教育・学生生活

準正課活動

準正課活動とは

 正課の授業とは異なる形で、教員による教育支援を行う仕組みのもとでの取組みです学生が自発的・主体的に活動することを原則とするため、単位の付与はありませんが、その活動に対して大学が公的支援を行います。高知大学には学生の準正課活動を支援するセクションとして、「リエゾンオフィス コラボレーション・サポート・パーク(通称コラパ~)」があります。

 準正課活動には、次のような取組みがあります。

S・O・S認定活動

 S・O・Sとは、Studennt’s Orgaization for Self-help and Official Supportのことで、高知大学における学生の自主的・組織的活動プロジェクトに対して、大学が公的に支援していこうとするものです。活動の領域は、①学生のためのピア・サポートを目的とした活動、②地域活動・地域貢献を目的とした活動の2つに設定しています。

コラボ考房プロジェクト

 学生の何かやりたい「キモチ」を「カタチ」にする支援をしています。学生グループ(3人以上一組)の学生相互支援プロジェクトや社会と協働した活動を人的に支援する仕組み。主に1~2年生を対象とし、採択されると支援教員からアドバイスを受けたり、様々な支援を受けたりすることができます。期間内にプロジェクトを実現するためのプランニングなどに取り組みます

SBI(Society Baced Internship 人間関係形成インターンシップ)

 高知の企業で3人一組のチームで行う3週間のインターンシップ。「周りの人々と協働すること」について考えることを重視しています。企業実習の前後に各種セミナー等による学習と振り返りの機会が数多く設けられています。

教育活動

学生情報

履修情報

キャンパス

AED設置場所