厚生労働省高知労働局との連携・協力に関する協定調印式を執り行います。

2019年3月20日

 この度、高知大学は、厚生労働省高知労働局からの寄附講座の提案を受け、平成31年度第1学期の共通教育教養科目として「働き方改革と職業生活を考える」を開講することになりました。
本講座は、高知労働局長をはじめとする労働局の幹部職員の方々が講師を担当し、「知っておきたい労働法知識」や「なぜ、今「女性活躍推進」なのか」等、労働法令や労働政策全般についての講義を通じて、社会に出る前の学生に対し、職業生活において必要となる知識を付与すること等を目的としています。

 講座の開設に併せ、3月26日(火)には高知大学と高知労働局との連携・協力に関する協定調印式を執り行います。
 なお、この協定は、四国地区の国立大学では初めてのこととなります。

 

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所