本文へスキップ

高知大学 研究拠点プロジェクト (第V期)

トップページへ

研究成果research achievements

査読つき論文 --- Peer-reviewed papers

  1. Tran, Q.T., Maeda, M., Oshita, K., Takaoka, M and Fujiwara, T., 2018. Effects of a washing process of cattle manure ash on shoot and root growth of komatsuna (Brassica rapa var. perviridis) at the seedling stage. Journal of Environmental Science for Sustainable Society, in press.
  2. Xiang, Q., Fukahori, S., Nomura, Y., Fujiwara. T., 2018. Removal of Crotamiton and Its Degradation Intermediates from Secondary Effluent Using TiO2-Zeolite Composites. Water Science and Technology, 77(3), 788-799. DOI: 10.2166/wst.2017.578 [Link]
  3. Miranti D. I., Ichiura H., Ohtani Y., 2018. The Bioactive Compounds and Antioxidant Activity of Food Products of Rhizophora stylosa Fruit (Coffee and Tea Mangrove). International Journal of Forestry Research, 2018, Article ID 2315329, 6 pages. DOI: 10.1155/2018/2315329. [Link]
  4. Zhang, H., Nakagawa, H., Nishio, K. and Hashizaki, T. 2018. Response of local flow and sediment transport to a group of Bandalling structures. Journal of JSCE, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 74(4), 1051-1056.
  5. Akao, S., Yasutake, D., Kondo, K., Nagare, H., Maeda, M., Fujiwara. T. 2018. Effects of cultivation period on catch crop chemical composition and potential for bioenergy production. Industrial Crops and Products, 111, 787-793. DOI: 10.1016/j.indcrop.2017.11.039. [Link]
  6. 井上 裕太, 田中 憲蔵, 玉井 重信, 山本 福壽, 山中 典和, 市栄 智明. 2018. 異なる乾燥条件下で育苗した南米半乾燥地のマメ科3樹種の当年生実生の耐乾性評価. 日本緑化工学会誌, 43, 21-30. [Link]
  7. Nomura, Y., Fukahori, S., Fukada, H., Fujiwara, T. 2017. Removal behaviors of sulfamonomethoxine and its degradation intermediates in fresh aquaculture wastewater using zeolite/TiO2 composites. Journal of Hazardous Materials, 340, 427-434. DOI:10.1016/j.jhazmat.2017.07.034. [Link]
  8. Xiang, Q., Fukahori, S., Yamashita, N., Tanaka, T., Fujiwara, T. 2017. Removal of Crotamiton from Reverse Osmosis Concentrate by a TiO2/Zeolite Composite Sheet. Applied Sciences, 7(8), 778. doi:10.3390/app7080778. [Link]
  9. Kim, Y.J., Nakagawa, H., Kawaike, K. and Zhang, H. 2017. Study on hydraulic characteristics of sabo dam with a flap structure for debris flow. International Journal of Sediment Research, 32, 452-464. DOI: 10.1016/j.ijsrc.2017.05.001. [Link]
  10. Puneeta、P., Vijai, D., Yamamoto, J., Adachi, K., Kato, Y., Sakurai, Y. 2017. Structure and properties of the egg mass of the ommastrephid squid Todarodes pacificus. PLOS ONE, 12(8), e0182261. DOI: 10.1371/journal.pone.0182261. [Link]
  11. Okubo, N., Tomaru, Y., Yamaguchi, H., Kitatsuji, S., Mochida, K. 2017. Development of a method to assess the ichthyotoxicity of the harmful marine microalgae Karenia spp. using gill cell cultures from red sea bream (Pagrus major). Fish Physiology and Biochemistry. 43(6), 1603-1612. DOI: 10.1007/s10695-017-0396-6. [Link]
  12. Ichiura H., Hirose Y., Masumoto M., Ohtani Y., 2017. Ionic liquid treatment for increasing the wet strength of cellulose paper. Cellulose, 24(8), 3469-3477. DOI: 10.1007/s10570-017-1340-8. [Link]
  13. 岡田 将治, 松岡 直明, 張 浩. 2017. 四万十川におけるアユの産卵に適した環境場の抽出と出水後の予測に関する研究. 河川技術論文集, 23, 687-692.
  14. 岡田 将治, 中平 歩, 張 浩, 松岡 直明. 2017. 四万十川における流下能力確保とスジアオノリの生育環境創出を両立させる砂州掘削方法の検討. 河川技術論文集, 23, 579-584.
  15. 武藤 裕則, 岡田 将治, 張 浩, 萬矢 敦啓, 工藤 俊, 原口 強. 2017. 吉野川岩津狭窄部におけるサブボトムプロファイラーを用いた堆積砂層厚の面的把握と洪水時の流況・河床変動特性測に関する研究. 河川技術論文集, 23, 299-304.
  16. 下元 紅子, 大谷 慶人, 市浦 英明. 2017. 産地別和紙原料コウゾの化学組成および繊維性状の特徴, 森林バイオマス利用学会誌, 12 (1), 17-22.
  17. 長谷川 雄基, 長束 勇, 谷村 成, 佐藤 周之, 2017. 表層透気係数を指標とした水路コンクリートおよび無機系補修材料の耐摩耗性の推定に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, 39(1), 601-606. [Link]
  18. 長谷川 雄基, 小嶋 啓太, 佐藤 周之, 長束 勇, 2017. サンドブラスト法による無機系材料の促進摩耗試験方法の検討, 農業農村工学会論文集, 85(2), I_215-I_220. [Link]
  19. Amada, G., Onoda, Y., Ichie, T. Kitayama, K. 2017. Influence of leaf trichomes on boundary layer conductance and gas-exchange characteristics in Metrosideros polymorpha (Myrtaceae). Biotropica 49: 482-492. DOI: 10.1111/btp.12433. [Link]
  20. Inoue, Y., Ichie, T., Kenzo, T., Yoneyama, A., Kumagai, T. Nakashizuka, T. 2017. Effects of rainfall exclusion on leaf gas exchange traits and osmotic adjustment in mature canopy trees of Dryobalanops aromatica (Dipterocarpaceae) in a Malaysian tropical rain forest. Tree Physiology, 37, 1301-1311. DOI: 10.1093/treephys/tpx053. [Link]
  21. Yeoh, S.H., Satake, A., Numata, S., Ichie, T., Lee, S.L., Basherudin, N., Muhammad, N., Kondo, T., Otani, T., Hashim, M. and Tani, N. 2017. Unravelling proximate cues of mass flowering in the tropical forests of South-East Asia from gene expression analyses. Molecular Ecology, 26, 5074-5085. DOI: 10.1111/mec.14257. [Link]
  22. Yamaguchi, H., Tanimoto, Y., Hayashi, Y., Suzuki, S., Yamaguchi, M., Adachi, M. 2017. Bloom dynamics of noxious Chattonella spp. (Raphidophyceae) in contrastingly enclosed coastal environments: a comparative study of two coastal regions. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, First View, 1-7. DOI: 10.1017/S0025315417000017. [Link]
  23. Kawahara, Y., Ichiura, H., Ohtani, Y. 2017. Preparation of a temperature-responsive smart paper using a molecularly imprinted polymer and lipid bimolecular membrane. Journal of applied polymer science. 134(9), doi: 10.1002/APP.44530. [Link]
  24. Zhang, H., Nakagawa, H. 2016. Local scour and sediment sorting around a series of groynes. Journal of Japan Society for Natural Disaster Science, 35 (Special Issue), 117-129. [Link]
  25. Vermeiren, P., Munoz, C., Ikejima, K. 2016. Sources and sinks of plastic debris in estuaries: A conceptual model integrating biological, physical and chemical distribution mechanisms. Marine Pollution Bulletin, 113, 7-16. DOI: 10.1016/j.marpolbul.2016.10.002. [Link]
  26. Yasutake, D., Kondo, K., Yamane, S., Kitano, M., Mori, M., Fujiwara T. 2016. Comprehensive analysis of soil nitrogen removal by catch crops based on growth and water use. International Agrophysics, 30, 383-390. doi: 10.1515/intag-2015-0097.
  27. Yamaguchi, H., Hirano, T., Yoshimatsu, T., Tanimoto, Y., Matsumoto, T., Suzuki, S., Hayashi, Y., Urabe, A., Miyamura, K., Sakamoto, S., Yamaguchi, M., Tomaru. Y. 2016. Occurrence of Karenia papilionacea (Dinophyceae) and its novel sister phylotype in Japanese coastal waters. Harmful Algae, 57(A), 59-68. DOI: 10.1016/j.hal.2016.04.007. [Link]
  28. Yamaguchi, H., Arisaka, H., Seki, M., Adachi, M., Kimura, K., Tomaru, Y. 2016. Phosphotriesterase activity in marine bacteria of the genera Phaeobacter, Ruegeria, and Thalassospira. International Biodeterioration & Biodegradation 115, 186-191. DOI: 10.1016/j.ibiod.2016.08.019. [Link]
  29. Yoshimatsu, T., Tie, C., Yamaguchi, H., Funaki, H., Honma, C., Tanaka, K., Adachi, M. 2016. The effects of light intensity on the growth of Japanese Gambierdiscus spp. (Dinophyceae). Harmful Algae 60, 107-115. DOI: 10.1016/j.hal.2016.10.009. [Link]
  30. Tanaka-Oda, A., Kenzo, T., Inoue, Y., Yano, M., Koba, K. Ichie, T. 2016. Variation in leaf and soil δ15N in diverse tree species in a lowland dipterocarp rainforest, Malaysia. Trees - Structure and Function, 30, 509-522. [Link]
  31. Oshita, K., Kawaguchi, K., Takaoka, M., Matsukawa, K., Fujimori, T., Fujiwara, T. 2016. Emission and control of N2O and composition of ash derived from cattle manure combustion using a pilot-scale fluidized bed incinerator. Environmental Technology, 37(4), 439-445. DOI:10.1080/09593330.2015.1077190. [Link]
  32. Matsuoka, M., Takagi, M., Akatsuka, S., Honda, R., Nonomura, A., Moriya, H., Yoshioka, H. 2016. Bidirectional reflectance modeling of the geostationary sensor HIMAWARI-8/AHI using a kernel-driven BRDF model. ISPRS Annals of Photogrammetry, Remote Sensing, and Spatial Information Science, III-7, 3-8. doi:10.5194/isprs-annals-III-7-3-2016. [Link]
  33. Matsuoka, M., Tadono, T., Yoshioka. H. 2016. Effects of the spectral properties of a panchromatic image on pan-sharpening simulated using hyperspectral data. International Journal of Image and Data Fusion, 7(4), 339-359. DOI: 10.1080/19479832.2016.1218945 [Link]
  34. Matsuoka, M., Nagare, H., Fujiwara. T. 2016. Simulation of the collection of catch crops for the recovery of agricultural resources using geographic and statistical data. Transactions in GIS, 20(2), 221-239. doi: 10.1111/tgis.12153. [Link]
  35. Matsuoka, M., Masuda, T., Hase, T., Yamada, M., Fujiwara, T. 2016. Site selection for catch crop processing facilities. Letters in Spatial and Resource Sciences, 1-15. doi:10.1007/s12076-016-0167-5. [Link]
  36. Maeda, M., Kayano, E., Fujiwara, T., Nagare, H., Akao S. 2016. Nitrous oxide emissions during biological soil disinfestation with different organic matter and plastic mulch films in laboratory-scale tests. Environmental Technology, 37(4), 432-438. DOI:10.1080/09593330.2015.1092494. [Link]
  37. Lee, S.S., Nakagawa, H., Kawaike, K., Zhang, H. 2016. Urban inundation simulation considering road network and building configurations. Journal of Flood Risk Management, 9(3), 224-233. doi: 10.1111/jfr3.12165. [Link]
  38. Kenzo, T., Ichie, T., Norichika, Y., Kamiya, K., Nanami, S., Igarashi, S., Sano, M., Yoneda, R. and Lum, S.K.Y. 2016. Growth and survival of hybrid dipterocarp seedlings in a tropical rain forest fragment in Singapore. Plant Ecology & Diversity, 9(5-6), 447-457. DOI: 10.1080/17550874.2016.1265606. [Link]
  39. Inoue D., Sawada, K., Tsutsui, H., Fujiwara, T. Identification of microbial populations contributing to nitrification-associated nitrous oxide emission during cattle manure composting process with forced aeration. Journal of Material Cycles and Waste Management, accepted, DOI: 10.1007/s10163-017-0588-2. [Link]
  40. Ichiura, H., Sakamoto, S., Ohtani, Y. 2016. Preparation of Release-Paper-Free, Pressure-Sensitive-Adhesive Paper Using an Interfacial Polymerization Reaction on the Paper Surface. Industrial & Engineering Chemistry Research, 55(4), 961-966. DOI: 10.1021/acs.iecr.5b04548. [Link]
  41. Ichie, T., Inoue, Y., Takahashi, N., Kamiya, K. Kenzo, T. 2016. Ecological distribution of leaf stomata and trichomes among tree species in a Malaysian lowland tropical rain forest. Journal of Plant Research, 129, 625-635. [Link]
  42. Ha, T.K.T., Maeda, M., Fujiwara, T., Nagare, H., Akao, S., Tran, T.Q. 2016. Nitrous oxide and carbon dioxide emissions from paddy soil treated with rice husk products at different moisture contents in a short-term experiment. Journal of Environmental Science for Sustainable Society, 7, 9-15. [Link]
  43. Akao, S., Nagare, H., Maeda, M., Kondo, K., Fujiwara T. 2016. Non-sterile simultaneous saccharification and fermentation of corn leaves and stalks to l-lactic acid without external nutrient addition. Journal of Material Cycles and Waste Management, 18(2), 204-214, DOI10.1007/s10163-015-0390-y. [Link]
  44. Adachi, K., Yabumoto, M., Yoo, H., Morioka, K., Ikeda, Y., Ueta, Y., Sakurai. Y. 2016. Salt soluble without jelly-like component from the oviducal gland induces chorionic expansion in the ova of the Japanese common squid Todarodes pacificus. Invertebrate Reproduction & Development, 60(4), 281-239, DOI: 10.1080/07924259.2016.1229234. [Link]
  45. Adachi, K., Tanimura, K., Mitsui, T., Morita, T., Yosho, I., Ikejima, K., Morioka, K. 2016. Cellulolytic activity in the hepatopancreas of Chionoecetes opilio and Chionoecetes japonicus: enzymatic adaptations to deep sea environment. Fisheries Science, 82(5), 835-841. DOI: 10.1007/s12562-016-1014-8. [Link]
  46. 長谷川 雄基, 横井 克則, 松本 伸介, 佐藤 周之. 2016. 廃タイヤチップを混和材として活用した凍結融解抵抗性を有するコンクリート材料の開発に向けた基礎的研究. コンクリート工学年次論文集, 38(1), 1863-1868. [Link]
  47. 野村 洋平, 深堀 秀史, 塩澤 靖, 藤原 拓. 2016. 活性炭/酸化チタン複合触媒による廃棄物処分場浸出水中 1, 4-ジオキサンの吸着・分解特性. 土木学会論文集G(環境), 72(7), III_419-III_427.
  48. 川 順風, 手林 慎一, 岡本 道孝, 佐藤 周之. 2016. 泥炭由来の化学成分がセメントの強度発現特性に及ぼす影響に関する基礎的研究. コンクリート工学年次論文集, 38(1), 33-38. [Link]

