英科学誌natureに掲載されました。

2010年5月20日

 平成22年5月20日付けの英科学誌nature(電子版)で、医学部附属病院総合診療部の上原良雄助教らと東京慈恵医科大学の合同研究チームの発表がとりあげられました。
発表の内容は、院内感染を引き起こす最も重要な原因菌として知られる黄色ブドウ球菌が、人間の鼻腔に定着するのを阻害する物質を、同じく鼻腔の常在菌である表皮ブドウ球菌が産生する物質から発見したというものであり、院内感染事故の減少につながると期待されます。 

 

 nature(電子版) http://www.nature.com/nature/journal/v465/n7296/full/nature09074.html#/

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所