医学部紹介

医学部振興基金 医学部_看護学科HPへ 医学部_医学科HPへ 医学部公式HPへ 医学部

医学部写真

高知県の地域医療に貢献する
 近年におけるサイエンスとしての医学・医療の飛躍的な進歩は、社会全体にさまざまな衝撃を与え続けており、これに対応するためには、医学・医療に携わる個人が自ら自分自身の倫理体系を構築しなければなりません。その基盤となるのは、長時間を要して培われた、強靭な倫理的能力とバランス感覚に支えられた多面的な考察力及び問題解決能力です。  医学部では、このような能力、医学・医療に対する強い志望動機、ならびに適正を具備した人材を広い領域から発掘し、今世紀における多様な社会的ニーズに応えうる高い倫理観、使命感、ならびに思考の柔軟性を有するとともに、高知県の地域医療に貢献する強い意欲をもつ医療人の育成を目指しています

 

教育に関するポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)

 

医学部長挨拶

医学部長 高知大学医学部は、昭和51年に高知医科大学として開学しました。開学当初は医学科のみでしたが、平成10年に看護学科を増設し、医師および看護師を養成する医育高等教育機関として発展してまいりました。平成15年に旧高知大学との統合により高知大学医学部となり、平成16年には法人化しました。平成27年度末までに、医学科3,155人、看護学科1,023人の卒業生が巣立ち、医療、医学研究、医学教育、行政等の各分野で活躍しています。
 高知大学医学部は、高知医科大学の建学の精神、「敬天愛人」と「真理探究」を受け継いでいます。「敬天愛人」は西郷隆盛の有名な言葉ですが、ここでは「医療人という天職を自覚し、全ての人を平等に慈愛する」という意味だと私は解釈しています。さらに、「敬天」には自然を畏敬するという意味も含まれていると思います。人間は、己が開発した文明・技術に溺れることなく、自然に対して謙虚であれという戒めの言葉です。
 最近、ロボットや自動運転車のニュースが盛んに報じられています。人工知能(AI)のブームは今回が3回目で、今度こそ本当に実現できるのではないかと注目を集めています。ブレイクスルーは、ディープラーニングというコンピューターが自ら考える新技術が開発されたことです。もしAIが自分より賢いAIを作れるようになると、これを繰り返すことによりAIは爆発的に進化し、人間の知能を越えるようになります。この技術的特異点(シンギュラリティー)が2045年に来ると予想されています。AIは医療分野にもどんどん入ってくるでしょう。近い将来、知識や技術では人間の医師を越える時代が来るかもしれません。そのようなときにも、人間の医師にしかできないことがあるのではないでしょうか。それを考えることが、今後の医学教育には重要です。鍵は教養にあると思います。
 もう一つ重要なことは、高知大学が地方の大学であるということです。日本中で地方の少子高齢化が進み、著しい人口減少が起きています。これは、国が進めてきた都会産業中心の成長戦略が産んだ歪みであり、偏重政策は完全に行き詰まり始めています。今後、地方では、超高齢化社会と突発的な災害に備えて、医療体制を地域社会コミュニティーと協働する形で整備していく必要があります。高知大学医学部は、高知県の医療体制の司令塔としての役割とともに、将来の地域医療のあり方を模索するフロントランナーとしての役割も期待されているのではないでしょうか。


医学部長  本 家 孝一 

 

医学科長挨拶

医学科長 本学は医療過疎地域の解消という一県一医大構想の基、昭和51年10月1日に高知医科大学として開学しました。昭和53年4月17日に第一回入学式が施行され、平成10年4月の看護学科新設により医学科と看護学科よりなる医科大学となり、その後平成15年10月1日に旧高知大学と統合し、平成16年4月1日より国立大学法人高知大学医学部として今日に至っております。開学以来の卒業生は2,900名を超え、高知県をはじめとして各地で活躍し日本の医療に貢献しております。 医学科での6年間の教育は、教養・基礎科目から始まり、基礎・臨床医学へと進んでいきます。医学は科学として発展し続けており、本学の医学教育の特色としては、平成21年9月に重点的研究活動を行う拠点として開設された先端医療学推進センターがあります。ここでは医学科2~4年生の3年間、先端医療開発研究に参画する先端医療学コースが平成23年度からスタートし、研究に興味を抱く多数学生の参加にて研究成果も認められ、全国学会発表も行われるようになり、益々活気づいてきました。高齢化先進地としての高知県においては、過疎地も含め地域医療への対応が急務であり、そのため県から寄附された家庭医療学講座が、まさに地域医療を科学する講座として学生教育・実習に携わりながら、課題解決に取り組んでおります。さらに今後30年以内に発生すると予想される東南海地震・南海地震に備えた医療体制支援推進目的にて、平成23年11月に災害・救急医療学講座が開講し、災害医療拠点病院としての機能が強化されています。 