査読なし論文 --- Non-peer reviewed papers

  1. 藤原 拓, 深堀 秀史. 2017. 酸化チタン・ゼオライト複合シートを活用した回転円板型促進酸化装置による水中の医薬品除去, 「機能紙最前線」〜次世代機能紙とその垂直連携に向けて〜, (株)加工技術研究会
  2. 宮田 篤, 藤原 拓, 明神 晃, 橋本 敏一. 2017. 無曝気循環式水処理技術, EICA, 22(1), 17-21.
  3. 山口 晴生. 2017. 有害・有毒微細藻の光応答増殖. 日本プランクトン学会報, 64(1) 35-39. (総説)[Link]
  4. 藤原 拓, 深堀 秀史. 2017. 回転円板型促進酸化装置による下廃水中の微量化学物質除去技術の開発. ケミカルエンジニヤリング, 62(10), 24-31(総説, 執筆依頼).
  5. 宮普@毅, 藤原 拓. 2017. 気候変動下でも持続可能な地域内循環型農業, アグリバイオ, 1 (10), 94-98. [Link]
  6. 市浦 英明. 2017. 温度応答性を有するインテリジェント機能紙の開発, 加工技術, 52(5), 241-247. [Link]
  7. 市浦 英明. 2017. イオン液体を活用した湿潤紙力増強手法と水系での応用, 紙パ技協誌, 71(11), 13-16.
  8. 明神 晃, 細木 水敬, 藤原 拓, 陳 小強, 橋本 敏一, 古澤 和樹, 野口 基治, 大和 信大. 2016. 使用電力の大幅低減が可能な新しい水処理プロセス 無曝気循環式水処理技術の実規模実証. 環境浄化技術, 15(3), 26-29. [Link]
  9. 藤原 拓. 2016. 農業地域における面的水管理・カスケード型資源循環システムの構築. 水環境学会誌, 39A(9), 328-332. (総説, 執筆依頼)[Link]
  10. 川原 悠, 市浦 英明. 2016. 環境応答性を有するインテリジェント機能紙. WEB Journal, 174, 30-34. (総説, 執筆依頼)[Link]
  11. 市浦 英明. 2016. セルロースを含んだ廃棄物の新しいリサイクル手法の開発. Cellulose Communications, 34(4), 183-186. (総説, 執筆依頼)[Link]

書籍 --- Books

  1. 市栄 智明. 2018. 熱帯雨林で起こる「森のお祭り」のメカニズムを解き明かせ!, 生きものワンダーランド:深海から宇宙まで − 生物学者のフィールドノート, 小林真, 工藤岳編, 文一総合出版, pp.134-140.
  2. Zhang, H., Nakagawa, H. 2017. Validation of indigenous knowledge for disaster resilience against river flooding and bank erosion, In: Science and Technology in Disaster Risk Reduction in Asia: Potentials and Challenges (Rajib Shaw, Takako Izumi and Koichi Shiwaku Eds), Elsevier, pp.57-76, DOI: 10.1016/B978-0-12-812711-7.00005-5.
  3. 藤原 拓. 2017. コベネフィットで柔軟な下水処理技術の開発, 下水道年鑑 平成29年度版, 水道産業新聞社, pp.65-74.
  4. 廣瀬 友香, 市浦 英明. 2017. "イオン液体を活用した機能紙開発 −湿潤強度付与とその応用展開−". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 263.
  5. 川原 悠, 市浦 英明. 2017. "分子インプリント技術を活用したインテリジェント機能紙 −温度応答性徐放性シートへの展開−". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 261.
  6. 川原 悠, 市浦 英明. 2017. "分子インプリント技術を活用した水環境浄化シートの開発". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 262.
  7. 市浦 英明. 2017. "環境に応答して機能発現するインテリジェント機能紙の開発最前線". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 151-162.
  8. 市浦 英明. 2017. "剥離紙のいらない粘着紙の開発". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 260.
  9. 市浦 英明. 2017. "界面重合反応を活用した機能紙開発". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 264.
  10. 市浦 英明. 2017. "自己発色性マイクロカプセルの開発と機能紙への展開". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 265.
  11. 市浦 英明. 2017. "大気系環境汚染物質除去シート". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 266.
  12. 市浦 英明. 2017. "オゾンを活用した新規紙おむつリサイクル技術の開発". 衛生製品とその材料の開発と評価 事例集. 技術情報協会編. pp. 285-288.
  13. 市浦 英明. 2017. "バイオアクティブペーパー概要". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 291.
  14. 市浦 英明. 2017. "徐放性機能紙と防虫紙への応用". 機能紙最前線. 機能紙研究会編, 加工技術研究会. pp. 304.

