医学部 整形外科学講座 阿漕孝治助教がOARSI 2019 World Congress(国際変形性関節症学会)にてHighest rated abstract awardを受賞しました。

2019年5月20日

 日本における変形性膝関節症は、2530 万人と多くの患者がいるにもかかわらず、その主たる訴えである関節痛の発生機序は、未だ不明確な部分が多い。阿漕助教は、関節症の進行による骨軟骨移行部におけるOsteochondral channelとそのchannel内の感覚神経増生が、その痛みの増悪に関与することを明らかにし、2019年5月2日~5日にカナダのトロントで開催されたOARSI 2019 World CongressにおいてHighest rated abstract awardを受賞しました。

 

演題:「Contribution of nerves within osteochondral channels to osteoarthritis knee pain in humans and rats」
和訳:「変形性膝関節症の痛みにおけるosteochondral channels内の神経の関与」


整形外科学講座ホームページはこちらから
 

IMG_0162.JPG IMG_0282.JPG

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所