前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

がん治療と妊よう性温存

 がん治療の進歩により以前は不治の病とされてきたがんでも、寛解し長期の生存が見込める患者さんが増え、がん治療の長期的な影響に目が向けられるようになってきました。そのひとつが、生殖機能の低下です。
 がん治療後の妊娠の難しさは、治療を受けている間に年齢を重ね、妊孕能が低下する場合もあるが、若くてもがん治療そのものが卵巣や精巣に障害を与え、妊孕能を低下させてしまうことがあります。一度低下した妊孕能の回復は難しく、妊孕能には個人差もあり、治療後にどのくらい妊孕能が低下するのかは、治療を開始した年齢や治療内容によって異なります。女性ではあらかじめ卵巣に保存されている卵子が障害されたり減少するなどして、妊孕能が低下します。また月経が来ていても妊娠できないことがあります。男性ではがん治療により主に精巣での造精機能が低下するといわれています。
 ここ数年、がん治療による妊孕能(生殖機能)低下にも対策がとることが求められてきており、治療前に情報提供がなされ、将来の妊娠を希望する患者が治療前に妊孕能を保存する治療、妊孕性温存療法あるいは生殖機能温存療法を受けることができるようになってきました。 具体的には女性の場合は卵子あるいは卵巣、結婚していれば夫の精子と受精させて受精卵を凍結保存し、男性では精液中の精子を凍結保存する方法があります。
 受精卵凍結は現在の不妊治療でもされている治療であり、妊娠率は通常の不妊治療とほぼ同等と言われています。未婚女性に行われる卵子凍結は、受精卵凍結よりは妊娠率がやや劣るが、妊娠例の報告も増えてきており、多数の卵子を確保することが妊娠できる可能性を高めます。しかし、通常の不妊治療同様に排卵誘発剤での卵巣刺激が必要であったり、採卵といった侵襲的処置が必要になります。また卵子凍結も受精卵凍結も治療に2週間くらいかかります。一方、卵巣凍結は腹腔鏡手術で卵巣を摘出し凍結保存しておきます。婦人科診察が難しい小児や治療開始まで時間がない症例が適応になるが、腹腔鏡手術が必要になり、また現時点では将来凍結した卵巣を体内に移植することを前提としており、がんの卵巣転移などのリスクが問題となります。
 現在妊孕性温存療法はずべて自費で行われており、実施できる施設も限られています。
 治療までの時間の制約や経済的・地理的な問題もあり、妊孕性温存療法はすべてのひとが恩恵を受けられる治療では今はないかもしれないが、全国各地で妊孕性温存療法のネットワークができたり、助成金を出している自治体が増えてきており、今後さらに広がっていくと思われます。


◎ 著者プロフィール
氏名:都築 たまみ(ツヅキ タマミ)
所属:高知大学医学部附属病院 産科婦人科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る