前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

乾癬の新しい治療

 乾癬は炎症性皮膚疾患の1つで、軽症から重症まで重症度は様々です。関節症状を呈する患者さんもいます。命には別状はないのですが、人目にさらされる部分にできる、温泉に入れない、学生生活、日常生活や仕事に支障がでるなど、患者さんの生活の質を落とす場合があります。
 乾癬の治療は、4つの治療が基軸になり、塗り薬、光線の治療、飲み薬、注射の治療になります。
 まず、軽症の患者さんには塗り薬の治療を行います。ステロイド外用剤と活性型ビタミンD3製剤という塗り薬があり、最近、この2つを混ぜた塗り薬が出てきて、塗り薬の安定性が保たれ、即効性と高い臨床効果を期待できます。 塗り薬の治療だけでは効果が不十分な場合、光線の治療をします。narrow band を小さな面積に集中的に当てるエキシマ、セラビームといった新しい機器を用いた治療もできるようになっています。
 皮疹の範囲が広くて外用療法や光線療法では治らない場合には、全身療法として 飲み薬の治療があります。最近、新しく使えるようになったにのみ薬が2つあります。1つは関節リウマチによく使われているメソトレキセートという薬です。もう一つの飲み薬はアプレミラストという薬で、この薬は、細胞の中の環状アデノシンーリン酸という伝達分子を高める薬です。
 これらの飲み薬でも効かず、皮膚症状が広い範囲に及ぶ場合、注射の薬があります。生物学的製剤の登場によって、高い治療目標を持つことができるようになりました。 この注射の薬は現在8種類あります。この注射の薬は、皮膚病変にはもちろんよく効くのですが、関節症状によく効きます。乾癬の関節症状は、進行してしまうともとに戻らなくなるので、早め早めに治療していく必要があります。
 私達の臨床の現場では、現在の状態を評価して適切な診断をすること、患者さんの希望をしっかり受け止め治療方針を決めていきます。よりよい治療効果を期待するためには、定期的に治療を評価することが重要です。一人一人の患者さんの合わせた治療法を選択することが大切であると考えます。


◎ 著者プロフィール
氏名:中島 喜美子  (ナカジマ キミコ) 
所属:高知大学医学部附属病院 皮膚科
役職:准教授

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る