前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

関節リウマチについて

Q:関節リウマチとは、どのような病気なのか?
A:関節リウマチは関節が腫れて、痛みがでて、その状態が続くと、関節が破壊される病気です。一般的に30歳代~50歳代で発病する人が多く、男性1:女性3の割合で、女性に多い疾患と言われています。また、従来、関節の破壊は5〜10年程度の時間をかけて、ゆっくり進行する病気と言われていましたが、現在では関節リウマチを発症して、特に最初の1~2年の間に急速に関節の破壊が進行する事が、明らかになっています。

Q:関節リウマチの診断のポイントとは?
A:関節リウマチを発症した場合の代表的な症状は、手や足などの関節の痛みや腫れ、朝起きた時に関節が動かしにくい事(朝のこわばり)があります。関節以外の症状もあり、倦怠感(体のだるさ)、微熱、体重減少などがあります。早期の関節リウマチであればある程、その症状は他の病気との鑑別が難しい場合があります。例えば関節リウマチと同じように関節炎を起こし微熱が続く病気として、全身性エリテマトーデスや痛風、偽痛風などという病気があります。その他にも皮膚や腸、目の炎症、手や足以外に長引く腰痛など、多彩な症状が現れる脊椎関節炎と呼ばれる病気もあります。これらはごく一部で、これらの病気を含む“自己免疫疾患”や“自己炎症疾患”は認める症状がよく似ています。すなわち、“自己免疫疾患”や“自己炎症疾患”を専門的に診ている、いわゆる“リウマチ専門医”による早期診断が重要になります。 “リウマチ専門医”は、問診や様々な診察所見、専門的な検査などから、総合的に判断して診断を行います。

Q:最新の治療方針はどうなっているのか?
A:治療は以前と比べるとかなり進化しています。今では関節が壊れる前に、内科的に徹底的に治療することが、基本となっています。症状が現れてからすぐに適切な治療を受けて頂ければ、痛みなどの症状を抑え、関節破壊を防ぎ、または破壊のスピードを最小限に抑えることができます。実際に全く関節破壊が進まずに、良い状態を保っている患者さんも数多くおられます。関節リウマチの治療においては、関節リウマチが発症する前の状態を保つこと、つまり、普段通りの生活を送ることを目的に、積極的な治療を徹底的に行うことが最も重要となります。火事で例えると、ボヤの段階で徹底的に消火活動をすれば、大火事にならなくて済むということです。

Q:早期の徹底的な治療が、その後の生活の質に大きく関わってくるのか?
A:近年では、症状や病歴に合わせて、具体的な目標を定めた治療が重要とされています。関節リウマチの治療においては、数年前まで明確に治療目標が示されていませんでした。例えば糖尿病や高血圧では検査数値により病気と診断され、お薬により目標数値まで抑える治療が行われます。同様に、関節リウマチにおいても病気の勢いを数値化することによって、病気の状態を把握して、薬を使い分け、具体的な数値を目標として、病気をしっかりとコントロールする治療が行われるようになっています。これを“Treat to Target”と呼びます。この“Treat to Target”を取り入れた診療こそ、関節リウマチにおける最新の治療方針と言っても過言ではありません。

Q:治療方針の改革とともに、治療薬も進化しているのか?
A:一般的に関節リウマチと診断された場合、まずは抗リウマチ薬と呼ばれる内服療法を開始します。代表的な薬としてメトトレキサートという薬があります。メトトレキサートは世界中で、治療の中心を担う「アンカードラッグ」といわれています。その他にもいくつかの種類の内服薬があります。治療を開始して3〜6ヶ月以内に、寛解という痛みや腫れがない状態に至らない場合、生物学的製剤と呼ばれる注射薬を使うことができます。これらもいくつかの種類があり点滴や皮下注射などの薬があります。特に皮下注射薬は糖尿病のインスリン注射と同様で、自宅での治療が可能な薬となっています。

Q:症状が落ち着いたら治療はやめることはできるのか?
A:関節リウマチの治療では、いわゆる「寛解」状態を維持することが重要となります。症状が良くなったからといって薬を勝手にやめてしまうと、再び病気が進行してしまう可能性がありますので注意が必要です。つまり、関節リウマチでは基本的に治療を続けることが重要ですが、最近では薬を休薬、減量、もしくは投与期間を延ばしても、「寛解」を維持できるといったケースが経験され、リウマチ専門医の間でも注目が集まっています。どのような患者さんであれば、薬をやめたり、投与期間を延ばしたりできるのかについては、まだ研究が続けられている段階ですが、発症して治療を受けるまでの期間が短ければ短いほど、その可能性は広がると考えられています。


◎ 著者プロフィール
氏名:谷口 義典(タニグチ ヨシノリ)
所属:高知大学医学部附属病院 腎臓・膠原病内科/リウマチセンター
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る