総合科学系複合領域科学部門 櫻井哲也准教授ら研究グループによる生薬「甘草」のゲノム解読に成功した研究成果が、英国の科学誌The Plant Journalに掲載されました。

2016年10月25日

 本学総合科学系複合領域科学部門 櫻井哲也准教授が参加する理化学研究所の研究グループは、漢方などに使われる重要生薬「甘草(カンゾウ)」の全ゲノム解読を行い、推定されているゲノムサイズの94.5%に相当するゲノム情報を得ることに成功しました。甘草は、さまざまな漢方薬の原料として最も広範に用いられているマメ科の生薬です。今回、共同研究グループは甘草の中で最も上質とされる「ウラル甘草」の全ゲノム解読を行いました。
 これにより、甘草の分子育種による国内栽培化、生産性の向上、生薬としての機能改変のほか、薬効成分の生産に必要な有用遺伝子の探索に資すると期待できます。
 本研究成果は、英国の科学雑誌『The Plant Journal』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(10月24日付け)に掲載されました。
 詳細については、理化学研究所のホームページをご覧ください。
 


論文名:Draft genome assembly and annotation of Glycyrrhiza uralensis, a medicinal legume

 
著者:Mochida, Keiichi#; Sakurai, Tetsuya#; Seki, Hikaru; Yoshida, Takuhiro; Takahagi, Kotaro; Sawai, Satoru; Uchiyama, Hiroshi; Muranaka, Toshiya; Saito, Kazuki* (#Co-first authors; *Corresponding author)

 

雑誌:The Plant Journal


DOI:10.1111/tpj.13385

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所