前のページに戻る

新型コロナウイルス感染者の発生について

 令和3年8月21日(土)、本院の病棟に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。
 本院では、ただちに管轄保健所と連携し、当該職員の接触者に対するPCR検査を実施し、全員の陰性を確認しておりますが、引き続き、接触者の健康経過観察を行うこととしております。
 これにより、当面の間、当該病棟への新規入院を制限させていただきますが、その他の病棟、外来及び救急等の診療体制については、感染防止対策を徹底した上で、通常どおりの対応を継続いたします。
 皆様には、ご心配とご不便をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます。
 今後も、新型コロナウイルス感染予防策を徹底し、感染防止に努めてまいりますので、何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

令和3年8月23日

高知大学医学部附属病院
病院長 執印 太郎

〈ホームに戻る〉