国際シンポジウム「誰もが安心できる共生社会をめざして」

2014年3月25日

 福祉国家として有名なスウェーデンとオランダから、看護学の研究者と産学官連携事業のトップをお招きし、国際シンポジウム「誰もが安心できる共生社会をめざして」を開催します。

 高知県は少子高齢化先進県であり、「誰もが安心できる共生社会をめざして」、さまざまな取り組みが進められていますが、北欧の研究者の報告を是非ご参考ください。

 報告者は、スウェーデンのイェーテボリ大学(本学大学間協定校)看護学科のレップ教授です。上級看護師の資格やドラマ(演劇)教師の資格などを持ち、医療や看護、教育の分野を統合しドラマ(演劇)の有効性について研究されています。三回目の来日。
 もう一人の報告者、ヨースト・デーゲナー氏は、オランダのグローニンゲンにあるハンゼ大学のヘルシー・エイジング(健康な高齢化社会グループ)プログラムの代表部長。産学官連携事業のトップで、国際的に幅広く活躍されています。初来日。

 参加無料で、事前の申し込みは必要ありません。

 報告は英語で行われますが、通訳があります。福祉に関心のある方、英語圏の留学希望者など、お誘い合わせのうえ多数ご参加ください。
 

 なお、本シンポジウムは、平成25年度 高知大学国際化戦略経費「国際比較研究とフィールドワークに基づく北欧教育研究ネットワークの形成」(代表者:人文学部 西島文香)の助成により実施するものです。

 

 【 日 時 】 平成26年3月25日(火) 13:00 ~ 16:00
 【 場 所 】 朝倉キャンパス メディアの森6階 メディアホール

 

国際シンポジウム「誰もが安心できる共生社会をめざして」 

 

 国際シンポジウム「誰もが安心できる共生社会をめざして」(90.9KBytes)

 

 

問い合わせ先 : 教育学部門 是永かな子

          (TEL:088-844-8433 , E-mail:sverige@kochi-u.ac.jp)

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所