日本生物環境工学会で自然科学系農学部門 安武大輔准教授が最優秀ポスター賞受賞、農学専攻2年濱渦恭臣さんが四国支部ベストプレゼンテーション賞受賞

2013年9月12日

 9月3日から5日に開催された日本生物環境工学会において、本学自然科学系農学部門 安武大輔准教授の「午後のCO2施用は光合成促進に有効か?-個葉のガス交換特性に基づく考察-」が、最優秀ポスター賞を受賞しました。また、総合人間自然科学研究科農学専攻2年の濱渦恭臣さんが発表した「トリム製電解水のグリーンハウス培養液への利用」が、日本生物環境工学会四国支部ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

 

 

安武准教授ポスター賞            濱渦さんベストプレゼン賞

 

        (安武准教授受賞 最優秀ポスター賞)          (濱渦さん受賞 四国支部ベストプレゼンテーション賞)

 

 

 

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所