紀要 --- Bulletins

  1. 市浦 英明. 2017. "第10回環境科学と工学分野の挑戦に関する国際会議 CESE2017の報告". ケナフ協議会ニュース, 292, 1-4.
  2. Inoue, Y., Kenzo, T., Ichie, T. 2017. Ecophysiological study of tropical canopy and emergent trees in Lambir Hills National Park, Borneo Island. DIWPA News Letter, 37, 2-4.
  3. 市浦 英明. 2016. "平成28年度四国紙パルプ研究協議会講演会報告". ケナフ協議会ニュース, 274, 4-5.
  4. 市浦 英明. 2016. "平成28年度ケナフ等植物資源利用研究会報告". ケナフ協議会ニュース, 277, 3-4.
  5. 市浦 英明. 2016. "第55回機能紙研究・発表講演会報告". ケナフ協議会ニュース, 279, 4-5.

報告書 --- Reports

  1. 瀬戸内海赤潮共同研究機関 2018. 平成29年度 赤潮・貧酸素水塊対策推進事業「瀬戸内海での有害赤潮発生機構解明と予察・被害防止等技術開発」(齋 幸治)

特許出願・特許登録 --- Patents

  1. 市浦 英明, 小西 孝義, 中下 将志, 亀田 範明 (2017年8月4日) インジケータ及びその収納体, 特許第6184071号.
  2. 市浦 英明, 小西 孝義, 八巻 孝一, (2016年12月28日提出) "吸収性物品", 特願2016−257058.
  3. 市浦 英明, 小西 孝義, 山口 正史, 亀田 範明 (2017年3月15日) "使用済み衛生用品からパルプ繊維を回収する方法およびその方法により得られる再生パルプ", 特許第6061875号.

招待講演 --- Invited talks

  1. Fujiwara, T., Can we simultaneously realize water pollution control and value-added production in agricultural areas?. South China Institute of Environmental Sciences. Ministry of Environment Protection of China. March 2, 2018, Guangzhou, China.
  2. Zhang, H. Particle image velocimetry and its application in the measurements of environmental flows. South China Institute of Environmental Sciences. Ministry of Environment Protection of China. March 2, 2018, Guangzhou, China.
  3. 藤原 拓. オキシデーションディッチ法における二点DO制御システムの開発. 第30回CES21講演会(化学工学会関西支部CES21主催)水処理技術の基礎と実践- 排水処理から有価物回収まで-, 2018年2月2日, 大阪市.
  4. 藤原 拓. 人口減少社会に向けた下水道の方向性とシンポジウムのねらい. 高知から発信する下水道の未来 第1回シンポジウム「持続可能な下水道を実現する革新的水処理技術」. 2018年1月29日, 高知市, 日本.
  5. 市浦 英明. 紙表面上での界面重合反応を活用した機能紙の開発およびその応用展開. 第159回 粘着研究会. 2018年1月26日, 大阪, 日本.
  6. Fujiwara, T. Development of A Rotating Advanced Oxidation Contactor with Composite TiO2-Zeolite Sheet for Removal of Contaminants of Emerging Concern. the 4th International Water Congress: Water Management in Smart Cities. November 2-4, 2017, Izmir, Turkey (Keynote speaker).
  7. Fujiwara, T., Simultaneous Realization of Water Pollution Control and Value-added Production in Agricultural Areas by Cascading Material-cycle Systems. 2017 International Environmental Engineering Conference & Annual Meeting of the Korean Society of Environmental Engineers (IEEC2017). November 15-17, 2017, Jeju, KOREA (Keynote speaker).
  8. 藤原 拓. 農業由来の地下水汚染を防ぎ価値を産みだすクリーニングクロップ. 日本水処理生物学会第54回大会(大阪大会)シンポジウム「植物を利用した水環境の保全・修復」. 2017年11月8日, 大阪府吹田市, 日本.
  9. 市浦 英明. 紙への化学的処理手法を活用した機能紙の創製とその応用展開. 第47回木材の化学加工研究会シンポジウム. 2017年10月26日, 高知, 日本.
  10. 佐藤 周之. 農業水利施設におけるケイ酸塩系含浸材の適用性についての課題. 株式会社三祐コンサルタンツ社内教育プログラム. 2017年10月24日, 愛知県名古屋市, 日本.
  11. Zhang, H., Okada, S., Sassa, K., Fujiwara, T. and Bando, H., Impacts of drainage discharge on the hydraulics of receiving streams in urban areas, The Second International Top-level Forum on Engineering Science and Technology Development Strategy, October 18-20, 2017, Nanjing, China.
  12. 藤原 拓. 下水汚泥の肥料利用促進に向けて. 平成29年度地球環境技術推進懇談会水再生・バイオソリッド研究会(第2回). 2017年9月7日, 大阪市, 日本.
  13. 藤原 拓. カスケード型資源循環システムによる農業地域の水環境保全と付加価値創出の両立. 平成29年度農業農村工学会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本.
  14. 藤原 拓. 下水汚泥の肥料利用促進に向けて. ビストロ下水道推進戦略チーム会合・特別企画ビストロ下水道セミナー. 2017年8月4日, 東京都江東区, 日本.
  15. 佐藤 周之. 泥炭のセメント改良時の硬化不良と技術開発の展望. 鹿島建設技術研究所フォーラム. 2017年8月1日, 東京, 日本.
  16. 藤原 拓. オキシデーションディッチ法における二点 DO 制御システム ~着想と開発経緯~. 日本水環境学会「第15回 水環境フォーラムin岡山」. 2017年7月8日, 岡山市, 日本.
  17. Fujiwara, T. Can we simultaneously realize water pollution control and value-added production in agricultural areas?. International Symposium on Water Environment and Ecology. Dalian University of Technology, Dalian, China, June 2, 2017.
  18. 足立 亨介. 農産業に関わる水・バイオマス利用技術の新たな展開. 水産物利用学・水圏生物工学から考える循環型社会.水環境学会シンポジウム. 平成29年9月27日, 和歌山, 日本.
  19. 市浦 英明. 紙への化学処理手法が導く新しい機能紙創製技術とその応用展開. サイエンステクノロジー(株)主催セミナー. 2017年7月14日, 東京.
  20. Honami KUBO, Kou IKEJIMA, Chuki HONGO, Peter VERMEIREN. Plastic Pollution on sandy beaches in the Republic of Palau. 日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム. 2017年9月22日~24日, 東京海洋大学, 東京, 日本.
  21. Zhang, H. Indigenous technical knowledge for bank erosion and flood management. 2017 APEC Typhoon Symposium. May 2-4, 2017, APEC Research Center for Typhoon and Society, Taipei, Taiwan.
  22. Zhang, H. Harmonizing the demands of disaster management and environment restoration in waterfront planning. June 1, 2017, Shaanxi University of Science and Technology, Xian, China.
  23. Zhang, H. Urban flooding: mechanisms and countermeasures. June 2, 2017, Dalian University of Technology, Dalian, China.
  24. 張 浩. 治水事業における環境配慮. 第15回 四国地方治水大会. 平成28年10月25日, 高知, 日本.
  25. 張 浩. Urban flood in Japan: countermeasures and research advances. 2016年8月27日, Wuhan University, 武漢, 中国.
  26. 佐藤 周之. Development of Rural Area and Management of Water Resources. 2017年3月1日, Vinh University, ヴィン, ベトナム.
  27. 市浦 英明. 異分野への展開が期待される新しい機能紙創製技術. 平成28年度 シーズ・研究内容紹介 高知県産学連携センターココプラ. 2016年1月25日, 高知, 日本.

シンポジウムやセミナーの開催 --- Organized symposium or seminor

  1. 高知から発信する下水道の未来 第1回シンポジウム「持続可能な下水道を実現する革新的水処理技術」, 2018年1月29日-30日, 場所:高知市, 日本.
  2. Joint International Seminar (高知大学, 慶尚大学, カセサート大学). 2018年1月9日. 場所:物部キャンパス3-1-12教室.
  3. 革新的な水・バイオマス循環システムの構築」公開シンポジウム 生物学・生態学における"Connectivity"と"Feedback"-オダムの提言から60年後の我々が考えるべきこと. 2017年12月2日(土), 場所:ちより街テラス ちよテラホール
  4. 国際交流セミナーin物部キャンパス 第1回 ベトナム農業の現在を知り未来を探る. 2017年4月22日(土), 場所:物部キャンパス5-1教室
  5. 「GIS Day in 四国 2016」日時:2016年12月9日(金) 10:00-17:00, 場所:高知大学朝倉キャンパス 総合研究棟・理学部情報科学棟
  6. 「革新的な水・バイオマス循環システムの構築」キックオフシンポジウム 日時:2016年12月3日(土) 13:00-17:00, 場所:高知パレスホテル 2階ミューズ
  7. 「東南アジアの熱帯雨林に埋蔵される知的資源の効果的活用 −生物多様性がもたらす非金銭的利益−」日時:2016年5月16日(月), 場所:総合地球環境学研究所 セミナー室3・4

