企業の皆さまへ

高知大学は、本年4月、「産官学、文理、高知・東京等の協働による全く新しい、高知大学を拠点とする希望創発エコシステム」を旨とする希望創発センターを開設いたました。

 

本センターは、

 

常識を疑い、本質に迫る「問い」を立て、仮説・検証型のワークショップ等を通して「希望を作れる人材」の育成インフラ(モデル)を作り、それを全国に発信する

 

ことを目指し、下記方針の下、イノベーションの持続的創発を狙いとした「希望創発エコシステム」(ecosystem;生態系)構築を共通テーマに、センターの教育研究システムと学外ネットワークを有効に連動させる仕組みを構築いたしました。以下の図は、その概要図です。


  ① 俯瞰的な視点から社会の問題を捉える
  ② 多様な人材と多様な社会インフラを融合することによって、問題の本質的かつ具体的解決策を見出す
  ③ 見出した解決策を、ビジネスを含む実際の社会的活動の場に落とし込む
  ④ 上記プロセスを通して、その意志と能力を培い、信念と希望に満ちた学生・企業人・地域社会人を育成する

 

 パワポ原700サイズ2jpeg.jpg

概要図PDF.pdf(628KB)

 

○ 来年度の協働パートナー企業様の募集について


協働パートナー企業様には、システムの核である「希望創発研究会」に自己負担にて社員1名を派遣いただいています。

その研究会は、活動の質を担保するため、社会人と学生それぞれ8名程度を適正規模としていることから、現時点では、協働パートナー企業様を来年度新たに募集するかはまだ決まっておりません。本事業に関心をお持ちいただいた企業様には、大変申し訳ありません。

 

○ 派遣の取り扱いについて


本センターの今年度の派遣の扱いは以下の通りとなっています。参考までに、ご覧いただければ幸いです。

 

派遣期間

・ 1年間(2018年4月~2019年3月)
※ 但し、期間終了後の延長派遣は可能

 

■派遣期間中の業務負荷

・ 1回/月程度(基本土日)希望創発センターに出張し、講義、グループワーク等を実施
・ 上記以外のグループ単位での活動は、遠隔ツールやSNSを利用して随時実施

 

■派遣期間中の費用負担

・ テーマに関する資料代、及び研修費用は、希望創発センターが負担

 

■派遣者の人選

・ 貴社の将来を担う人材
・ 面接などの事前選抜はなし

 

センター紹介

希望創発教育研究
システム

在学生の皆さんへ

その他

AED設置場所