教育・学生生活

アルバイトについて

 学生支援課(物部地区は物部総務課学務室)で取扱っております。申込要領及び留意事項は次のとおりです。1年生については、第2学期以降に紹介しますが、経済的に特別困難な場合は、担当者と相談してください。

 なお、医学部については、教育的配慮のもとに家庭教師に限って紹介を行っています。(近年は学習塾の増加等により、家庭教師の需要は少なくなっています。)希望者は学生課へ申し出てください。

 

〔1〕一般アルバイト(家庭教師以外)

1) カウンターに提示してある「学生アルバイト求人票」を見て希望するものがあれば求人票の該当欄に所属・学年を記入してください。

2) 依頼者への申込は、該当欄に記入後、電話連絡してください。申込後、止むを得ない事情で行けなくなった時は、記入した氏名等抹消のうえ、相手方に連絡してください。

3) 依頼者との約束を守り、遅刻・無断欠勤は絶対にしないでください。

 

〔2〕家庭教師

1) 家庭教師を希望する者は、事前に「高知大学アルバイト(家庭教師)申込登録票」に必要事項を記入して学生支援課に提出し、登録(年1回)してください。

2) カウンターに提示してある「アルバイト(家庭教師)募集票」を見て希望するものがあれば、担当者に申し出てください。

3) 依頼者の氏名・電話番号等は個人情報になるので、登録している学生間も含め、他者には教えないでください。

4) 依頼者に連絡して、依頼者の要望と当方の条件について話し合い、採用不採用の結果を、必ず担当者まで申し出てください。

 

〔3〕注意事項

1) 求人票の内容と実際の労働条件が異なる場合は、学生支援課担当まで報告してください。

2) 勤務条件は、必ず事前に確認のうえ決定してください。

3) 一般アルバイトの範囲は多種多様ですが、特に車・バイクで行く場合は、駐車場の確認を含めて現場への往復及び仕事中には事故を起こさないよう気をつけてください。

4) 本学の学生と称し、いかにも本学の紹介であるかのような紛らわしい表現で、家庭教師派遣を執拗に勧誘したり、断られると嫌がらせをしたり、失礼なことを言ったりするという苦情が一般市民から大学に寄せられております。また、ここ数年家庭教師派遣を「業」として経営する団体等が全国的に増えており、各地でも苦情が寄せられているとのことです。

[高知県立消費生活センターに寄せられた苦情等]
・高知大学の学生又は、家庭教師の同好会と称する者から、家庭教師の派遣について、電話で執拗な勧誘を受けた。
・新聞のチラシを見て家庭教師を申し込んだところ、高額な学習教材の売り込みを受けた。
・長時間にわたる強引な売り込みで、高額な学習教材の契約をさせられた。
・家庭教師と学習教材はセットになっているといわれた。

 

5) 選挙活動には一部の例外を除いて「公職選挙法で定めた無償の原則」があり、単なるアルバイトと思って従事したことが「選挙法違反」として問われる場合があるので、学生のみなさんは充分注意してください。

6) 現在次のような職種については、学生アルバイトとして不適当と判断して求人があっても大学としては断っています。

長期の休業期間を除き1週間以上にわたる昼間の業務、車両運転及び危険と判断される業務、家庭訪問等の物品販売、午後10時以降(女子は9時)の深夜労働、風俗営業等の職種、その他教育的に好ましくないもの

 

7) アルバイトに従事している学生がトラブルに巻き込まれる事例が発生しています。困ったときは学生何でも相談室に相談してください。学生何でも相談室では、学生の話を聞き、意思を尊重した上で、対応を考えます。場合によっては消費者センター、労働基準監督署または警察など学外関係機関と連携することもあります。

[ご相談]
・学生何でも相談室 TEL: 088-888-8010
・Web版学生相談室 E-mail:gsoudan@kochi-u.ac.jp

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

教育活動

学生情報

履修情報

キャンパス

AED設置場所