学会発表 --- Conference presentations

  1. 市浦 英明, 廣瀬 友香, 増本 美咲, 大谷 慶人, 谷口 健二. イオン液体を活用した湿潤紙力増強手法と水系での応用. 第84回 紙パルプ研究発表会. 2017年6月21-22日, 東京, 日本.
  2. 市浦 英明. 異分野への展開が期待される新しい機能紙創製技術. 第3回 四国オープンイノベーション ワークショップ in 高知. 2018年1月31日, 高知, 日本.
  3. 山本 純士, 市浦 英明, 大谷 慶人. 紙へのリン酸エステル化処理による湿潤紙力増強紙の開発. 第68回 日本木材学会. 2018年3月14-16日, 京都, 日本.
  4. Ichiura, H., Hirose, Y., Ohtani Y., Cellulose paper containing catalyst with high water resistance for Green Engineering application. 11th International Conference "Challenges in Environmental Science and Engineering". 11-15 November 2017, Kuming, China.
  5. 外丸裕司, 松原 賢, 紫加 田知幸, 三根 崇幸, 木村 圭, 長崎 慶三, 山口 晴生. ノリ色落ち原因珪藻Asteroplanus karianusに感染するウイルス分離の試み. 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会. 2017年9月3-5日, 滋賀, 日本.
  6. 鶴森 友太郎, 山口 晴生, 吉松 孝倫, 足立 真佐雄, 外丸 裕司. 有害ラフィド藻Chattonella marinaの光応答増殖. 平成29年度日本水産学会中国・四国支部例会. 2017年12月2-3日, 日本.
  7. 湯浅 美咲, 矢島 由寛, 松岡 真如. UAVを用いた樹冠投影図の作成, 平成29年度四国森林・林業研究発表会, 2018年1月23日, 高知市, 日本.
  8. Hidayat, S., Matsuoka, M. An Object-Based Image Analysis for Recognizing Sago Palm Trees: The Reveal of Texture Features from High Resolution Satellite Imagery, 26th IIS forum "Earth observation, disaster monitoring and risk assessment from space, 6-8 March 2018, Tokyo, Japan.
  9. 湯浅 美咲, 矢島 由寛, 松岡 真如. UAVデータによる人工林の樹冠投影図の作成, 第129回日本森林学会大会, 2018年3月26日-29日, 高知市, 日本.
  10. 豊永 竜司, 熹 弥優, 松岡 真如. 四国の竹林の衛星データを用いた抽出, 第129回日本森林学会大会, 2018年3月26日-29日, 高知市, 日本.
  11. 北山 みな美, 松岡 真如, デジタル画像記録機器を用いたマングローブにおけるカニの動態観測, 四国GISシンポジウム, 2018年2月26日, 松山市, 日本.
  12. 松岡 真如, 増田 貴則, 長谷 隆仁, 山田 正人, 永禮 英明, 藤原 拓. 高知県の施設園芸を対象としたクリーニングクロップの潜在収穫量と処理施設配置のシミュレーション, 地理情報システム学会2017年学術研究発表大会, 2017年10月28日-29日, 仙台市, 日本.
  13. 米田 令仁, 田中 憲蔵, 市栄 智明, Mohamad Azani Alias, Nor Zaidi Jusoh, Amir Saaiffudin Kassim, Ahmad Zuhaidi Yahya. 半島マレーシアの6地点に植栽されたチークの成長と材密度, 第7回 関東森林学会大会, 2017年10月24日, 横浜市, 日本.
  14. Qun, X., Fukahori, S., Tanaka, H., Fujiwara, T. Operational Parameters for the Removal of Crotamiton from Reverse Osmosis Concentrate Using a Rotating Advanced Oxidation Contactor, 第52回日本水環境学会年会, 平成30年3月15日-17日, 札幌市, 日本.
  15. 萩野 主大, 依光 かほる, 宮田 篤, 寺田 昭彦, 明神 晃, 橋本 敏一, 藤原 拓. 散水担体ろ床の曝気洗浄が処理性能及び微生物相へ及ぼす影響, 第52回日本水環境学会年会, 2018年3月15日-17日, 札幌市, 日本.
  16. 依光 かほる, 萩野 主大, 大和 信大, 寺田 昭彦, 明神 晃, 橋本 敏一, 藤原 拓. 散水担体ろ床における硝化細菌鉛直分布の長期変動特性と影響因子, 第52回日本水環境学会年会, 2018年3月15日-17日, 札幌市, 日本.
  17. 戸田 聖士, 西内 友也, 三好 太郎, 藤原 拓. 浸漬型FO膜分離法による下水の直接膜ろ過時のファウリング特性, 第52回日本水環境学会年会, 平成30年3月15日-17日, 札幌市, 日本.
  18. Zhang, H., Matsuda, T., Fujiwara, T., Kawaike. K. Impact of sewer pipe arrangement on hydraulic efficiency of municipal sewerage system, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  19. Nomura, Y., Fukahori, S., Mizuno, T., Fujiwara. T. Development of a mathematical model for the removal of sulfamethazine and its degradation intermediates by zeolite/TiO2 composites, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  20. Nomura, Y., Zhang, H., Fujiwara. T. Evaluation of hydrodynamics in a rotating advanced oxidation contactor by particle image velocimetry. "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering " (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  21. Xiang, Q., Fukahori, S., Yamashita, N., Tanaka, H., Fujiwara. T. Removal of crotamiton from reverse osmosis concentrate by the combination of coagulation and rotating advanced oxidation contactor, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  22. Feng, X., Xiang, Q., Fukahori, S., Tsutsui, T., Ding, S., Fujiwara. T. Dynamics of sulfamethoxazole during composting of sewage sludge, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  23. Yang, Y., Hiraoka, M., Ma, H., Fujiwara, T. Nutrient recovery from secondary effluent using an aquatic macrophyte, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  24. Yang, Q., Jia, S., Ding, S., Fujiwara. T. Effect of nitrate and hydrogen sulfide on N2O emission in sewage sludge treatment system, "The 10th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering" (CESE-2017), 11-15 November 2017, Kunming, China.
  25. Yorimitsu, K., Miyata, A., Terada, A., Myoujin, A., Hashimoto, T., Fujiwara, T. Nitrification in a Pilot-scale Advanced Trickling Filter Fed with Pre-treated Sewage, 2017 International Environmental Engineering Conference (IEEC 2017), 15-17 November 2017, Jeju, Korea.
  26. Ushijima, K., Ishii, A., Yamauchi, T., Funamizu, N., Fujiwara, T., Fukui, J., Matsumura, H. Design of water infrastructure for the future, Lessons and learned from depopulating area in Hokkaido, Japan, 14th International Water Association (IWA) Specialist Con ference on Watershed and River Basin Management, 9-11 October 2017, Skukuza, South Africa.
  27. Sato, S., Hasegawa, Y., Yamada, T., Vinh, N. L. A., Long, T. N. Fundamental study on development of seaweed-beds using wasted food from fermented foods industry. The Tenth Annual Conference on the Challenges in Environmental Science and Engineering CESE2017, 11-15 Nobember 2017, China.
  28. 谷村 成, 長谷川 雄基, 上野 和広, 佐藤 周之, 長束 勇. 農業用水路におけるけい酸塩系表面含浸工法の施工性および施工上の留意点. 平成29年度農業農村工学会大会講演会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本
  29. 谷口 孝裕, 長谷川 雄基, 上野 和広, 佐藤 周之, 長束 勇. 農業用水路におけるけい酸塩系表面含浸工法の施工後の追跡調査. 平成29年度農業農村工学会大会講演会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本
  30. 長谷川 雄基, 上野 和広, 佐藤 周之, 長束 勇. けい酸塩系表面含浸材と無機系被覆材との複合工法における基礎特性の評価. 平成29年度農業農村工学会大会講演会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本
  31. 上野 和広, 長谷川 雄基, 山本 昌宏, 高橋 慶吉, 佐藤 周之, 長束 勇. けい酸塩系表面含浸材による無機系材料の耐摩耗性改善効果. 平成29年度農業農村工学会大会講演会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本
  32. 磯貝 妃美香, 佐藤 周之, 長谷川 雄基. 低温履歴を受けた無機系補修材料の強度発現特性に関する基礎的研究. 第72回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2017年10月26日, 徳島県徳島市, 日本
  33. 長谷川 雄基, 佐藤 周之, 松本 伸介, 飯沼 護眞. 建造後70年以上経過した徳島県六条暗渠における躯体コンクリートの物性. 第72回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2017年10月26日, 徳島県徳島市, 日本
  34. 福嶋 淳, 加藤 佑亮, 門野 真弥, 佐藤 周之, 今城 雅之. 香川県小豆島のアサリRuditapes philippinarumを対象にしたパーキンサス属原虫の疫学調査. 日本水産学会平成29年度中・四国支部例会, 2017年12月2日-3日, 岡山県岡山市, 日本
  35. Kubo, H., Ikejima, K., Hongo, C. Vermeiren, P. Plastic Pollution on sandy beaches in the Republic of Palau. 日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム. 2017年9月22日-24日, 東京海洋大学, 東京, 日本.
  36. 山中 稔, 佐々 浩司, 橋本 学, 中川 一, 川池 健司, 張 浩, 森 牧人, 村田 文絵, 寺尾 徹. レーダーネットワークを活用した統合防災システムの構築. 第54回自然災害科学総合シンポジウム, 2017年9月14日, 京都, 日本.
  37. 本間 貴大, 張 浩, 岡田 将治, 松岡 直明. 沈下橋周辺における地形特性に関する研究. 第36回日本自然災害学会学術講演会. 2017年9月27-28日, 長岡, 日本.
  38. Zhang, H., Matsuda, T., Fujiwara, T. Kawaike, K. Impact of sewer pipe arrangement on hydraulic efficiency of municipal sewerage system. The 10th International Conference on Challenges in Environmental Science and Engineering. 11-15 November 2017, Kunming, China.
  39. Nomura, Y., Zhang, H. Fujiwara, T. Evaluation of hydrodynamics in a rotating advanced oxidation contactor by particle image velocimetry. The 10th International Conference on Challenges in Environmental Science and Engineering. 11-15 November 2017, Kunming, China.
  40. Zhang, H., Matsuda, T., Fujiwara, T., Kawaike, K. Sassa, K. Laboratory experiments on the three-dimensional flow in a junction manhole. 平成29年度京都大学防災研究所 研究発表講演会, 2018年2月20-21日, 京都, 日本.