 桜の季節が訪れると、日本全国に存在する桜の名所では、満開に咲き誇こる桜達の姿を愛でに人々が殺到します。そんな中、普段は何の変哲もない里山にも、周囲の緑に混じりながら、一本また一本と桜花色に彩られた木々を見かけます。そのような山中に桜があるなどとは気づかない所、全く人の眼にふれ得ない場所にさえ、桜の名所と同様の開花現象が起こっています。たとえどんな場所にあっても、一年間の準備の後に、桜木は確実に見事な花を咲かせます。 

 本学は一地方大学医学部であります。教官数に依存するマンパワーおよび設備規模の観点からは、必ずしも恵まれていると言いがたいのですが、全教職員は優れた医師の育成に誠心誠意取り組んでおります。6年間の学生生活において、彼らが日々地道に将来の医師に向けた準備に怠ることなく努力を重ね、本来備わった未来への可能性を見失うことなく、自由な校風の中で若者から大人へと成長できる、そんな環境を提供していきます。学生一人一人との対話を尊重し、時間をかけ丁寧に見守りながら、私たちの夢を語りかけていきたい。そして高知に根を張り、やがて先鋭の若手医師として開花するその時を享受したいと願います。 どこまでも青く晴れ渡った南国の空、南を受けて太平洋に臨む土佐の地で、共に医学を志すstudentsとして前進していきましょう。

 
医学科長   降 幡 睦 夫

 

看護学科長挨拶

先駆的な気風にあふれた高知で、
新しい時代の看護職をめざしましょう!

看護学科長  本看護学科のある医学部岡豊キャンパスは、四百年前に四国を統一した長宗我部氏の居城があった岡豊山の麓にあります。目の前には土佐日記の作者である紀貫之が千二百年前に船で渡ったと言われる国分川があり、大変歴史深い地です。今は岡豊山に城はなく、城趾からは遠くに太平洋が臨め、春にはたくさんの桜が咲くとてものどかな地ですが、少し歴史の歯車がずれていれば、四国の中心地になっていたかも知れません。

 幕末から明治の始め新しい時代を切り開く多くの人物が出た高知には先駆的な気風があふれていました。その伝統は高知大学にも引き継がれています。医学部附属病院は開設の1981年に日本で初めて、世界的にも先駆的にITを本格導入しました。大学院の看護学専攻では、国立大学で初めて助産師の育成課程を平成23年にスタートさせ、地域社会が必要としている高度な実践力をもつ助産師育成を行っています。

 日本の社会は人口構造が大きく変わり、必要とされるヘルスケアも変わって来ています。今後病院で働く看護師は大幅に減り、在宅医療を支える看護師が多く必要となります。本看護学科では、これに対応するため在宅で患者の容体急変や療養管理等ができるより高い看護実践力のある看護師を育成するカリキュラムを平成24年度から導入しました。

一方、保健師の需要は人口減少の中で減ることが予想されており、各大学とも保健師育成人数を抑えており、本看護学科でも保健師国家試験受験資格を取得できるカリキュラムを選択できる学生は平成28年度から入学定員の半数に抑えています。また、平成24年度から養護教諭や高校看護科教諭の資格を取得できるカリキュラムを選択した学生には、保健師育成カリキュラムの並列選択を認めず、教諭に求められる能力をより高めるよう指導しています。

