【トピックス】2017年1月18日 さくらサイエンスプランによる学長表敬訪問

2017年1月18日

  1月18日(水)に、科学技術振興機構(JST)の国際交流支援事業「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」(さくらサイエンスプラン)により招へいしたフィリピン、台湾からの研究者、大学院生など10名が脇口学長を表敬訪問しました。

 このプログラムは、本学の大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻が、さくらサイエンスプランの採択を受けて、1月16日から23日にかけて行うものです。
 今回は「持続型社会の構築を目指した沿岸・海洋管理研究最前線学」をテーマに、黒潮流域圏国の若手研究者を招へいし、我が国及び本学の最先端の海洋研究に触れ、講義や体験実習を通じて海洋科学技術への関心を一層深めていただくことを目的としています。

 表敬訪問では、脇口学長から、「高知大学は、東南アジアとの交流を重視しており、今回、黒潮流域圏のフィリピンと台湾より海洋研究に携わる皆さんをお迎えし、高知大学が誇る最先端の研究に触れていただくことは、大変嬉しく思います。この機会が、高知大学に留学して頂くきっかけになることを期待し、また今後の皆さんの研究者としてのご活躍をお祈りします。」とのメッセージが送られました。

--------------------------------------------------------------------------------

※科学技術振興機構(JST)「さくらサイエンスプラン」とは、産学官の緊密な連携により、優秀なアジアの青少年が日本を短期に訪問し、未来を担うアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目指します。そしてアジアの青少年の日本の最先端の科学技術への関心を高め、日本の大学・研究機関や企業が必要とする海外からの優秀な人材の育成を進め、もってアジアと日本の科学技術の発展に貢献することを目的としています。(さくらサイエンスプランのホームページhttp://ssp.jst.go.jp/outline/index.htmlから引用

 

様子1
様子2 

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア