高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農学専攻

物部キャンパスの防災

安否確認システムについて

高知大学では、地震や台風などの自然災害などの緊急事態が発生した際に、学生や職員等の安否を早期に確認するため、安否確認システムを導入・運用しています。災害時には配信されたメールに基づき、学生・職員等が携帯電話・スマートフォン等で現在の状況をシステムに登録することで、大学がリアルタイムに安否状況を把握することが可能になっています。
また、物部キャンパスにおいては農林海洋科学部の少人数教育の利点を活かし、 アドバイザー教員制度(※)を活用した独自の安否確認のしくみも検討中です。

※入学から卒業まで学生全員に相談役の教員がつき、履修指導から就職、生活面まで一対一でアドバイスを行う制度

 

携帯メールを利用した安否確認のしくみ

事前準備

教務情報システムKULASに登録されている携帯電話等のアドレスを利用させていただきますので、KULASに携帯電話等のメールアドレスを登録してください。メールアドレス変更時は再登録が必要です。


災害発生時

大規模災害発生時には、本システムより「安否確認メール」が発信されます。


身の安全を確保した上で、状況について返信を行ってください。


安否確認システムのしくみ

画像をクリックすると拡大画像が表示できます。

▶ 安否確認システムの詳細については、高知大学HPの「非常事態
発生時における対処方法の中に詳しく掲載しています