大学院理学専攻の三宮廣海さんが第18回情報科学技術フォーラムにおいて奨励賞を受賞しました。

2019年10月18日

 令和元年9月3日~9月5日に岡山大学で開催された第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)において、大学院総合人間自然科学研究科理学専攻2年の三宮廣海さんが、以下の研究論文の発表でFIT奨励賞を受賞しました。

 

論文:ギガビット・イーサネットを搭載したマルチGPUクラスタシステムによる計算機合成ホログラムの計算高速化
著者:三宮廣海(高知大)・中山弘敬(国立天文台)・角江 崇・下馬場朋禄・伊藤智義(千葉大)・高田直樹(高知大)

 

 情報科学技術フォーラムは、電子情報通信学会の情報・システムソサイエティ(ISS)及びヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)と情報処理学会とが協力して開催する、年に1度の大規模な研究集会で、今回は529件の講演がありました。

 FIT奨励賞は、一般講演のセッションにおいて、座長の裁量により優秀な論文として選出され、贈呈される賞です。

 

 

FIT2019奨励賞_三宮-1.jpg

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所