令和2年度第2学期の授業等について

1.第2学期の授業実施方法について

 10月2日(金)から開始される第2学期の授業は、新型コロナウイルス感染症対策(「3密」を避けるなど)を講じたうえで、対面による授業(対面による授業とオンライン授業の併用(ハイブリッド型)を含む)を再開します。ただし、感染防止策を講じたうえで、すべての授業を対面で実施することは難しい*ので、下の表に示す実施方法で授業を行います(*ソーシャルディスタンスを確保するため、教室では1m程度間隔を空けて着席することから、教室の収容定員が通常の3分の1程度となるため)。

 

授業の区分 実施方法
初年次科目(学問基礎論、課題探求実践セミナー、大学英語入門、英会話)及び演習形式の共通教育科目 原則、対面による授業(対面とオンラインの併用型授業を含む)で実施予定
初年次科目以外の講義形式の共通教育科目 原則、非同期型(オンデマンド)オンライン授業で実施予定
学部専門科目、大学院授業科目 対面による授業かオンライン授業(同期型または非同期型)かは、それぞれの授業科目によって異なります。

 

各授業の実施方法(対面授業、同期型授業、非同期型授業など)は、履修登録開始時までにKULASを通じてお知らせします。

 

今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、対面による授業をオンライン授業に変更することもあります。

 

2.第2学期の履修登録期間について

 履修登録期間:9月17日(木)~24日(木)<当初9月24日(木)~28日(月)>

※教室の割振りなどの調整に時間を要するため、第2学期の履修登録期間を当初予定より1週間前倒しします。

 

3.第2学期の履修登録の上限単位数の特例措置について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、第1学期から第2学期に開講時期が変更となった授業科目があることから、第2学期の履修登録上限単位数を「26単位」とします。

 

4.第2学期の授業期間及び試験期間について

授業期間:10月2日(金)~1月24日(日) <当初10月2日(月)~1月29日(金)>
試験期間:1月25日(月)~2月5日(金) <当初2月1日(月)~5日(金)>
※第2学期の試験を対面により実施する場合、教室数が不足することが想定されるため、試験期間を2週間とし、分散実施します。このことにより、第2学期の授業期間が14週となりますが、不足する1週分の学修は課題レポートを課すなどにより、単位認定のための学修時間を確保します。

 

5.第2学期の授業時間割について

 第2学期の授業時間は、キャンパス内食堂での昼食時の密を避けるため、昼休みの時間を20分延長しますので、以下のとおりとなります。

1時限 8:50~10:20
2時限 10:30~12:00
(昼休み 12:00~13:30)
3時限 13:30~15:00
4時限 15:10~16:40
5時限 16:50~18:20
6時限 18:30~20:00

 

6.教室の開放について

学内ネットワーク利用のための教室を開放します。具体的な教室名は、対面授業の教室割り振り後にお知らせします。

 

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所