 社会の変化と共に、医療技術も日々進歩しています。看護職はその進歩に対応できなければなりません。そのためには常に学び続けることが必要です。また、看護職の大きな使命として人々の「生きる」ことを支えることがあります。人を支えるためには、豊かな人間性と高い倫理観を身に付けなければなりません。そのような努力ができる人を求めています。

 私たち教員は、医療職に不可欠なコミュニケーション力、表現力、協働力、問題解決力を身につけ、高い看護実践力を備えた看護職を社会に送り出したいと願っており、看護職を志す皆様が本看護学科に入学されることを心から待望しています。

 

看護学科長   栗 原 幸 男




大学院(修士課程)医科学専攻

目 的
 近代医学は,生物学・物理学・化学・工学などの自然科学の進歩の成果を結集して発展してきました。さらに現代,医学はゲノムサイエンス・分子生物学・発生生物学(発生・分化・再生)などの生命科学の成果をもとに目覚しいスピードで発展し,遺伝子療法・再生医療・生殖医療などの今日の先端医療を形成しつつあります。他方,先端医療の進歩による脳死・臓器移植・体外受精・遺伝子治療と生命倫理との調和,超高齢化社会の到来による疾病構造の変化,患者のQOL<Quality of Life(生活・生命の質)>の重視など,医学・医療を取り巻く社会環境は大きく変革しています。この急速に発展する医学・医療に的確に対応するためには,自然科学および人間主体の人文科学と医学の調和をめざした医科学(Medical Science)の発展・充実が望まれます。このことにより,今後,ますます複雑化する医療・福祉などの社会的諸問題を包括的に捉えうる専門家の育成が可能となります。そのため,自然科学系学部(理学,農学,薬学,工学など)のみならず人文学系学部(心理学,社会学,経済学,教育学など)を含む医学部(医学科)以外の学部卒業者を,医科学へと導く教育・研究システムが必要です。
 本医科学専攻では,医学部(医学科)以外の出身者を対象に,医科学に関する幅広い知識を体系的,集中的に教育することにより,高度に専門化した知識と技術を身に付けた医科学分野の研究者・教育者を養成し,さらに社会的諸問題について医科学を基礎として包括的に捉えうる人材を育成しようとしています。

大学院(修士課程)看護学専攻

 本学修士課程看護学専攻では、その設置理念・目的に基づき、次のような人を求めます。

  1. 社会性と倫理性を身につけ、有能で、豊かな人間性をもち、看護探求に意欲のある人
  2. 質の高い看護を提供できる看護専門職の育成という社会要請に応える意欲がある人
  3. 看護研究を支える種々の看護学の基本理論、実践技術を一定レベル修得しており、論文作成などの一連の学習を意欲的に取り組める人
  4. 保健医療の臨床・教育分野で活躍しており、看護専門職として積極的な向上心がある人
  5. 十分なコミュニケーション・スキルを有し、多様な人と共同できる人

 

大学院(博士課程)医学専攻

 総合人間自然科学研究科医学専攻(博士課程)では,高い倫理観と豊かな人間性の涵養ならびに高度な医学的知識と技能の習得を教育理念とし,黒潮圏総合科学専攻,応用自然科学専攻との緊密な連携の下に,両専攻における自然科学と人間科学のパラダイムをも取り入れた教育研究体制を構築することにより,高知県の地域特性に根差した医学・医療の推進に寄与できる人材,国際的に通用する優れた医学研究者,リサーチマインドを持つ優れた臨床専門医(良医)を養成し,多様な社会的ニーズに対する柔軟な対応が可能で,底辺が広くレベルが高い医学研究および医療の達成を目的とする。

〈→ 更に詳しく見る〉

研究者紹介

下記より研究者一覧がご確認いただけます。

医学部

医学部附属病院

また、高知大学研究者総覧のページでは、名前・研究内容からも検索することができます。

高知大学医学部 公式HP

医学部に関する詳しい情報は下記アドレスにて案内しています。

公式HPへ(http://www.kochi-ms.ac.jp/)
医学科HPへ
看護学科HPへ

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮

☎088-866-5811(代表)

 

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

学部のご紹介

土佐さきがけプログラム

共通教育

大学院のご紹介

AED設置場所