若手研究者評価支援機構・研究推進特別支援室を設置

2010年6月1日

 高知大学では、文部科学省平成22年度科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」プログラムに「イノベーティブマリンテクノロジー研究者育成」が採択されたことを受け、本事業の支援体制の充実・強化を図るため、平成22年6月1日に若手研究者評価支援機構・研究推進特別支援室を設置しました。
 本事業は、高知大学の海洋科学研究における人材資材を結集した”イノベーティブマリンテクノロジー研究拠点”を組織するため、新規若手研究者採用制度により若手研究者を教員として配置し、海洋科学研究者の育成と世界水準の海洋新領域研究拠点の形成を目的としています。

 

  資料1:文部科学省ホームページ

      平成22年度科学技術振興調整費の審査経緯及び結果概要について

 

  資料2:高知大学「イノベーティブマリンテクノロジー研究者育成」実施体制(495KBytes)



kenkyu.jpg

PDF(479KBytes)

(右から相良学長、小槻理事(研究担当)、渡邉理事(財務担当)

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所