前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

中高年にみられる膝痛 -膝痛にならないために-

膝痛とは
 膝に痛みを抱えている人は日本で800万人以上いると言われています。膝痛になると、日々のスポーツや仕事、日常生活に重大な影響を及ぼすため、慢性化する前に、その痛みに対して対応することが大切になってきます。今回は、中高年にみられる膝痛の原因と膝痛に対する治療とエクササイズを中心に解説していきます。

 中高年の方の膝痛の原因の多くが変形性膝関節症です。その症状の多くは、関節がこわばる、突っ張る、何となく動かしにくいといった違和感から始まります。膝関節は、太ももの大腿骨とすねの脛骨からなり、大腿骨と脛骨の先端は「軟骨」に覆われていて、その間には「半月板」があります。軟骨や半月板には弾力があり、衝撃を吸収させるクッションの役割をしています。年齢と共に軟骨がすり減って、骨と骨が直接ぶつかり合うようになり、関節の変形が起こってきます。これが変形性膝関節症です。

膝痛に対する治療とエクササイズ
 変形性膝関節症によってすり減った軟骨を、治療によって元に戻すことはできませんが、適切な治療を行うことで痛みなどのつらい症状を軽減し、病気の進行を最小限に抑えることができます。
 変形性膝関節症の手術以外の治療には、運動療法や減量、装具療法、ヒアルロン酸の関節注射、薬物療法があります。症状や変形の程度に応じで、上記の治療を組み合わせて行います。その中でも、最も中心になるのが運動療法です。膝の痛みがあると、安静にしなければいけないと考えて、体を動かさない生活を送りがちですが、それは誤りです。運動をすると脚の筋力が鍛えられ、膝を支えられるようになり膝関節への負担が減るだけでなく、炎症を抑える物質が産生され痛みが抑えられることが分かっています。痛みや違和感があって運動しにくい場合には、膝関節を保護したり、安定させる装具を使います。装具を使っても、症状が改善しない場合には、薬物療法を始めます。薬には、一時的に痛みを軽減する効果はあっても、すり減った軟骨を再生させたり、膝関節を支える筋肉を強くする効果はないことは、使う前に理解しておかなければいけません。
 各種、保存治療を組み合わせても効果が乏しい場合、一歩進んだ治療として手術治療が検討されます。

日常生活の中で気をつけたいこと
 医療現場でたくさんの膝痛の患者さんと接していると、膝痛と肥満は密接に関係していると実感します。肥満と下肢の筋肉の減少は変形性膝関節症による膝痛、ひいては関節症の進行の原因となることが分かっています。将来的に、膝痛にならないためにも、日頃から運動習慣を身につけ、適度な筋肉がついた肥満ではない体型を維持していくことが大切です。


◎ 著者プロフィール
氏名:阿漕 孝治(アソウ コウジ)
所属:高知大学医学部附属病院 整形外科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る