前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

患者さんに優しい腹腔鏡下肝切除術

 本邦では、2010年に腹腔鏡下肝部分切除、外側区域切除術という術式が保健収載されました。2016年4月にはさらに適応が拡大され、より複雑な肝臓手術が保険で認められるようになりました。一般に肝臓手術では無数の血管が肝臓内を走行しており、安全に手術を行うためには高度な技術が必要です。そのため開腹手術では大きな傷になりがちです。一方で腹腔鏡手術では傷が小さく、体への負担も少ないため術後の回復が早いというメリットがあります。
 しかしながら、腹腔鏡下肝臓手術は胃や大腸の腹腔鏡手術に比べると歴史は浅く、肝臓の腹腔鏡下手術と聞くと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、安全で患者さんに優しい腹腔鏡下肝臓切除術を概説したいと思います。

①腹腔鏡下肝臓手術ができる病気
肝臓にできる腫瘍で、肝細胞癌、大腸癌を中心とする転移性肝癌、肝内胆管癌が対象になります。血管腫や肝臓の嚢胞性腫瘍も場合によっては対象となることがあります。

②腹腔鏡下肝臓手術の方法
お腹に5-15mmの小さな穴を5、6か所ほど開け、腹腔鏡という専用の細長い内視鏡を用いてお腹の中をテレビモニターに映し出し、鉗子という特殊な細長い器具を用いて行う手術です。最後に切除した肝臓は穴の1つを数cm程度まで広げて体外に摘出します。 傷を大きくつける開腹手術に比べ、腹腔鏡下肝臓手術では「創が小さい」「術後の痛みが少ない」「術後の回復が早い」というメリットがあります。現に、高知大学で腹腔鏡下肝臓手術をうけられた患者様は術後平均5日で退院されており、これは開腹下肝臓手術の約半分でした。その他、①腹腔鏡で行うとよく見えるのでより緻密な手術が行える、②お腹の中に二酸化炭素を入れてお腹を膨らませながら手術を行うため、肝臓の静脈からの出血を減らすことができる、というメリットもあります。 ただ、直接手でさわりながら行う手術とは異なるため、開腹手術に比べると手術時間が長くなる可能性があります。

③腹腔鏡下肝臓手術の適応
腹腔鏡下肝切除術は全ての患者さんに行えるわけではありません。患者さんの状態や肝臓の病気の場所、大きさ、個数などを配慮する必要があります。また、おなかの手術の既往があり、高度の癒着が想定される場合にも腹腔鏡下手術が困難なことがあります。患者さんにとって何より安全な手術を提供すること、確実に病変を切除するためにそれぞれの患者さんに合わせた治療方針を決定することが最も大事です。

④高知大学での腹腔鏡下肝臓手術の現状と展望
高知大学は高知県でも有数の肝臓手術数を誇ります。また、従来から腹腔鏡手術と開腹手術を組み合わせた、いわゆるハイブリッド手術に力をいれてきました。開腹肝切除術の十分な経験とハイブリッド手術の経験を元に腹腔鏡下肝臓手術を導入しております。安全に手術ができるか根治性が損なわれないかを十分に考慮し、腹腔鏡手術の適応を判断して行っていきます。

⑤まとめ
患者さんの病態に応じて最適な治療を行うための一つの選択肢として腹腔鏡手術は有用と考えます。本邦では、腹腔鏡下肝臓手術で保険収載されて以降、腹腔鏡下肝臓手術の普及とともにその安全性や根治性が格段に担保されるようになり、特に腹腔鏡下肝部分切除、外側区域切除術は標準術式と位置づけられています。それぞれの患者様にあわせて安全性と根治性を損なうことなく、患者さんに優しい低侵襲な手術を提供していきたいと思います。


◎ 著者プロフィール
氏名:上村 直 (うえむら すなお)
所属:高知大学医学部附属病院 外科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る