高知大学アスベスト対策について

2010年2月24日

 平成18年度に「労働安全衛生法施行令」及び「石綿障害予防規則」等の一部改正により規制の対象となる建材に対する石綿の含有量が重量比1%から0.1%に拡大されました。また、平成20年に新たな種類のアスベストが建材等に使用されていることが判明したことから、アスベストの分析調査の徹底を図ることが必要となり、本学でも使用実態の再調査を実施いたしました。
 これまでの調査結果を踏まえ、アスベストが使用されている建物については、状況に対応したモニタリングを実施し、アスベストの浮遊量を把握することとしました。(平成21年4月22日役員会承認)
 このたび、昨年度に引き続き、平成21年度のアスベストの浮遊量調査を実施しました。本年度の調査結果から、昨年度の結果と比較しても変動が少なく、直ちに健康への影響を与えることがないと考えられます。
 今後も教育・研究環境の安全性を確保するため、モニタリングを継続して実施し、アスベストの浮遊量を把握して参ります。
 また、抜本的な対策としては、大規模改修時に除去する予定です。
 ご理解とご協力いただきますようお願い致します。

 

 ・ 平成20・21年度アスベスト浮遊量調査結果(45.2KBytes)



高知大学アスベスト関連窓口

 

高知大学
財務部施設企画課  外線 088-844-8135
     内線 8135
          E-mail zk04@kochi-u.ac.jp

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所