  41. 澤谷 拓海, 張 浩, 川池 健司, 中川 一. 都市域における小規模水理構造物に着目した雨水排水プロセスのモデル化. 平成29年度京都大学防災研究所 研究発表講演会. 2018年2月20-21日, 京都, 日本.
  42. 永禮 英明, 南方 大輔, 水野 忠雄, 野村 洋平, 藤原 拓. イミダゾリウム系イオン液体とオゾンとの反応機構. 日本オゾン協会第26回年次研究講演会. 2017年6月15日-16日, 東京都世田谷区, 日本.
  43. グェン タン フォン, 円谷 輝美, 石川 進, 宮田 憲一, 藤原 拓, 橋本 敏一. 二点DO制御システムを用いたOD法 実施設における低負荷条件運転状況. 第54回下水道研究発表会. 2017年8月1日-4日, 東京都江東区, 日本.
  44. 前田 守弘, 森本 孝之, 藤原 拓, 井上 大介. 嫌気性消化汚泥堆肥の施用がコマツナの発芽および生育に及ぼす影響. 平成29年度農業農村工学会. 2017年8月29日-9月1日, 神奈川県藤沢市, 日本.
  45. 張 浩, 原田 崇弘, 藤原 拓, 佐藤 周之. 沈下橋周辺の局所流に関する研究. 日本流体力学会年会2017. 2017年8月30日-9月1日.東京都葛飾区, 日本.
  46. 松田 亮, 張 浩, 川池 健司, 藤原 拓. マンホール周辺のエネルギー損失に関する実験的研究. 日本流体力学会年会2017. 2017年8月30日-9月1日, 東京都葛飾区, 日本.
  47. 坂東 光, 張 浩, 藤原 拓, 岡田 将治, 松岡 直明. 雨水排除過程に伴う都市放流先河川の水理特性に関する研究. 日本流体力学会年会2017. 2017年8月30日-9月1日, 東京都葛飾区, 日本.
  48. Akita, M., Nishikawa, Y., Ohuchi, Y., Shigenobu, Y., Ambe, D., Morita, T., Adachi, K., Morioka. K. Biochemical characteristics of type I collagen of seven fish species from various habitat temperatures and its role in adaptation to water temperature. International Symposium "Fisheries Science for the Future Generations". 22-21 September 2017, Toyko University of Marine Science and Technology, Japan.
  49. Nakatuji, N., Adachi, K., Morioka K. Expression of collagen metabolism-related genes and its relation to texture and collagen content of red seabream (Pagrus major) meat. International Symposium "Fisheries Science for the Future Generations." 22-21 September 2017, Toyko University of Marine Science and Technology, Japan.
  50. Yamaguchi, H., Sumida, N., Gonda, T., Adachi, M., Ishii, K., Tomaru, Y. Resting strategy of the bloom-forming diatom Chaetoceros tenuissimus. International Symposium "Fisheries Science for Future Generations." 22-24 September 2017, Tokyo, Japan.
  51. Zaima, M. Yamaguchi, M., Kuramatsu, R., Minamida, M., Seki, M., Adachi, M. Tomaru, Y., Asahara, H., Nishiwaki, N. Selective utilization of inorganic and organic phosphorus compounds by a cosmopolitan diatom Chaetoceros tenuissimus: new approach using a modified quantitative 31P-NMR. International Symposium "Fisheries Science for Future Generations." 22-24 September 2017, Tokyo, Japan.
  52. 外丸 裕司, 松原 賢, 紫加田 知幸, 三根 崇幸, 木村 圭, 長崎 慶三, 山口 晴生. ノリ色落ち原因珪藻Asteroplanus karianusに感染するウイルス分離の試み. 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会. 2017年9月3日-5日, 滋賀県彦根市, 日本.
  53. 角田 成美, 山口 晴生, 安藤 有里, 足立 真佐雄, 外丸 裕司. 海産微小珪藻Chaetoceros tenuissimusの簡易凍結保存法. 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会. 2017年9月3日-5日, 滋賀県彦根市, 日本.
  54. 山口 晴生, 早川 由真, 安藤 有里, 外丸 裕司. 海洋細菌・微細藻の強制懸濁培養法. 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会. 2017年9月3日-5日, 滋賀県彦根市, 日本.
  55. 市浦 英明, 廣瀬 友香, 増本 美咲, 大谷 慶人, 谷口 健二. イオン液体を活用した湿潤紙力増強手法と水系での応用, 第84回 紙パルプ研究発表会, 東京, 2017年6月21-22日.
  56. 山本 純士, 市浦 英明, 大谷 慶人. 紙へのリン酸エステル化処理による湿潤紙力増強紙および水解紙の開発, 第29回 日本木材学会 中国・四国支部, 広島, 2017年9月11日.
  57. 金城 康平, 大谷 慶人, 市浦 英明. スギ, ヒノキの解繊と得られた繊維束の性状, 第29回 日本木材学会 中国・四国支部, 広島, 2017年9月11日.
  58. Ota, K., Nakagawa, H., Zhang, H. Eulerian-Lagrangian simulation of bed-material load transport around permeable and impermeable spur dykes. 37th IAHR World Congress. 13-18 August 2017, Kuala Lumpur, Malaysia.
  59. Zhang, H., Nakagawa, H., Nishio, K., Hashizaki, T. Suspended sediment transport and bed deformation around Bandalling structures, 第20回応用力学シンポジウム. 2017年5月20日-21日, 京都市, 日本.
  60. 武田 紗季, 名波 哲, 濱田 稔史, 山倉 拓夫, 上谷 浩一, 市栄 智明, 田中 憲蔵, Bibian Diway, Mohiza Mohamad, 伊東 明. ボルネオ熱帯雨林におけるリュウノウジュとホソバリュウノウジュの間の浸透性交雑. 第27回日本熱帯生態学会年次大会. 2017年6月17-18日, 奄美大島, 日本.
  61. 米田 令仁, 田中 憲蔵, 市栄 智明, Mohamad Azani Alias, Amir Saaiffudin Kassim, Ahmad Zuhaidi Yahya. 半島マレーシアの5地点のチーク人工林における成長と幹の形状比. 第27回日本熱帯生態学会年次大会. 2017年6月17-18日, 奄美大島, 日本.
  62. Zhang, H., Fujiwara, T., Okada, S., Wang, Y., Kainuma, T., Matsuoka, N. Transport of sediment and nutrients around a series of groyne structures. The 3rd Global Summit of Research Institutes for Disaster Risk Reduction: Expanding the Platform for Bridging Science and Policy Making. 19-21 March 2017, Kyoto, Japan.
  63. Zhang, H., Nakagawa, H. Kawaike, K., Nishio, K. Investigation of suspended sediment transport and bed deposition around Bandal-like structures. The 12th International Conference on Hydroscience and Engineering. 6-10 November 2016, Tainan, Taiwan.
  64. Yang, B., Jia, S., Nishimura, F., Terada, A., Ishikawa, S., Ding, S., Fujiwara, T. Sources of Nitrous Oxide Flowing into a Primary Sedimentation Tank at a Sewage Treatment Plant. Water and Environment Technology Conference 2016 (WET2016). 27-28 August 2016, Tokyo, Japan.
  65. Xiang, Q., Fukahori, S., Nomura, Y., Fujiwara, T. Adsorptive Removal and Photocatalytic Degradation of Crotamiton in Secondary Effluent Using TiO2-Zeolite Composites. The 9th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering (CESE-2016). 6-10 November 2016, Kaohsiung, Taiwan.
  66. Wang, Y., Zhang, H., Okada, S., Zhao, C., Fujiwara, T. Distribution of Bioavailable Phosphorus around Groynes in Kokubu River Receiving Agricultural Drainage. Water and Environment Technology Conference 2016 (WET2016). 27-28 August 2016, Tokyo, Japan.
  67. Vermeiren, P., Munoz, C., Ikejima, K. Mechanisms of the spatial distribution of plastic debris, an integrative model for estuaries. ECSA 56 Coastal systems in transition: From a 'natural' to an 'anthropogenically-modified' state. 4-6 September 2016, Bremen, Germany.
  68. Sato, S., Kojima, K., Hasegawa, Y., Takahashi, K., Morii, T., Natsuka, I. A Study on Accelerated Abrasion Test Method for Inorganic Repairing Material of Irrigation Concretes. International Conference of Agricultural Engineering CIGR-AgEng. 26-29 June 2016, Aarhus, Denmark.
  69. Nomura, Y., Fukahori, S., Fukada, H., Fujiwara, T. Removal behavior of sulfamonomethoxine and its intermediates in fresh aquaculture wastewater using zeolite/TiO2 composites. The 9th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering (CESE-2016). 6-10 November 2016, Kaohsiung, Taiwan.
  70. Matsuoka, M., Takagi, M., Akatsuka, S., Honda, R., Nonomura, A., Moriya, H., Yoshioka, H. Bidirectional reflectance modeling of the geostationary sensor HIMAWARI-8/AHI using a kernel-driven BRDF model. XXIII ISPRS Congress. 12-19 July 2016, Prague, Czech Republic.
  71. Ichiura, H., Hirose, Y., Ohtani, Y. Removal of aqueous dye using activated carbon paper with water resistance treated by ionic liquid. The 9th International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering (CESE-2016). 6-10 November 2016, Kaohsiung, Taiwan.
  72. Fujiwara, T. Cascading Material-cycle system simultaneously realizing water pollution control and value-added production in agricultural areas. International Symposium on Green Technology for Value Chains 2016 (GreenVC 2016). 3-5 October 2016, Tangerang, Indonesia.
  73. Cao, K., Nomura, Y., Ding, S., Fujiwara, T. Analysis of Organic Nitrogen Fractions in Different Types of Sewage Sludge. Water and Environment Technology Conference 2016 (WET2016). 27-28 August 2016, Tokyo, Japan.
  74. Adachi, K., Kawai K., Araki, M., Tongnunui, P., Morioka, K., Ikejima, K. The 9th CESE Conference International Conference in Challenges in Environmental Science & Engineering (CESE-2016). 6-10 November 2016, Kaohsiung, Taiwan.
