前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

タバコの害

<タバコの害>
 タバコには、5300種類以上の化学物質が含まれ、そのうち約200種類は有害物質です(70種類以上の発がん物質を含む)。代表的なニコチンは、依存性と血管収縮作用があります。他にも、神経、粘膜、血管などに影響し、高血圧、糖尿病、心筋梗塞や脳卒中、心房細動などの不整脈、足や肺血管の血栓症など、様々な病気を起こしやすく、治りにくくする物質が含まれています。頭痛や手足のしびれ、皮膚のトラブルの原因になっていることもあります。さらに、煙の主成分である一酸化炭素のために、体が酸素不足の状態にあり、だるさや疲れやすさの原因にもなっています。
<受動喫煙>
 燃えているタバコの先から出ている副流煙は、喫煙者が直接肺に吸い込む煙の数倍から数百倍の有害物質を含んでいます。この煙を吸うことを受動喫煙といい、喫煙者と同様の病気や体調不良の原因となりえます。
 例えば親が喫煙する子供は、気管支喘息や副鼻腔炎(蓄膿)になりやすいです。また、妊娠中の喫煙は、低体重児出産のリスクになりますが、母親だけでなく、父親の喫煙も、影響があることがわかっています。また、公共の場での喫煙は周囲の人の心臓発作や喘息を引き起こす可能性もあります。
<ニコチン依存症>
 一般的に、喫煙を癖や習慣と同じように捉えがちですが、喫煙は、タバコに含まれる「ニコチン」の依存症です。
 ニコチンの効果が切れると、集中力の低下、いらいらなどの離脱症状(禁断症状)が現れ、それを改善するために喫煙します。これを繰り返すのが、タバコ(ニコチン)の身体依存にあたる部分です。
 そして、場合によっては生活リズムの一部になってしまったり、気分的にもタバコに頼るようになります。これは、タバコへの心理依存といえます。
 いわゆる新型タバコと呼ばれる非燃焼式・加熱式タバコもニコチンを含むものは同様です。
【ニコチン依存症の治療:禁煙外来】
 煙はニコチン依存症として医療機関で治療を受けることができます。禁煙補助薬によって離脱症状(身体依存)を緩和しながら、医師や看護師らと正しい知識、生活や行動の工夫について相談することで心理依存にも対応します。これは、上手にタバコと縁を切るための良い方法と考えています。

  たばこは、身分や周囲の人達の健康に悪影響を及ぼすのはもちろん、ニコチン依存症という観点から、生活や気分を損なうものでもあります。サポートが必要な方は、禁煙外来を受診するなどして、勇気を出して禁煙してみてください。


◎ 著者プロフィール
氏名:北村 聡子 (キタムラ サトコ)
所属:高知大学医学部附属病院 総合診療部
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る