令和3年度の課外活動について

令和3年3月16日

在学生の皆さんへ

理事(教育担当)  
岩崎 貢三    

 

令和3年度の課外活動について

 

 新年度を迎えるにあたり、各課外活動団体においても新体制で活動を行っていくことと思います。しかしながら、新型コロナウイルス感染症を取り巻く社会情勢を考慮すると、引き続き感染対策を講じつつ活動を行うことが必要です。そこで、令和3年度に課外活動を実施する場合の条件を下記のとおりとします。十分確認のうえ活動してください。

 

 

1.活動の条件
 以下の条件を満たすこと。
(1)公認団体は4月30日までに学生団体設立承認願を学生支援課に提出すること。

4月30日までは、過去に許可を受けた感染対策等を継続することを条件に活動を認めます。ただし、これまで課外活動再開許可を受けたことがない公認団体は、学生団体設立承認願を提出するまで活動を認めません。
その他の団体で学内において活動する場合は「感染対策実施計画届」を学生支援課に提出すること。

(2)上の(1)で提出した感染予防対策を適切に実施すること。また、「課外活動における新型コロナウイルス感染症予防に
   ついて」を熟読し、感染予防対策として団体で共有し、同時に実施していくこと。
(3)活動参加者が課外活動参加の条件を満たしていることを毎回確認のうえ記録し、責任者が保管すること。
   記録については、「活動記録簿」を参考にし、同様の内容を記録すること。

 

【様式】

感染対策等実施計画届.docx(21KB)
課外活動における新型コロナウイルス感染症予防について.pdf(433KB)
活動記録簿.pdf(130KB)

 

2.活動を認める内容・認めない内容
◇活動を認めないもの(体育系・文化系共通事項)
 団体として学内外で開催する飲食を伴う懇親会等

 

◇活動を認めるもの
●体育系サークル・同好会

(1)他大学との共同練習(当該他大学が課外活動を禁止していない場合に限る)
(2)学内外での合宿、高知県外への遠征等
(3)スポーツ大会、対外試合、学外者との練習試合等への参加(主催者が要項上で感染 防止策をとっている大会に限る)
(4)イベントや行事等の企画・開催(飲食を伴うものは除く)

 

 ●文化系サークル・同好会

(1)他大学との共同練習(当該他大学が課外活動を禁止していない場合に限る)
(2)コンサート、ライブ等への出場・参加(主催者が要項上で十分な感染防止策をとって いる催し物に限る)
(3)イベントや行事等の企画・開催(飲食を伴うものは除く)

 

※上記いずれにも該当しない活動の場合には、下記問い合わせ先に必ず確認をするようにしてください。
 また、大会やイベントへの参加・実施については、行事届を提出してください。

 

3.学内・学外の施設利用について
◇学内施設
 一部を除き、本学における屋内外施設の利用を全面的に許可します。
 ただし、施設の利用にあたっては、以下のとおり制限事項があります。

 

●体育施設

(1)人の密集、近距離での会話や発声を伴う活動は自粛すること。
(2)用具等の使用については、使用前後に消毒を行うとともに、学生間で不必要に使い回しをしないこと。
(3)可能な限り、最低2カ所の窓等を開け換気を行いながら活動すること。競技の性質上、常時の換気が難しい場合には定
   期的に換気を行うこと。
(4)更衣室の利用については、短時間で分散して順番に利用し、一斉に利用することは避けること。こまめな換気、触れた
   部分の消毒を行うこと。

 

●課外活動共用施設(部室棟)
 ※シャワー室については、引き続き利用不可とします。

(1)道具の搬出や着替えなど必要最低限の利用を基本とします。
(2)活動の実態によっては、部室での活動を認めますが、以下の点に留意してください。

・一度に利用できるのは5名程度までとする。密集を避けるため、時間帯を分けて順番に利用するなど工夫すること。
・口を使う楽器演奏、発声等を除いて、原則マスクを着用すること。ただし、体調や気温等に応じて適宜対応すること。な
 お、発声は飛沫感染のリスクが非常に高いため、できる限りフェイスシールド等を付けた上で、一人一人の間隔を空け、
 向かい合っては行わないこと。
・可能な限り、最低2カ所の窓等を開け換気を行いながら活動すること。音楽系の団体は、窓を開けての演奏・発声は騒音
 上の問題があるため禁止とするが、定期的に活動を止めて換気を行うこと。(換気の目安:30分に1回5分程度)
・用具等の使用については、使用前後に消毒を行うとともに、学生間で不必要に使い回しをしないこと。

 

 ●屋内施設(学生会館、合宿研修施設、樗クラブ、教室等)

①学生会館、合宿研修施設、樗クラブ、共通教育棟各教室の利用を認めます。ただし、共通教育棟の教室は授業実施状況等に
 より利用できない場合がありますので、事前に利用可否を確認するようにしてください。
②最低2カ所の窓等を開け換気を行いながら活動すること。
③原則マスクを着用のこと。
④使用前後に使用する机・椅子の消毒を行うこと。

 

◇学外施設

施設の利用を許可しますが、必ず以下の点に留意してください。
・施設側の定める感染症防止策に必ず従うこと。
・できるだけ人が少ない時間帯で利用すること。
・活動・休憩時等において、周囲に人がいる場合、必ず一人一人の間隔を2m以上保つこと。

 

4.活動実施にあたっての留意事項
◇「課外活動における新型コロナウイルス感染症予防について」を熟読し、感染予防対策を講じたうえで、実施すること。
◇活動参加者が課外活動参加の条件を満たしていることを毎回確認のうえ記録し、責任者が保管すること。記録については、
 「活動記録簿」を参考にし、同様の内容を記録すること。なお、活動記録は無作為に大学から提出を求める場合があります。
 その際に作成していないことが判明した場合は、活動停止を命じることがあります。
◇各競技団体等が策定している「競技別の感染症防止のガイドライン等」を確認し、それらの知見を活用し、練習メニューの計
 画等に反映させてください。
◇部員が「リスク管理のために不参加」と決断できるように配慮をすること。

 

【問い合わせ先・手続書類提出先】

(朝倉・物部キャンパス)学生支援課学生生活支援係 TEL:088-844-8149
(岡豊キャンパス) 学生課学生支援係  TEL:088-880-2528

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所