  75. Adachi M., Yoshioka T., Yoshii S., Kimoto N., Nishimura T., Funaki H., Arimitsu S., Saito K., Honma C., Tanaka K., Yanagida I., Yamaguchi H. Gambierdiscus species composition at sites deeper than 15 m in Japanese coastal waters and the evaluation of the effect of irradiance on the growth of a dominant species at the sites. 17th International Conference on Harmful Algae. 9-15 October 2016, Florianopolis, Brazil.
  76. Asano, J., Matsumoto, T., Natsuka I., Ishii, M., Sato, S. Method to Measure Detachment Strength of Surface Covering Technique. The 41st Conference on Our World in Concrete & Structures. 25-26 August 2016, Singapore.
  77. 渡邉 夢実, 角野 貴志, 吉良 望, 鈴木 健吾, 岩田 修, 山口 晴生, 足立 真佐雄. 海産珪藻Phaeodactylum tricornutumに由来する高発現型プロモーターの探索. 平成28年度第三回分子珪藻研究会. 2016年12月18日, 神戸市 日本.
  78. 依光 かほる, 藤原 拓, 寺田 昭彦, 明神 晃, 橋本 敏一, 大和 信大. 散水ろ床型下水処理装置における硝化細菌群の空間分布特性. 第51回日本水環境学会年会. 2017年3月15-17日, 熊本市, 日本.
  79. 吉藤 奈津子, 熊谷 朝臣, 市栄 智明, 久米 朋宣, 立石 麻紀子, 井上 裕太, 米山 仰, 中静 透. 東南アジア熱帯雨林の巨大林冠木の水利用:雨水遮断実験による土壌乾燥に対する応答. 第64回日本生態学会大会. 2017年3月14-18日, 東京, 日本.
  80. 世一 雄大, 長谷川 雄基, 張 浩, 佐藤 周之. 修繕により異なった明度が混在する沈下橋を含む景観の明度の測定方法に関する研究. 第71回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2016年10月27日, 松山, 日本.
  81. 山下 倫太郎, 松岡真如. ドローンを用いた樹木位置と樹高の測定に関する研究. 四国GISシンポジウム. 2017年2月28日, 香川, 日本.
  82. 山口 晴生, 谷本 祐子, 林 芳弘, 鈴木 怜, 足立 真佐雄, 山口 峰生. 近隣二海域における有害Chattonella属藻の消長?赤潮の発達要因の抽出. 平成29年度日本水産学会春季大会, 平成29年度日本水産学会春季大会, 2017年3月26-30日, 東京都港区, 日本.
  83. 山口 晴生, 倉松 涼子, 在間 雅輝, 浅原 時泰, 西脇 永敏, 足立 真佐雄. 栄養塩欠乏に対する海洋微生物の増殖生理応答に関する研究 II. 海産珪藻Chaetoceros tenuissimusの選択的リン利用能. 平成28年度 日本水産学会秋季大会. 2016年9月8-11日, 奈良市, 日本.
  84. 明神 晃, 細木 水敬, 藤原 拓, 宮田 篤, 吉野 正章, 小越 真佐司, 星川 珠莉, 橋本 敏一, 古澤 和樹. 無曝気循環式水処理技術の省エネ・コスト削減効果について. 第53回 下水道研究発表会. 2016年7月26-28日, 名古屋市, 日本.
  85. 明神 晃, 細木 水敬, 藤原 拓, 橋本 敏一, 古澤 和樹, 小越 真佐司, 大和 信大, 野口 基治. 無曝気循環式水処理技術の実規模実証試験結果. 第53回 下水道研究発表会. 2016年7月26-28日, 名古屋, 日本.
  86. 松本 拓, 長谷川 雄基, 山本 昌宏, 谷村 成, 高橋 慶吉, 佐藤 周之, 長束 勇. けい酸塩系表面含浸材による水分と各種劣化因子の侵入抑止性. 平成28年度 農業農村工学会大会講演会. 2016年8月30日-9月2日, 仙台市, 日本.
  87. 松岡 真如, 本田 理恵, 高木 方隆, 赤塚 慎, 吉岡 博貴. ひまわり8号AHI の二方向性反射特性のカーネル型BRDF モデルを用いた解析, 第25回東京大学生研フォーラム. 2017年3月2-3日, 東京, 日本.
  88. 松岡 真如, 本田 理恵, 高木 方隆, 赤塚 慎. ひまわり8号を用いた二方向性反射特性の解析, 第19回環境リモートリモートセンシングシンポジウム. 2017年2月16日, 千葉, 日本.
  89. 松岡 真如, 川上 利次, 高野 一隆. 三次元リモートセンシングによる森林構造の把握. 平成28年度四国森林・林業研究発表会. 2017年1月24日, 高知, 日本.
  90. 本間 千穂, 井口 大輝, 山口 晴生, 足立 真佐雄. 次世代シークエンサーを用いたアオブダイ(Scarus ovifrons)餌生物の網羅的解析. 平成28年度日本水産学会中四国支部例会, 2016年10月22-23日, 東広島市, 日本.
  91. 舩木 紘, 吉井 将太, 西村朋宏, 有光 慎吾, 齋藤 一貴, 本間 千穂, 田中 幸記, 柳田 一平, 山口 晴生, 三浦 収, 足立 真佐雄. 定量PCR法を用いた南日本海域におけるシガテラ原因藻Gambierdiscus属の水平・鉛直分布の解明. 平成28年度日本水産学会秋季大会, 2016年9月8-11日, 奈良市, 日本.
  92. 舩木 紘, 木本 菜月, 吉松 孝倫, 田中 幸記, 柳田 一平, 山口 晴生, 足立真佐雄. 本邦沿岸域の表層にて発生するGambierdiscus属有毒2種の高光強度条件下における増殖応答. 平成29年度日本水産学会春季大会, 2017年3月26-30日, 東京都港区, 日本.
  93. 廣瀬 友香, 市浦 英明, 大谷 慶人, 谷口 健二. イオン液体を活用した活性炭含有紙の耐水性と水環境浄化能. 第28回 日本木材学会 中国・四国支部. 2016年9月12日, 愛媛, 日本.
  94. 廣瀬 友香, 市浦 英明, 大谷 慶人, 谷口 健二. 湿潤紙力を有する活性炭含有紙の調製と水環境浄化能―イオン液体処理条件の検討―. 第83回 紙パルプ研究発表会. 2016年6月22-23日, 東京, 日本.
  95. 樋口 翔一, 大谷 慶人, 市浦 英明. 樹木抽出物の抗酸化性について. 第28回 日本木材学会 中国・四国支部. 2016年9月12日, 愛媛, 日本.
  96. 濱田 稔史, 名波 哲, 山倉 拓夫, 伊東 明, 上谷 浩一, 市栄 智明, 田中 憲蔵, Lucy Chong. 東南アジア熱帯雨林における巨大高木リュウノウジュ属樹種の種間交雑. 第26回 日本熱帯生態学会年次大会. 2016年6月17-19日, つくば市, 日本.
  97. 長谷川 雄基, 松本 拓, 山本 昌宏, 谷村 成, 高橋 慶吉, 佐藤 周之, 長束 勇. 農業用水路の補修工法への適用に向けたけい酸塩系表面含浸材の基礎特性の評価. 平成28年度 農業農村工学会大会講演会. 2016年8月30日-9月2日, 仙台市, 日本.
  98. 長谷川 雄基, 谷村 成, 山本 昌宏, 安藤 尚, 高橋 慶吉, 佐藤 周之, 長束 勇. けい酸塩系表面含浸材の乾燥固形分率試験および種類判定試験における乾燥時の温度条件に関する一考察. 第71回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2016年10月27日, 松山, 日本.
  99. 野村 洋平, 深堀 秀史, 水野 忠雄, 藤原 拓. ゼオライト/酸化チタン複合シートによる医薬品除去の影響因子. 第51回日本水環境学会年会. 2017年3月15-17日, 熊本市, 日本.
  100. 中辻 伸嘉, 足立 亨介, 森岡 克司. 養殖マダイの物性及びコラーゲン含量と同分子代謝関連遺伝子発現量の関連性. 平成28年度 日本水産学会秋季大会. 2016年9月8-11日, 奈良市, 日本.
  101. 谷村 成, 長谷川 雄基, 松本 拓, 山本 昌宏, 谷村 成, 高橋 慶吉, 佐藤 周之. けい酸塩系表面含浸材と無機系被覆材の複合工法による表層品質の向上に関する研究. 平成28年度 農業農村工学会大会講演会. 2016年8月30日-9月2日, 仙台市, 日本.
  102. 鈴木実央, 池島 耕, 足立亨介, Prasert Tongnunui. ビデオ観察によるマングローブ林のベンケイガニ類生息密度の推定. 平成28年度 第22回日本マングローブ学会大会. 平成28年12月10日, 東京, 日本.
  103. Xiang, Q., Nomura, Y., Fukahori, S., Lee, S., Yamashita, N., Tanaka , H., Fujiwara, T. Removal of Pharmaceuticals in Reverse Osmosis Concentrate Using TiO2/Zeolite Composite. 第51回日本水環境学会年会. 2017年3月15-17日, 熊本市, 日本.
  104. 佐藤 直登, 足立 亨介, 安井 肇, 岸村 栄毅. 紅藻ダルス由来フィコエリスリンの脳機能改善作用. 平成 28 年度日本水産学会北海道支部例会. 平成28年8月7日, 函館市, 日本.
  105. 佐藤 直登, 足立 亨介, 安井 肇, 岸村 栄毅. 紅藻ダルス由来フィコエリスリン摂取による老化促進モデルマウス SAMP10 の脳機能改善作用.平成 28 年度日本水産学会北海道-東北合同支部大会. 平成28年10月22-23日, 函館市, 日本.
  106. 在間 雅輝, 山口 晴生, 足立 真佐雄, 浅原 時泰, 西脇 永敏. 栄養塩欠乏に対する海洋微生物の増殖生理応答に関する研究III. 海水に含まれる正リン酸の迅速定量法の確立. 平成29年度日本水産学会春季大会, 2017年3月26-30日, 東京都港区, 日本.
  107. 在間 雅輝, 山口 晴生, 浅原 時泰, 西脇 永敏, 南田 美佳, 関 美樹, 足立 真佐雄. 栄養塩欠乏に対する海洋微生物の増殖生理応答に関する研究 I. 海水培地に含まれる各種リンの網羅・定量的検出法の確立. 平成28年度 日本水産学会秋季大会. 2016年9月8-11日, 奈良市, 日本.
  108. 小嶋 啓太, 長谷川 雄基, 松本 拓, 山本 昌宏, 谷村 成, 高橋 慶吉, 佐藤 周之. けい酸塩系表面含浸材と無機系被覆材の複合工法における耐摩耗性の評価. 平成28年度 農業農村工学会大会講演会. 2016年8月30日-9月2日, 仙台市, 日本.
  109. 小嶋 啓太, 長谷川 雄基, 佐藤 周之, 長束 勇. サンドブラスト法における研磨材の粒径の違いが耐摩耗性の評価結果に及ぼす影響. 第71回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2016年10月27日, 松山, 日本.
  110. Kurokawa, H., Aiba, M., Onoda, Y., Hyodo, F., Kachina, P., Ichie, T., Nakashizuka, T. Variations in plant functional traits of Asian woody species. 第64回日本生態学会大会. 2017年3月14-18日, 東京, 日本.
  111. グェン タン フォン, 円谷 輝美, 石川 進, 藤原 拓, 宮田 憲一, 橋本 敏一. 二点DO制御システムを用いたOD法実施設における低負荷条件での制御特性および消費電力削減効果. 第51回日本水環境学会年会. 2017年3月15-17日, 熊本市, 日本.
  112. 川龍 祥子, 上田 幸男, 足立 亨介, 森岡 克司. 短期間の飼育環境制御によるクマエビのアスタキサンチン高含蓄化の試み. 日本水産学会中国・四国支部例会 平成28 年10月22日, 東広島市, 日本.
  113. 川原 悠, 市浦 英明, 大谷 慶人. 排水中の医薬品を選択的に吸着する機能紙の開発. 第67回日本木材学会. 2017年3月17-20日, 福岡, 日本.
  114. 川原 悠, 市浦 英明, 大谷 慶人. 界面重合反応および分子インプリント法を活用した水環境浄化シートの開発. 第28回 日本木材学会 中国・四国支部. 2016年9月12日, 愛媛, 日本.
  115. 川原 悠, 市浦 英明, 大谷 慶人. 排水中の医薬品に対して選択的吸着能を示す水環境浄化シートの開発−紙表面上での分子インプリントポリマー合成条件の検討−. 第83回 紙パルプ研究発表会. 2016年6月22-23日, 東京, 日本.
  116. 川 順風, 手林 慎一, 岡本 道孝, 佐藤 周之. 泥炭のセメント改良において強度発現を阻害する化学物質に関する研究と今後の展開. 第71回農業農村工学会中国四国支部講演会. 2016年10月27日, 松山, 日本.
  117. 角田 成美, 山口 晴生, 権田 泰, 足立 真佐雄, 石井 健一郎, 外丸 裕司. 海産微小珪藻Chaetoceros tenuissimusは休眠期を有する. 第41回日本藻類学会大会, 2016年3月23-25日, 高知市, 日本.
  118. 岡本 侑樹ほか, 池島 耕含む11名. Characteristics of δ13C Value in Slipmouth Fishes in Batan Bay, Panay Island, Philippines. 平成28年度 日本水産学会秋季大会. 2016年9月8-11日, 奈良市, 日本.
  119. 大久保 信幸, 外丸 裕司, 山口 晴生, 坂本 節子, 持田 和彦. マダイ鰓の培養細胞を用いた赤潮藻の毒性評価法の開発:培養鰓細胞の微細構造ならびにKarenia属2種の毒性. 平成29年度日本水産学会春季大会, 2017年3月26-30日, 東京都港区, 日本.
  120. 井上 裕太, 玉井 重信, 山本 福壽, 山中 典和, 田中 憲蔵, 市栄 智明. 南米半乾燥地原産マメ科3樹種の乾燥に対する成長と葉の水分生理. 第128回 日本森林学会大会. 2017年3月26-29日, 鹿児島市, 日本.
  121. 井上 裕太, 市栄 智明, 田中 憲蔵, 米山 仰, 熊谷 朝臣, 中静 透. 操作実験による土壌の強度乾燥がフタバガキ科巨大高木の葉の水利用に及ぼす影響. 第26回 日本熱帯生態学会年次大会. 2016年6月17-19日, つくば市, 日本.
  122. 市栄 智明, 本家 直人, 五十嵐 秀一, 安江 恒. 高知大学演習林(嶺北フィールド)におけるヤマザクラの衰退原因の検討. 第128回 日本森林学会大会. 2017年3月26-29日, 鹿児島市, 日本.
  123. 市栄 智明, 小川 智子, 岩崎 弘晟, 田中 壮太, 櫻井 克年. 土壌物理性の違いがタイ北部チーク植林木の成長に与える影響. 第26回 日本熱帯生態学会年次大会. 2016年6月17-19日, つくば市, 日本.
  124. 市浦 英明, 中岡 広子, 大谷 慶人, 小西 孝義, 平岡 利夫, 亀田 範朋. オゾンを活用した使用済み紙おむつのリサイクル技術. 第83回 紙パルプ研究発表会. 2016年6月22-23日, 東京都, 日本.
  125. 浅野 純平, 長谷川 雄基, 松本 拓, 山本 昌宏, 谷村 成, 高橋 慶吉, 佐藤 周之. けい酸塩系表面含浸材によるひび割れからの透水抑制効果. 平成28年度 農業農村工学会大会講演会. 2016年8月30日-9月2日, 仙台市, 日本.

