2018.07.14-15 希望創発研究会(7月例会)を実施

2018年7月23日

B6happyou.jpg

 

 7/14(土)-15(日)、高知城ホールにて、希望創発研究会(7月例会)を実施しました。今回も、東京等県外参画社員、高知参画社員、大学院生を中心とした学生、その他関係者の延べ66名と多数の参加となりました。

 

Aohara.jpg

 

Ahandasujinashi.jpg

 

1日目
【Aテーマ(持続型・安全・安定食糧生産システムの開発と高知からの発信)】
 前週の大雨の影響で、予定していた現場訪問は行えませんでしたが、株式会社とされいほく取締役・半田州甫氏による『林業の現場とは』をお聞きし、その後、高知県木材産業振興課・小原忠氏による『林業の現状と課題』として、高知県の林業の現状を様々なデータを元にお聞きしました。普段触れることの少ない林業について学び、産業としての林業、環境としての森林を深く考える1日となりました。

 

B6happyou.jpg

 

B6happyou_2.jpg

 

【Bテーマ(医療・介護分野での課題解決)】
 3つのチームがそれぞれ、自らが課題と感じているテーマを決め、これまで探求をしたことを披露する中間発表として、『プロジェクト報告会』を行いました。


 これまでに各自が行ったヒアリングやアンケート結果から見えてきた現状を踏まえ、未来を考える、とても難しい取り組みに、発表者とオーディエンスが一体となって、考えを深め、広げる時間となりました。

 

hiroishi.jpg

 

2日目
 『問いの立て方』を改めて学び、実践するセッションとして、講師に広石拓司氏(株式会社エンパブリック代表取締役)をお迎えしました。

 

 その後、A、Bと分かれて、8月例会につながる取り組みがなされました。

 

 次回の8月例会は、合宿形式で行います。参画社員さんからは、「学生の時を思い出すようで楽しみ」という声も聞かれ、信頼関係を更に深めると共に、じっくりと腰を据えて考え抜く時間になることを期待しています。
 
Agropwork_1.jpg

 

Agropwork_2.jpg

 

Bgropwork_1.jpg

 

Bgropwork_2.jpg

 

Bgropwork_3.jpg

 

Bgropwork_4.jpg

 

 

 

 

 

 

センター紹介

希望創発教育研究
システム

在学生の皆さんへ

企業の皆さまへ

AED設置場所