大学院医学専攻博士課程1年 新武享朗さんが筆頭著者、薬理学講座 東洋一郎助教が責任著者の研究論文がRoyal Society of Chemistryの機関誌であるMetallomics誌に採択されました。

2018年9月27日

 大学院医学専攻博士課程1年 新武享朗さんが筆頭著者、薬理学講座 東洋一郎助教が責任著者の研究論文「The inhibitory role of intracellular free zinc in the regulation of Arg-1 expression in interleukin-4-induced activation of M2 microglia. (インターロイキン-4誘導性M2ミクログリアでのArg-1発現制御における細胞内亜鉛の抑制的役割)」がRoyal Society of Chemistryの機関誌である Metallomics誌に採択されました。なお、本研究内容は、本学脳神経外科学講座との共同研究になります。
 詳しくはこちらから
 医学部薬理学講座ホームページはこちらから

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所