前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

妊婦と口の検診

 妊娠中はお母さんの歯からカルシウムが溶け出してお腹の中の赤ちゃんに使われるため、お母さんの口の中はぼろぼろになりやすいと言われる方がおられますが、そのようなことはありません。しかし、妊娠中は普段と比べて虫歯や歯周病になりやすいのです。
 つわりで歯ブラシを口の中に入れただけで吐き気を感じ歯磨きがしにくくなると、歯の表面に歯垢がたまります。その状態で糖を摂取すると、歯垢の中の虫歯菌が糖を分解して酸を産生し歯を溶かすので虫歯になります。また、食べつわりで糖を摂取し続ける、嗜好の変化で酸っぱいものを好む、頻回に嘔吐を繰り返すようなことがあると酸により歯が溶けやすくなります。さらに、妊娠中は唾液の量が減り、唾液による自浄作用、緩衝作用、再石灰化作用といった虫歯を防ぐ働きが低下するので虫歯になりやすくなります。また、お母さんに虫歯があると、お母さんの唾液中の虫歯菌が赤ちゃんに感染し、生まれたお子さんが虫歯になるリスクが上がります。従って離乳食を噛み砕いて与えてはいけませんし、スプーンやお箸などの食器を家族とは別にすることをお勧めします。
 次に、歯周病は歯垢中の歯周病原菌により歯周組織に炎症が起こり、歯茎が赤くなる、腫れる、膿が出るといった症状を来す疾患です。妊娠期に増える女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促進し、さらに、つわりによる不十分な歯磨きや、食べつわりによる間食の増加は歯垢の形成を促進するので、歯周病になりやすくなります。また、お母さんが歯周病にかかっていると、歯周病原菌や歯周病原菌をやっつけようとして免疫細胞が産生したサイトカインがお母さんの血液に入り、子宮の収縮を促すため早産や低出生体重児のリスクが上がると言われています。
 虫歯や歯周病を防ぐためには、妊娠したら歯科検診を受診し、適切な治療、指導を受けることが大切です。自分でできる予防法で大切なのはプラークコントロールです。歯間ブラシやフロスの併用や、つわりがひどい方にはヘッドの小さい歯ブラシやタフトブラシの使用をお勧めします。デンタルリンスや水でうがいをするだけでも効果的です。つわりで吐いた場合や酸っぱい食べ物を食べた後は、うがいで口の中の酸を洗い流して下さい。既に虫歯や歯周病にかかっている方は妊娠5か月から7か月の妊娠中期であれば歯科治療が受けられますので、その期間に受診して下さい。


◎ 著者プロフィール
氏名:笹部 衣里(ササベ エリ)
所属:高知大学医学部附属病院 歯科口腔外科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る