前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

前立腺癌の早期発見のために(PSA検診など)

 前立腺がんは、日本でも年々増加しています。現在のところ、年間約8万人が新たに前立腺がんになると言われています。また、2020~2024年には、男性の罹患数第1位になると予測されています。増加の原因は、社会の高齢化、食生活の欧米化、そして、診断法の進歩、すなわちPSA検査の普及です。また、家族歴も重要で、家族に前立腺がん患者さんがいる場合は、前立腺がんになる危険性が高くなります。
 前立腺がんは、早く見つかって、早くから治療を始めると予後も良く、前立腺がんにならなかった人たちと同じような人生を送ることが可能です。しかし、進行してから見つかった場合には、骨などに転移していることも多く、治療も難しくなります。それだけに、前立腺がんが見つかる頃である50歳を過ぎたら、なるべく早い時期にしっかりと検査を受けて、早期発見・早期治療開始に努めることが重要となります。
 PSA(ピー・エス・エー:前立腺特異抗原)は、前立腺から分泌される精子の活動を助けるタンパク質ですが、前立腺に何らかの病気があると血液中に漏れ出して血中PSA値が高くなります。その値が高ければ高いほど、前立腺がんが見つかる割合も高くなることから、前立腺がんの発見につながるとても重要なマーカーとなっています。PSAの基準値は、4.0ng/mL以下、あるいは、年齢によって基準値が決まっています。PSA値が基準値より高い場合は、前立腺がんと前立腺肥大症や前立腺炎などの良性の病気とを鑑別する必要があるので、泌尿器科専門医がいる医療機関で精密検査を受けてください。
 PSA値が高い人には、次に、直腸診やエコー検査が行われます。しかし、これらの検査によって早期の前立腺がんを発見するのは困難です。そこで、最近は、PSA値が高い人には、まず、MRIを行います。MRIの前立腺がん診断能力は非常に進歩していて、確定診断には、生検が必要ですが、生検が必要な前立腺がんがあるかどうかをMRIで判断することができます。その際、より磁場の高い3T MRIを用いれば高い解像度の画像が得られ診断能力が上がります。  日本は、まだまだPSA検査率が低く、5~10%です。そのため、未だに進行がんで見つかる人が10~15%ほどいます。前立腺がんは、早期に見つかると治る病気です。早期発見・早期治療のためにPSA検診をお勧めします。


◎ 著者プロフィール
氏名:蘆田 真吾(アシダ シンゴ)
所属:高知大学医学部附属病院 泌尿器科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る