受賞 --- Awards

  1. 湯浅美咲 (松岡真如指導学生):平成29年度四国森林・林業研究発表会奨励賞「UAVを用いた樹冠投影図の作成」(2018年1月)
  2. 秋田もなみ (足立亨介指導学生):日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム (International Symposium "Fisheries Science for Future Generations") the Best Student Presentation Award「Biochemical characteristics of type I collagen of seven fish species from various habitat temperatures and its role in adaptation to water temperature」(2017年9月)
  3. 久保穂波 (池島耕指導学生):日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム (International Symposium "Fisheries Science for Future Generations") the Best Student Presentation Award「Plastic Pollution on sandy beaches in the Republic of Palau」(2017年9月)
  4. 藤原 拓:日本学術振興会 科学研究費助成事業審査委員平成29年度表彰者(2017年9月)
  5. 藤原 拓:日本水環境学会 平成27年度日本水環境学会技術賞(2016年6月)
  6. 廣瀬 友香 (市浦英明指導学生):第28回 日本木材学会 中国・四国支部研究発表賞(展示発表)(2016年), 「イオン液体を活用した活性炭含有紙の耐水性と水環境浄化能」(2016年9月)
  7. 野村洋平 (藤原拓指導学生):Challenges in Environmental Science & Engineering(CESE-2016) Best Student Oral Presentation Award (2016年11月8日)
  8. 川原 悠 (市浦英明指導学生):第67回 日本木材学会 最優秀運営委員長賞, 「排水中の医薬品を選択的に吸着する機能紙の開発」 (2017年3月)
  9. 川原 悠 (市浦英明指導学生):第28回 日本木材学会 中国・四国支部研究発表賞(口頭発表)(2016年), 「界面重合反応および分子インプリント法を活用した水環境浄化シートの開発」 (2016年9月)
  10. 井上 裕太 (市栄智明指導学生):第26回 日本熱帯生態学会年次大会 優秀発表賞「操作実験による土壌の強度乾燥がフタバガキ科巨大高木の葉の水利用に及ぼす影響」

新聞報道 --- Press reports

  1. 日本下水道新聞(平成29年4月5日, 平成29年8月9日, 平成29年9月13日, 平成30年1月3日, 平成30年1月17日, 平成30年1月24日, 平成30年2月7日)(藤原 拓)
  2. 水道産業新聞(平成30年2月5日)(藤原 拓)
  3. 日本経済新聞(平成30年2月2日)(藤原 拓)
  4. 高知新聞(平成30年1月30、平成30年1月26日)(藤原 拓)
  5. 日本経済新聞(平成29年11月29日)(池島 耕)
  6. 高知新聞(平成29年8月16日)(佐藤周之)
  7. アジア経済ニュース(平成29年3月2日)(佐藤 周之)
  8. 日本経済新聞(平成28年12月6日)(市浦 英明: ユニ・チャームとの共同研究)
  9. 日本下水道新聞(平成28年7月20日)(藤原 拓)
  10. 水道産業新聞(平成28年6月27日)(藤原 拓)

