大学院理学専攻2年 中里佳央さんが日本地質学会四国支部14回総会・講演会において優秀ポスター賞を受賞しました

2015年1月13日

 平成26年12月20日に愛媛大学総合情報メディアセンターで開催された、日本地質学会四国支部大会総会・講演会において大学院総合人間自然科学研究科理学専攻2年(海洋資源資源科学準専攻)の中里佳央さんが「マンガンクラストを構成する多起源粒子の新たな記載法」(中里・臼井・安田・後藤・グラハム)の研究発表を行い、優秀ポスター賞を受賞(本年度は1件のみ)しました。臼井研究室における重要な研究テーマ「マンガンクラストから読む古海洋環境」の成果の一つです。

141220優秀ポスター賞.jpg

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所