前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

タバコの害

<タバコの害>
 タバコには、5300種類以上の化学物質が含まれ、そのうち約200種類は有害物質、さらに70種類以上は発がん物質です。喫煙が、癌の原因となるのは言うまでもありませんし、慢性気管支炎、肺気腫といった、肺の病気になることも、よく知られています。 そのほかにも、有害物質の代表であるニコチンは、自律神経を狂わせ、血圧や脈拍の上昇を引き起こします。また、一酸化炭素や活性酸素を始めとする有害成分には、動脈硬化を進行させ、血液を固まりやすくさせるものがあります。よって、喫煙は心筋梗塞、脳卒中のほか、心房細動などの不整脈、下肢や肺血管の血栓症など、心臓や脳、血管に関係した病気の原因となります。大きな病気だけでなく、頭痛や手足のしびれ、皮膚のトラブルの原因になっていることもあります。女性の喫煙は、美容に悪いだけでなく、不妊や流産、早産、乳幼児の突然死の原因となります。
 タバコ煙を周囲の人が吸う受動喫煙は、喫煙者と同様の疾患や健康被害のリスクがあります。例えば、親が喫煙する子どもは気管支喘息や副鼻腔炎(蓄膿)になりやすいです。また、低体重児出産は、妊娠中の母親の喫煙だけでなく、夫の喫煙もリスクになることが分かっています。公共の場での喫煙が周囲の人の心臓発作や喘息を引き起こす可能性もあります。
<喫煙の本質:ニコチン依存症>
 喫煙の本質は、ニコチン依存症という疾患です。
 通常、人は気分を整えるための脳内の物質を、自らの力で調整することができます。しかし、ニコチンを使用すると、これらの物質を自分で調整することが難しくなり、ニコチンの効果が切れると、集中力の低下、いらいら、怒りっぽいなどの離脱症状(禁断症状)が出現します。これがニコチン依存症といい、タバコの身体依存にあたる部分です。
 場合によっては生活リズムの一部になってしまったり、気分的にもタバコに頼るようになります。喫煙者だけでなく、周囲の人も、これを「くせ」や「習慣」と同様に捉えがちですが、実はこれはタバコへの心理依存といえます。
【ニコチン依存症の治療:禁煙外来】
 タバコに対する身体依存と心理依存は、禁煙を困難にします。現在、喫煙はニコチン依存症として医療機関で治療を受けることができます。禁煙補助薬によって離脱症状(身体依存)を緩和しながら、医師や看護師らと正しい知識、生活や行動の工夫について相談することで心理依存にも対応します。これは、上手にタバコと縁を切るための良い方法と考えています。


◎ 著者プロフィール
氏名:北村 総子(キタムラ サトコ)
所属:高知大学医学部附属病院 総合診療部
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る