English

JICA国際研修

平成26年度

 

国際協力機構の課題別研修「総合防災行政コース」を実施(2014年9月8日)

 高知大学は今年度、独立行政法人国際協力機構(JICA)から課題別研修「総合防災行政コース」を受託し、8月12日から9月3日まで高知県、東北の被災地を中心に研修を実施しました。  JICA研修事業は、開発途上国の国づくりを担うリーダーたちを招き、日本の様々な課題解決策を探ってもらう我が国のODA事業の一つです。

 今回の研修コースは、主に津波災害が予測される11か国15名の行政官を招き、南海トラフ大地震に焦点をあて、その発生のメカニズム、規模と想定被害状況、国・県・市町村の防災対策について講義と視察により理解し、研修成果の自国への応用について話し合い、それぞれの研修員が帰国後、各国の防災対策のアクションプランを作ることを目的に実施したものです。

 研修を受けた研修員からは、「日本の災害を未然に防ぐ取り組みそのものが印象的。帰国後は、多くの国民に防災の大切さを伝えたい」、「東北地方の被災地の様子をテレビで見ていた。津波の威力に驚いた。関係機関が連携した復旧対応に感銘を受けた。自国でも活かせられると思う」といった感想が寄せられました。

 また、高知県滞在中は地元の食を楽しんだり、本学学生との交流活動にも積極的に参加してもらい、幅広く高知県を経験してもらうことができました。

総合防災行背コース開講式 仮設住宅で暮らす方々との意見交換会
雲ができる仕組み 剣道部の早朝練習を見学

 

 

 

国際協力機構の課題別研修「“子どもの学びを保障する”へき地教育の振興-MDGs/EFAの達成に向けて」を実施(2014年10月1日)

 高知大学は今年度、独立行政法人国際協力機構(JICA)から課題別研修コース「“子どもの学びを保障する”へき地教育の振興-MDGs/EFAの達成に向けて」を受託し、9月4日から9月17日まで研修を実施しました。12ヶ国19人が参加しました。

 JICA研修事業は、開発途上国の国づくりを担うリーダーたちを招き、日本の様々な課題解決策を探ってもらう我が国のODA事業の一つです。

 今回の研修コースは、中山間地域の過疎化・高齢化、人口減少が進む、全国でも有数のへき地校の割合が高い高知県をフィールドに、自治体や学校、本学が持つ知見や経験を、研修コースの中にも織り交ぜてプログラムを策定し、実施いたしました。研修員は日本のへき地教育の現状を認識し、課題解決のための取り組みを講義と視察、ワークショップなどにより理解しました。

 研修を受けた研修員からは、「複式学級を担当する先生方の用意周到な授業準備に感動した。」、「子どもたち自身が自分の学校・教室を掃除したり、給食の準備をしたりする場面を見させてもらった。これならば特別な予算は必要なく、すぐにでも取り入れられることだ」といった感想が寄せられました。

 また、高知県滞在中は地元の食を楽しんだり、本学学生との交流活動にも積極的に参加してもらい、短い研修期間ながら、幅広く高知県を経験してもらうことができました。

JICA1
JICA2 JICA3

 

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア