希望創発研究会テーマ 

希望創発研究会テーマ(2018年度)

Aテーマ 持続型・安全・安定食糧生産システムの開発と高知からの発信

●人々が健康で、幸せに人生を送る事ができる「食」を提案する。
●高知大学の固有先端技術と高知県の恵まれた農林水産資源を有機的に結び付け、次世代食糧生産システムを提案する。特に枯渇が指摘される水産資源の現状について分析研究する。専門的な生産課題対応の中でも、安全な流通、消費などの観点も含めた提案を行う。

 

gyogyo1.JPG  gyogyo2.JPG

 

Aテーマ(持続型・安全・安定食糧生産システムの開発と高知からの発信)では、6月に高知県須崎市野見湾の養殖場の現場訪問を行い、海上の養殖場で餌やりを見学した後、漁業の日常の仕事や課題について現場で話をお聞きしました。

高知市内に戻り、養殖場を経営されている久保氏の話をすじなし屋形式で伺いました。


Bテーマ: 医療・介護分野での課題解決
●医療・介護の課題を広く俯瞰して重点とする課題解決対象のセグメントを決定する。
●病院・介護施設・製薬・罹患者と言った専門的課題対応のみに焦点を当てるのではなく、予防や家族支援等も含めた社会の営みの全体像に対する俯瞰的視点から『切実なニーズ』への対応を検討する。

 

B1.JPG  B2.JPG

 

Bテーマは、7月に3つのチームがそれぞれ、自らが課題と感じているテーマを決め、これまで探求をしたことを披露する中間発表として、『プロジェクト報告会』を行いました。

これまでに各自が行ったヒアリングやアンケート結果から見えてきた現状を踏まえ、未来を考える、とても難しい取り組みに、発表者とオーディエンスが一体となって、考えを深め、広げる時間となりました。


 過去の研究テーマ

 

 

問い合わせはこちら

kibou●kochi-u.ac.jp

(●を@に変えて送信してください。)

センター紹介

希望創発教育研究
システム

在学生の皆さんへ

その他

AED設置場所