久保田賢. 日本栄養士会雑誌, 52, 20-26 (2009).
研究機器等  
特記事項  
キーワード 有藻性サンゴ,遺伝子解析,タンパク質解析,メタボ健診,特定健診,特定保健指導,黒潮圏科学,文理融合型教育研究