地域貢献 --- Regional contribution activities

  1. 平成29年度樹木医セミナー講師「森林の生態と樹木のストレス応答」, 2017年6月4日, 四国森林管理局.(市栄 智明)
  2. フィールドクリーニングパーティー・石土池の自然を守る会主催「清掃活動・調査見学」(齋 幸治)
  3. 京都工芸繊維大学「災害時における京都の建築と水─外国人観光客の大震災時シナリオライティング」2017年7月5日-7日 ゲスト講師(藤原 拓)
  4. 四国オープンイノベーションワークショップin松山におけるポスター掲示 2016年11月2日(足立 亨介)
  5. 高知南高等学校高大連携事業講師「私たちの暮らしと水」2016年6月20日(藤原 拓)
  6. 高知県より大学院博士課程学生の受け入れ内定(足立 亨介)
  7. マングローブワークショップ (Tropical Mangrove Workshop for students in ASEAN-FEN member, May31-June10 2016, 於Trang, Thailand) 講師(池島 耕)
  8. 高知大学-四国森林管理局連携シンポジウム「森林調査の現実と未来」での講演「四国における地理情報の整備と活用」, 2016年4月26日, 高知大学物部キャンパス. (松岡 真如)

科学研究費補助金 --- Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(A))(17H01477)「東南アジア熱帯林全域の炭素貯留能力を解明する」(平成29-32年度)(市栄智明:分担)
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(17H01893)「バイオフィルム内のN2O生成・消費機構の解明と排出削減が可能な排水処理技術の開発」(平成29年度-31年度)(藤原 拓:分担)
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(17H01933)「アグロフォレストリーのための統合ボクセルモデルの構築」(平成29年度-31年度)(松岡真如:分担)
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(17H04623)「東南アジア熱帯二次林の現存量や生物多様性の回復可能性に関する定量評価研究」(平成27年度-31年度)(市栄智明:代表, 松岡 真如:分担)
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(17H04632)「ブータン王国の農業用水需給バランス評価と棚田地形を活かした小規模貯水施設の開発」(平成29年度-31年度)(佐藤 周之:分担)
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C))(17K07843)「複雑な立体構造をもつ森林の放射伝達機構の解明:分散球群と複数の衛星を用いた解析」(平成29年度-31年度)(松岡 真如:代表)
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(A))(16H02372)「逆浸透濃縮排水処理の省エネルギー化を実現する回転円板型促進酸化装置の開発」(平成28年度〜30年度)(藤原 拓:代表, 張 浩:分担)
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(16H04963)「微生物ループを利用するスルメイカの初期生活史の解明」(平成28年度-30年度)(足立亨介:分担)
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(16H04998)「集落排水汚泥と汚泥再利用過程における生活排水由来医薬品の存在実態と対策手法の解明」(平成28年度-30年度)(藤原 拓:分担)
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C))(16K07795)「東南アジアの熱帯山地林と低地熱帯雨林樹木の高温・乾燥耐性の解明」(平成28〜30年度)(市栄智明:分担)
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C))(16K07810)「水環境浄化シートへの適用を目指したイオン液体を活用した新規湿潤紙力増強法の確立」(平成28-30年度)(市浦 英明:代表)
  12. 科学研究費助成事業(若手研究(A))(16H06100)「河川と下水道の連携による雨水管理技術の開発とタイムライン防災への応用に関する研究」(平成28年度-31年度)(張 浩:代表)
  13. 科学研究費助成事業(若手研究(B))(16K18745)「途上国で漁業者が資源管理組織に参加するインセンティブを探る」(平成28年度-31年度)(堀 美菜:代表)
  14. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)(16K14962)「海洋生物生産の支配因子リンは微生物群の還元により変動しているか」(平成28年度-30年度)(山口 晴生:代表)
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(A))(15H02645)「アブラヤシ農園の拡大が東南アジア熱帯林の水・炭素循環に与えるインパクト」(平成27年度-30年度)(市栄智明:分担)
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(15H02856)「地球観測データ統融合化のための高次標準化理論の構築および手法の開発」(平成27年度-30年度)(松岡 真如:分担)
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(15H05144)「変容するコネクティビティと生業からみたカンボジア農村社会の生存基盤に関する研究」(平成27年度-29年度)(堀 美菜:分担)
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C))(15K07578)「イカ類の正常発生に必須な輸卵管中の卵膜膨張誘発因子の特定」(平成27年度-29年度)(足立 亨介:代表)
  19. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)(15K14780)「フーリエ変換赤外分光光度計によるデトリタスの組成および起源解析法の開発」 (平成27年度-29年度)(池島 耕:代表, 足立 亨介:分担)
  20. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)(15K14823)「高有機質土壌を対象とした性能照査型セメント改良工法の開発」(平成26年度-29年度)(佐藤 周之:代表)
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(A))(26251042)「開花遺伝子発現量と土壌・植物養分条件の統合分析による一斉開花機構の解明」(平成26年度-29年度)(市栄 智明:分担)
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(26281062)「サンゴ礁を守る海洋保護区の設計:住民による共的管理と公共セクターの役割」(平成26年度-28年度)(堀 美菜:分担)
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(26292101)「海産珪藻の死滅・減衰を巡る生態過程の徹底解明−物理・化学的制限要因とウイルス感染」(平成26-28年度)(山口 晴生:分担)
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(C))(26520308)「カニ類と微生物の連携的なセルロース分解に着目したマングローブ炭素循環モデル」(平成26年度-29年度)(足立 亨介:代表, 池島 耕:分担)
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(25292121)「紅藻由来フィコエリスリンの脳機能改善作用とそのメカニズムの解明」 (平成25年度-28年度)(足立 亨介:分担)

受託研究 --- Funded researches

  1. 高知市東部環境保全の会受託研究「多面的機能支払交付金に関する絶海池・周辺流入水路の水質査及び生態系調査」
  2. 平成29年度高知県産学官連携他分野利用促進事業費補助金「ファインバブルの革新的利用に基づく地方創生事業を目指した研究開発」(藤原 拓:分担)
  3. JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力研究プログラム: バングラデシュ国における高潮・洪水被害の防止軽減技術の研究開発(平成29年度)(張 浩:分担)
  4. 水産庁受託事業(共同)「平成29度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業」(山口 晴生:分担)
  5. 平成27年度 第1回探索試験 マッチングプランナー プログラム「短期間の蓄養によってアスタキサンチン高蓄積するクマエビを作り出す」(平成27年度-28年度)(足立 亨介:代表)
  6. 株式会社ZnOラボ「梼原町小水力発電調査」(平成28年度)(佐藤 周之:代表)
  7. JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力研究プログラム: バングラデシュ国における高潮・洪水被害の防止軽減技術の研究開発(平成28年度)(張 浩:分担)
  8. 国土交通省下水道技術研究開発(GAIAプロジェクト)「消化汚泥の肥料利用に関する研究」(平成26-28年度)(藤原 拓:代表)
  9. 平成28年度高知県産学官連携他分野利用促進事業費補助金「ファインバブルの革新的利用に基づく地方創生事業を目指した研究開発」(藤原 拓:分担)
  10. 平成28年度高知県産官学連携産業創出研究推進事業「総エネルギ量の省力化を図った正浸透法による海水の淡水化システムの実用化研究」(藤原 拓:分担)
  11. 水産庁受託事業(共同)「平成28度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業」(山口 晴生:分担)

助成金 --- Research grants

  1. ニッセイ財団若手研究・奨励研究助成「ケヤキの環境応答メカニズムと地理的変異に関する統合的解析研究」(市栄 智明:代表)
  2. 河川財団河川基金助成「四万十川流域における沈下橋の防災と維持管理技術の開発に関する研究」(平成28年度-29年度)(張 浩:代表)
  3. (財)クリタ水・環境科学振興財団助成課題「真夏の休眠による海洋牧草のサバイバル戦略を検証する」(平成28年度-29年度)(山口 晴生:代表)

共同研究 --- Joint researches

  1. 佐藤 周之, 2件(2017年)
  2. 藤原 拓, 4件(2017年)
  3. 市浦 英明, 3件(2017年)
  4. 市浦 英明, 2件(2016年)
  5. 佐藤 周之, 2件(2016年)
  6. 藤原 拓, 4件(2016年)

寄付金 --- Donations

  1. 藤原 拓, 2件(2017年)
  2. 佐藤 周之, 3件(2017年)
  3. 市浦 英明, 1件(2016年)
  4. 佐藤 周之, 3件(2016年)
  5. 藤原 拓, 1件(2016年)

その他 --- Others

  1. 市栄 智明:NHK BS プレミアム「体感!グレートネイチャー」「探検!密林の下の巨大迷宮〜マレーシア・ボルネオ島〜」2016年7月16日(土) 午後9:00-午後10:30.
  2. 藤原 拓:日本下水道協会「ビストロ下水道推進戦略チーム会合・特別企画ビストロ下水道セミナー(平成29年度)」コメンテーター. 平成29年8月4日, 東京ビックサイト, 日本.
  3. 藤原 拓:国土交通省・環境省「アジア汚水管理パートナーシップ(AWaP)設立準備ワークショップ」議長. 平成29年12月13日, ヤンゴン, ミャンマー.

information

革新的な水・バイオマス循環システムの構築

〒783-8502
高知県南国市物部乙200 高知大学・農林海洋科学部
TEL.088-864-5114
FAX.088-864-5200