先進医療の実施に係る不適切事案の公表について

2014年3月31日

 本学医学部附属病院で実施しておりました先進医療『蛍光膀胱鏡を用いた5-アミノレブリン酸溶解液の経口投与又は経尿道投与による膀胱がんの光力学的診断 筋層非浸潤性膀胱がん』に関しまして、平成25年12月27日付で、臨床研究の実施に係る不適切事案として公表を行い、その後、外部委員3名を含めた調査委員会による詳細な調査を行ってまいりました。平成26年1月31日付で、先進医療の実施に係る不適切事案として、中間報告書の公表を行ったところですが、その後の調査結果を踏まえた最終報告書を公表いたします。

 詳細については、以下のPDFをご覧ください。

 

先進医療の実施に係る不適切事案について(104KBytes)

最終報告書(40.6MBytes)

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所