高知大学における新型コロナウイルスワクチン職域接種の実施方針

 

高知大学における新型コロナウイルスワクチン職域接種の実施方針

 

令和3年6月30日

高知大学危機対策本部

 

 新型コロナウイルスワクチン接種について、地域の負担を軽減し、接種の加速化を図るため、企業や大学等において職域単位での接種が可能となった。

 本学としても、学生や教職員の命と健康を守り、一刻も早く正常な教育・研究活動等ができるようにするため、また、大学構成員の感染を抑えることで社会の感染拡大の防止に貢献するためにも、本学の学生、教職員等の希望者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施する。

 

 

1.実施方針

1)理事(研究・評価・医療担当)及び保健管理センター所長のもと、関係する部署が連携し、本学医学部及び医学部附属病院の協力を得て、希望者全員がワクチンを接種できる体制を構築する。

2)対象者に対し、接種の方法、注意点、メリット・デメリットを確実に周知し、安心してワクチン接種ができる環境を整え、一人でも多くの構成員にワクチン接種を希望してもらえるよう努める。

3)ワクチン接種は、接種を希望する者に対して実施するものであり、ワクチン接種を強要することや、接種をしない者が不利益を受けることがないよう構成員に啓発する。

4)高知県内や学内の感染状況により、高知県や本学の警戒レベルが上がった場合でも、ワクチン接種は継続して実施する。

5)ワクチン接種及び接種後の副反応により学業や業務への影響があった場合は、構成員の不利益とならないよう取り扱う。

 

2.接種期間等(予定)

  ※ワクチンの供給状況により、接種期間が変更となる可能性がある。

  ◆1回目:7月26日(月)~8月20日(金)

       【平日】14:00~17:00  300人/日

        ※8月10日(火)~8月13日(金)の夏季一斉休業期間も実施する。

  ◆2回目:8月23日(月)~9月17日(金)

       【平日】14:00~17:00  300人/日

 

 

3.接種会場

  高知大学医学部附属病院(岡豊キャンパス)

  ※キャンパス間の移動は借り上げバスを使用する。なお、自家用車、公共交通機関利用による移動を妨げるものではない。

 

4.対象者

 1)高知大学に在籍する学生(科目等履修生、研究生等を含む)

 2)高知大学に在籍する役員・教職員(附属学校園の教職員、非常勤講師を含む)

 3)高知大学内で日常的に業務を行う者(大学生協職員、放送大学職員、派遣職員等)

 

5.ワクチン

  政府より配付されるモデルナ社製ワクチン

  ※モデルナ社製ワクチンは18歳以上が対象となるため、大学生以上を接種対象とする。

 

6.その他

 本学での接種ではなく、市町村が実施する一般接種や他の職域接種等を選択することもできる。

 

 

 

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所